取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る
40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)


●『財投機関』には金融機関もある

 昨日のブログで書いたように、財政投融資はあくまでも、政府系の特殊法人である「財投機関」のみに活用される制度です。
 つまり、素朴に解釈すれば、JR東海はこの制度を使えません。

 だが、待てよ。ここを経由すれば、あり得るかな…?

 ということで、財政投融資の管轄官庁である財務省理財局財政投融資総括課総括係に電話をしてみました。

ーー財政投融資が「財投機関」以外に活用されることはあるのですか?
「基本的にはありません」

ーーしかし、今月末に「骨太の方針」に、リニアのため財政投融資の活用を検討するとの方針が盛り込まれます。ということは、「財投機関」でなくても、財政投融資を使える手口があり得ることを示唆しています。
「そうですね。たとえば、財投機関には、政府系の金融機関である『日本政策金融公庫』や『日本政策投資銀行』などがあります。これらの機関は、財政投融資で政府から得た資金(財政融資資金と呼ぶ)を『財投機関』ではない一般国民や一般企業に貸します。可能性の一つとしては、これら機関を経由することは考えられます」

 そこで、財政投融資の2015年度の融資実績を見ると、

★日本政策金融公庫は 2兆8303億円(ただし、そのほとんどは『一般国民』+『中小企業』+『農林水産業者』への融資)
★日本政策投資銀行は   3000億円(その融資先はこちらを参照)

 ちなみに、整備新幹線を建設する「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」は 511億円。

 となっています。

 どちらの金融機関がやるにしても、「名古屋・大阪」間でJR東海が見積もる建設費約3兆6000億円のうち、兆単位の金を本当に融資できるのかは、素人の私には判断しかねるところです。


●財投債だけではないかもしれない

 また、これは本ブログでも書いたことですが、

 自民党の「超電導リニア鉄道に関する特別委員会」(委員長;竹本直一衆院議員。近畿比例ブロック)が2014年4月24日、「超電導リニア新幹線(東京~名古屋~大阪)全線の建設・同時開業に関する決議」を提案し、即日、「東京・名古屋・大阪間で同時開業させるのに必要な財源を国が負担する」ことを決議しています。
 つまり、堂々と「国税」投入を打ち出したということです。

 同委員会は、名古屋・大阪間の建設費3兆6000億円を

▲1 国が無利子融資する。
▲2 併せて、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が財投機関債を発行して資金を調達する。国は利子補給をする。
▲3 同機構が名古屋・大阪間の建設をする。
▲4 完成後、機構がその路線をJR東海に引き渡す。
▲5 JR東海が資金の元本部分のみを分割で返済する。返済方法は15年据え置きの20年払い。

 との案をもっていました。
 この案が今も生きているかはわかりませんが、

 ▲1の「国の無利子融資」とは、国税投入そのもの。

 ▲2の「財投機関債」とは、「財投債」とはまた別物でして、財投機関自らが発行する債券のことです。一般企業で言うところの「社債」です。
 財投機関債の発行状況を見てみると、、

 支援機構の2014年度の発行額は「1630億円」。

 そして、

 ▲3では、「機構が名古屋・大阪間の建設をする」と書かれていますが、国交省は、品川・大阪間の建設主体は「JR東海」と定めているので、この説明には整合性が必要かと思われます。

 
 これ以外にも、あれやこれやの方策を自民党や政府は考えているのかもしれない。

 おそらく、具体的なことが分かるのは参議院選以後かと思います。『無利子融資』、『財投債』『財投機関債』でそれぞれいくらの金を工面するのか。JR東海も、銀行、社債をどれだけ発行するのか。

 難しい調整になるはずです。

 だが、いかにリニアが安倍首相の肝いりだからと言って、財務省が兆単位の無利子融資に応じるだろうか? 単年度で1630億円の「財投機関債」(14年度)しか発行していない支援機構が、いったいいくらの財投機関債をリニアのために発行するのだろうか? そもそも買い手がいてこそ成り立つ国債市場なのに、もしかしたら、債券の引き受け手もあらかじめ用意する?(これは単なる憶測です)

 もし、このまま、名古屋・大阪の同時開業への動きが始まったら、国民からも、予定路線周辺の住民からも、省庁内でも、政府内でも、異論が出るような予感を覚えます。
 
 そもそも、JR東海もこれを望んでいるのかもわかりません。
 どちらかというと、自民党と関西経済界が盛り上がっている印象を受けるのです。

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。



↓ 拍手もお願いいたします
2016/05/26 22:16 未分類 TB(0) コメント(1)
昨日も書いた、神奈川県議会での「共産党への質問制限」議案の続報。

 結論から言えば、採決は見送られることに。

 昨日(12日)、午前中の用事が済むと、私は速攻で神奈川県庁に向かいました。県議会開催が13時。でも、そのための傍聴受付が12時半までだからです。
 この日も30人以上の市民が訪れていて、傍聴は抽選に。外れました。
 とはいえ、抽選前の県職員の話だと、

 この日の県議会は、13時20分から議会運営委員会から始まり(そこで、「共産党への質問制限」は話し合われない)、ついで、常任委員会、それが終わってから議会運営懇談会、そして、やっと議会運営委員会において、「質問制限について」が話し合われるとのことです。
 県職員によれば、それが開催されるのは、早くても日が暮れてから・・。

 だめだ。夕方以降はすでに用事が入っている。
 ということで、県庁の外で今回の件で反対の声を上げている市民の方々に取材をして帰りました。

 印象的だったのは、共産党員ではない人が多かったこと。ほとんどの人が、ツイッターでこのことを知り、「これはたいへんだ」と県庁に集い、それぞれ勝手に神奈川県議会所属の自民党や民進党の議員に電話やFAXを入れて見解を質していることでした。

神奈川県庁前アピール4←この男性もツイッターを見て、横須賀市から駆け付けた。 神奈川県庁前アピール3 神奈川県庁前アピール2 神奈川県庁前アピール1←「肉球新党」のメンバー。肉球新党は猫を党首として、各地で市民運動を展開している。右の男性は、11日の夜に傍聴し、その「共産党への揚げ足取り」に民主主義の危機を覚えた。運よく2日連続で傍聴券を手にしたので、このあとも議場に戻った。 下が肉球新党のパンフ。
肉球新党パンフ


 12日も、いよいよ、質問制限について話し合われることがわかったのは、午後11時ころ。
 これをツイッターで知った市民が続々と県庁に集まり、外で抗議の声を上げた様子がyoutubeでアップされていたので(撮影;秋山理央さん)、ここに共有します。



 私が思うに、今回の件は、

●確かに共産党に反省すべき点はある。(共産党議員が、議会運営委員会でまだ議論されていない内容をブログに書いてしまった。昨年、県議会のベトナム調査を「県民福祉の向上につながるとはいえない」と批判したことで、議運委で議会運営や交渉会派のあり方などを協議する事態になった。本会議の討論で、請願の賛否を間違え、謝罪して発言を訂正した等々)

●だからといって、それが「質問権を奪う」までの動きに発展するのは民主主義のルールから逸脱している。

●地元の神奈川新聞以外はほとんど報道しないが、それでも、ツイッターやラインなどSNSの力は大きく、ツイートは3万件にも達し「神奈川県議会」とのキーワードの入ったツイートは「トレンド1位」にランクイン。

●夜の11時を過ぎても、SNSで集まった市民はショート・アピールも展開し、その声は県庁内にも届いた。

●傍聴も連日の抽選。おそらく、これら市民の姿勢を県議会は無視できなくなった。

 そして「質問制限」』は見送られることに。
 ただし、「共産党への猛省を促す決議案」は5月16日の本会議で提出されることが決まっています。

 県庁前に集った人たち(ほとんどが神奈川県民)が一様に口にしたのは

「今までは安倍政権の方向性に関心をもっていたが、まさか自分の足元の県庁でこんな動きがあるとは思わなかった」

 ということです。そして、

「民進党も今回の協議に賛成したのには複雑な気持ちです。国会議員レベルでは野党共闘と言いながら、地方レベルではまだこの程度かとがっかりしました」

 もちろん、自民党にも民進党にも共産党の対応について、それなりに主張したいことがあることは、こちらの議事録などからも分かります。全員が全員、共産党いじめをしたい人たちばかりではない。共産党にも責められるべき点はある。
 だが、だからといって、特定政党の「質問権を制限する」動きにいったのは、なんといっても汚点だったと思います。

 心配なのは、これが全国の地方議会に波及しないかですが、とりあえず、神奈川県で食い止めたことは、組織的ではなかった市民たちの活動によるところが大きかったと思います。

↓ ブログランキングへの応援をお願いいたします。



↓ 拍手もお願いいたします
2016/05/13 11:20 未分類 TB(0) コメント(1)
先ほどツイッターで知ったことだが、もう寝ようと思ったら、まさに今(午前1時27分)、神奈川県議会で「成熟していない共産党の発言に一定の制限を加える。代表質問をさせない』といった審議がなされている。
この審議への傍聴締め切りは5月11日の午前10時。だが、いざ傍聴者が来庁すると、審議を延ばしに延ばし、議会運営委員会が始まったのは日をまたいだ0時50分。終電に乗るために傍聴者が傍聴を諦めるのを待つため? 私は共産党員ではないが、今どきこんなレッドバージはあり得るのか? この協議に賛成したのは、共産党以外。つまり自民党だけではなく、民進党も賛成したということだ。今、傍聴に入った人からのツイッターは途切れている。おそらく審議中なのだろう。眠たいけど、もう少しだけ起きています。

追記 → いったん休会が決定。本日午後1時に再開とのこと。傍聴に行こうかな。いずれにせよ、やっと寝れます。

2016/05/12 01:49 未分類 TB(0) コメント(0)
●横浜のパラダイス「東京館」

 若い世代が歌うカラオケに合わせて、知人でもないお年寄りが躍る。
 綱島温泉「東京館」では、そんなことが日常的に見られた日本でも数少ない温泉施設だ。

東京園外観

 田舎の話ではない。
 横浜という都会のなかにある温泉施設だ。
 正確には終戦直後は田舎だったのだが(東京の奥座敷と呼ばれていた)、その後の住宅開発などで街になった。だが、田舎的な良さを最後まで残し続けた施設だ。

 10年くらい前に初めてここに来たときは驚いた。
 地下からくみ上げている真黒な温泉が気持ちいいのはもちろんだが、客のほとんどは、風呂よりも、座敷や大広間、二階の貸切部屋でのイベントを楽しんでいる。
 女性用の着物を着て踊っているおじいちゃんもいる。
 音楽の練習をする若者グループもいる。
 大広間のカラオケでは、歌い手と知人でなくても、誰かが勝手に社交ダンスを踊る。
 10年前、まだ赤ちゃんだった息子は、ここで初めて会うどこかのおばあちゃんに当たり前のように抱っこされていた。
 その翌月に行くと、また、そのおばあちゃんがいた。話を聞くと、「毎日来ている」。

 知り合いでも、知り合いでなくても誰かがいる。 いろいろな人のパフォーマンスを見たり、明るい陽射しが差し込む中庭をボーと見つめたりで一日を楽しく過ごすことができる。

 ここに来ればデイケアに行く必要はない。
 東京園には他にも大広間が3つ、小広間が5つある。食品の持ち込みも自由。地元に人に言わせれば「パラダイス」だ。

●地下鉄のために休園・・

 ところが、数年前から、私鉄の東急東横線と相鉄線とが、ここの大広間の地下に新駅をつくる計画が進んでいた。
 ということは、大広間は解体しなければならない。
 パラダイスを破壊されてなるかと、東京園ではなじみの客を中心に1万1000筆もの署名を集めた。
 だが、署名の提出時、横浜市の職員は「市長には渡せない」と書名は突き返された。

 また、伝え聞いた話によると、一人、反対運動をする東京園の社長に対して、新駅ができることでの経済効果を期待する地元の商店主たちが取り囲むように詰め寄り「なぜ反対をするんだ」と半ば脅したこともある。

 果たして、存続の声は無視され、いよいよ5月20日から4年に及ぶ工事が始まることになった。大広間がなくなり、目と心を癒してくれた庭もなくなる。
 工事の4年間、風呂だけでも営業できるかは今検討中。

休館のお知らせ

 大広間には一面に客からの寄せ書きが書かれていた。

寄せ書き1 寄せ書き2 寄せ書き3

 これで最後かもしれない5月19日、私は東京園に行った。大広間はいつものようにカラオケやダンスで盛り上がっていた。

[広告] VPS


 この大広間で、私は隣に陣取っていた高齢女性のグループから「お兄さん、食べなさい」と手作りの料理をいただいた。
 庭や座敷では、お年寄り同士が「今までありがとうね」「また会おうね」と言葉と握手を交わしていた。

 私にとっても寂しい。地元の高齢者にはもっと寂しい。4年間、この人たちはどう過ごすのだろう。

社交ダンス1 演舞 社交ダンス2

 この日の閉園は21時。
 私は夜に用事があって、この最終場面には行けなかったが、東京園からの休館の挨拶が大広間で行われた。その様子がyoutubeでアップされていたので、ここで紹介します。



 それにしても、地元の多くの人の憩いの場を潰し、従業員の生きがいの場を奪い、それらの思いを守るべく集めた署名を受け取らず、商店街は経済効果だけを考える。
 金よりも大切なものはある。だが今の時代、経済発展や経済効果が優先されている。そのためには、「生活の場」も「皆が集う場」も壊すことに疑念を挟む人が極めて少なくなっている。

 ざっと羅列するだけでも、
●リニア中央新幹線の建築工事のため、5000人もを立ち退かせる予定。
●スーパー堤防工事のため、すでに東京都江戸川区の2つの地区で、一人暮らしの80代の女性をも立ち退かせるなど、住民数百人を立ち退かせた。
●東京オリンピックのために、ほとんどが高齢者の200人以上が暮らしていた都営アパート群を、今年取り壊し、住民たちは散り散りになる。

 終の棲家、いつもの町といつもの顔、いつもの道路。毎日変わらない光景に人は支えられている。今、こんな大切なものが経済発展の前ではチリと思われている。日本はいつまでこんなことを続けるのだろう。

 4年後、東京園の再生を祈るばかりです。

↓ ブログランキングへの応援クリックを2つお願いいたします。



blogram投票ボタン

↓ 拍手もお願いいたします
2015/05/21 11:56 未分類 TB(0) コメント(0)
●「迅速」かつ「無駄のない」募金はこちらへ

 フェースブックに書いてみたら、意外と反応があった記事です。
 ネパール大地震で、募金をしたいと思う方々へのワンポイント・メッセージです。

 ネパールの震災被害。私は過去3度しかネパールを訪れていないが、おそらくは、命は助かっても、今後の居住地の復旧や生活再建の難しさは日本の比ではないように思う。今、多くの人が「募金をしよう」と考えているはずだ。だが、東日本大震災でも見てきたように、たとえば、日本赤十字のような大手に募金をすると、その金が現場で活かされるには数か月もの時間がかかる。「迅速に」届く募金はないのか。その一つに、私が信用している「国際協力NGOセンター」の「NPOサポート基金」がある。ここに募金すると、ネパールで活動する日本のNPO14団体に均等配分される。詳細はこちらのサイトをご覧ください。
 
 なお、募金額の20%は運営手数料に充てられることはご了解を。超有名な国際支援団体なんか募金の半分もが人件費になるのだから、まずは、募金が「迅速」に届き、かつ「無駄なく」活用してくれる団体にこそお金を預けてください。

●もう一つのお勧め

 知り合いではありませんが、有名な登山家の野口健さんが、地震発生時にまさしく現地に滞在していました。
 現在、ある村の被害状況を調査中ですが、急きょ、ヒマラヤ大震災基金を立ち上げました。

 呼び掛け文は以下の通りです。

 ネパールの被災地へ どうかあたたかいご支援をお願いいたします。

 2015 年4 月25 日、ネパールにおいてマグニチュード7.8 の大きな地震が発生し、甚大な被害がもたらされております。
当団体は、昨年に行った「エベレスト・富士山姉妹山の提携」により深く交流のあるエベレスト街道沿いの村、及び、日本隊が初登頂をしたマナスル峰地域の支援に尽力すべく、基金を募っております。地震により発生した雪崩や落石、土砂崩れにより多くのシェルパたち(登山ガイド)や村人たちが犠牲となりました。
 また、エベレスト街道では多くのロッジや民家が倒壊しました。エベレスト街道はネパールでもっとも有名な観光地でもあります。ネパールにとって観光業は経済的に大きなウエートを占めています。ネパールの復興のためにもエベレスト街道などの復興はとても大切です。
 「ヒマラヤ大震災基金」ではネパール山岳協会と連携しながら被害にあった村々の青年会や婦人会に直接届く支援をしていきます。
 東日本大震災ではネパールから多くのご支援を頂きました。今度は私たちの番です。
 どうか、皆さまのあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

アルピニスト 野口 健


 募金の振込先は以下のようになっています。

■ 郵便振替
口座番号 00100-2-777583
加入者名 NPO 法人ピーク・エイド
     ( 旧NPO法人セブンサミッツ持続社会機構 )
■ 銀行口座
みずほ銀行 市ヶ谷支店
普通 8035335
NPO 法人ピーク・エイド
( エヌピーオーホウジンピークエイド )

● 領収書をお送りいたします。銀行をご利用の方は、氏名・住所・電話番号をメールもしくはお電話にてご連絡をお願いいたします。郵便振替をご利用の方は、
通信欄に氏名・住所・ネパール地震支援とご記入をお願いいたします。 
● 恐れ入りますが、振込手数料はご自身にてご負担いただけますようお願いたします。
● 物資の支援は、受け入れ態勢が整っていないので、受け付けておりません。 
● 掲載内容は2015 年4 月25 日現在のものになります。

認定NPO法人ピーク・エイド/ PEAK AID
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-5 砂防会館本館2 階
TEL. 03-5213-4403 Mail. info@peak-aid.or.jp Web. http://www.peak-aid.or.jp

↓ ブログランキングへの応援クリックを2つお願いいたします。



blogram投票ボタン

↓ 拍手もお願いいたします
2015/05/01 15:08 未分類 TB(0) コメント(0)
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。