取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る
40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)



●フリージャーナリストはつらいよ、その2

 先日、ある週刊誌(仮に週刊A)に「貴誌には、今のままの条件ではもう書きません」と伝えました。
 週刊Aは、毎週、社会問題、政治問題、環境問題、人権問題と正面からガツンと特集を組み、読者からの評判もなかなかいい媒体です。
 私は1989年からフリージャーナリストをしていますが、以来、取材を基にした執筆だけで食べています。しかし、発表の媒体が徐々になくなっていきました。休刊した雑誌だけでも、講談社の月刊「現代」、朝日新聞社の「朝日ジャーナル」、読売新聞社の「週刊読売」、集英社の「月刊プレイボーイ」等々がありました。
 加えて、週刊誌や月刊誌の売り上げが落ちるにつれ、どの雑誌もできるだけ多くの記事を入れようとする結果、それまで4~5ページ載せてくれた標準掲載ページが2~3ページとなる、高齢者のために文字を大きくする(文字数が減る)、雑誌によっては基本的に経費が出なくなるなどの条件に変わるなど、ますます条件は厳しくなっています。
 そこで採るべき方法はただ一つで、土日も夜もひたすら働くことしかありません。私はここ何年間、テレビでプロ野球の試合を見たこともなければ、友人と飲みに行くことも激減しています。
 それでも自分の伝えたいことを多くの人に伝えてくれる媒体に書くことは必要でありました。しかし、もう限界だと思いました。

 週刊Aは、原稿料がだいたい3万円前後。
 私の取材は、9割がた、私が出した企画が通ってから、取材経費を出してもらい取材に出るというものですが、週刊Aは、どちらかというと、向こうから「書いてほしい」との依頼が多いです。年に6回くらいは書かせてもらったでしょうか。
 しかし、仮に、1泊か2泊を要する取材なら、事前の資料集め、取材後の事後情報収集、下書き、編集部とのやり取り、清書と、印刷に回るまでざっと4,5日はかかる計算です。
 5日かけて3万円。
 原稿料には以下の三つがあります。

1.生活に余裕のできる原稿料。
2.なんとか食いつなげる原稿料。
3.やればやるほどに赤字になる原稿料。

 週刊Aは「3」です。
 そして、週刊Aに留まらず、環境問題や社会問題をタブーなしとして掲載する媒体はそこそこにあるのですが、じつは、そういった問題に敏感な雑誌ほど、ライターへの支払いは安すぎる。 週刊Aに留まらず、市民運動では有名な週刊Bもやはり、そうです。
 問題は、それら媒体が、自分たちが内包するブラック企業的な側面を実感していないことです。

 私は、週刊Aに「ギャラを倍に上げるか、掲載ページ数を増やさない限り、もう書きません」と担当編集者に伝えたら、編集者からは、記事を組むときは、編集部よりもっと上の部署が全体の予算を組み、そこから制作に必要な経費(旅費、デザイン会社への支払いなど)が確定し、ライターへの支払いはその残った額で払うとの制度になっている、との説明がありました。つまり、原稿料は「引き算」で決まっていたことが分かりました。
 ブラック企業では、社員への人件費は「節減すべき経費」です。
 出版社にしても、外部ライターへの原稿料は、やはり「経費」の一つに過ぎないのです。
 しかし少なくとも、人権や社会正義を訴える媒体であれば、媒体を支える外部ライターの原稿料も「最低でもこれだけ払う」という予算を組み、全体の予算を工夫すべきですが、その意思がない以上、週刊Aと関わるのはよそうと決めました。

 雑誌が売れない時代に、わがままをいうなとの声も聞こえてきそうです。だが引っかかるのが、売れない売れないと言いながらも、出版社の社員にはベースアップがあるのに、外部のライターには実質の賃下げを強いていることです。
 ただ、日本の風土なのか、こういったお金にまつわることは、編集部からも説明がないし、ライター側も「尋ねてはいけない」といった一種の奥ゆかしさでもって、説明を求めません。
 これもよくない。今後は安い原稿料には「安い。それでは生きていけません」と声をあげるしかないと思っています。

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。



↓ 拍手もお願いいたします
2017/04/15 11:11 未分類 TB(0) コメント(0)
●これは冤罪では? 「乳首を舐めた」とされる外科医の逮捕

 10月14日14時から東京地裁の司法記者クラブにおいて、「逮捕された外科医の釈放」を要求する記者会見がありました。

会見に臨む東京保険医協会の3人

 こういう事件があったのを、2週間ほど前、知人からの情報で知りました。案外、とんでもない誤認逮捕です。以下、いわゆる「乳腺外科専門医逮捕勾留準強制わいせつ事件」の概要です。

●5月10日 東京都の柳原病院において、非常勤の乳腺外科専門医C氏が、全身麻酔された女性患者B氏に右乳腫瘍摘出手術を行う。
●8月25日 C医師、突然逮捕される。(それ以前のA医師への任意取り調べは一切ない。警察の各方面への捜査はありましたが)

 逮捕の理由は、手術を受けた女性患者が手術終了後に4人部屋に移されるが、そこでC医師から、着衣を脱がされ、17分間にわたり左乳首をなめられた・・ということである。
 つまり、女性患者が警察に訴えたことだった。

 C医師は

●8月27日 勾留決定。
     勾留決定準抗告するが棄却。
     勾留取り消し請求もするが却下される。

●8月28日 柳原病院の捜索差押と、C医師の自宅とA医師が常勤するクリニックの捜索差押が行われる。
●9月14日 起訴決定。

 そして今も、東京拘置所で勾留されています。

 この事案に対しては、柳原病院も「警視庁による当院非常勤医師逮捕の不当性について抗議する」との声明書を出し、早期釈放を求める署名活動にも取り組んでいます。

 そこには以下のことが書かれています(概要)。

★B氏がわいせつ行為を受けたとされるのは、術後の15時ころから。B氏は友人を通じて、16時頃に警察通報した。
 だが、B氏がその行為を受けたとされるのは、術後35分以内のことであり、全身麻酔による「せん妄(錯視)」状態がまだ続いていた。実際、9月5日、東京地裁での勾留理由開示公判においても柳原病院の顧問弁護士が証言したのは、術後4人部屋に戻ったB氏が目を閉じたまま「ふざけんなよ!」「ぶっ殺してやる!」などとつぶやくのを看護師は聞いている。 


★また、4人部屋という複数の患者が入院していて、術後は複数の医療従事者が出たり入ったりする状態において、果たして、カーテンを閉めたとしても、そのような行為に17分間も及べるだろうか?

 およそありえないケースです。

 検察が公訴事実として認めているのは「5月10日午後2時55分から3時12分頃までの間」(17分間)上記の行為に及んだというものだが、じつは、B氏は当初、

「午後2時45分頃から2時50分頃までの間、左乳首を舐められたが、B氏が気づいたためC医師はいったん退室したが、その後、午後3時7分から3時12分頃までの間、左手でB氏の着衣をめくり左乳房を見ながら、右手で自慰行為に及んだ」

 との、高い確率でせん妄状態にあることを伺わせる訴えをしています。これが「被疑事実」だったのですが、上記公訴事実では、時間帯も行為も変わってしまっている。さすがに自慰行為をするのはありえないと検察も判断したのでしょう。

 この事件で物証はない。警察は、患者の供述だけで逮捕に踏み切ったのです。


●医師たちの記者会見

 10月14日14時。東京地方裁判所の司法記者クラブにおいて「東京保険医協会」の3人が、C医師の早期釈放を求めるための記者会見を行いました。

 その内容を簡単に書けば、「おそらく無罪とは思うが、私たちがA医師を『無罪』と断定することはできない。それは裁判所の仕事になります。私たちが訴えたいのは、『勾留に理由がない』ことです。5月10日から警察は捜査を開始し、8月25日の逮捕まで107日間もかけた以上は、必要な捜査は終了しているはずです」。

「検察はC医師が証拠隠滅行為に及ぶから釈放できないと言いますが、その『具体的な』可能性を示唆する根拠は存在しません」

嘆願書の拡大コピー←嘆願書の拡大コピー

 3人のなかでもっとも力強く釈放を訴えていたのが、佐藤一樹医師でした。佐藤医師はこう語ったのです。

「私は東京保険医協会の役員ということもありますが、個人的にもこの問題で動いています。なぜなら、私もかつては冤罪で90日間独房に入れられていたからです

 このくだりになると、そのつらい記憶がよみがえったのか、佐藤医師はしばし目頭を押さえ、感情を必死で抑えていました。

佐藤医師、目頭を押さえる←目頭を押さえる佐藤医師

 記者会見後、私は佐藤医師に「先生は何の疑いで逮捕され、90日間も拘留されていたのですか?」と尋ねると、「2001年の東京女子医大事件です」。

 これは、2001年3月、当時12歳の女児が心臓手術後に死亡した事件。
 大学は、10月には教授ら3人で構成した「死亡原因調査委員会」で調査報告書を作成。これにより、責任をかぶることになった、手術で人工心肺装置の操作を担当した佐藤医師が、02年6月に業務上過失致死容疑で逮捕され、7月に起訴されることになるのです。そして8月には、大学は佐藤医師を諭旨退職処分。

 しかし、05年11月、東京地裁は「内部報告書が、原告(佐藤医師)の社会的評価を低下させることは明らか」、「調査報告の誤りの程度は重大だ」として無罪判決を、09年3月の東京高裁でも無罪判決が出て、無罪が確定した。

 その後、大学側は態度を改め、11年1月6日、和解金を支払い佐藤医師と和解しました。

 佐藤医師にとっては、C医師の勾留は他人ごとではないのです。


●C医師は今

 佐藤医師は10月12日、東京拘置所でC医師と接見しています。記者会見での話によると、医師としては初めての接見者とのこと。
 そのときのことを佐藤医師はFACEBOOKで報告しています。

「一昨日、東京拘置所に勾留されている乳腺外科専門医と接見してきました。
 独房に身柄拘束され、外の状況をご存知でないため、『何故私がこのようなところにいなくてはならないのか?』と信頼のおける人にもやつあたりされるように訴え、少し精神を病まれているのではないかときき、いてもたってもいられなくなりました。
『先生は、中にいるから分からないと思いますが、外では一般の方々も含めて、味方が沢山います。保釈を求める署名は、10000を越えました。出てくれば、いかに味方が沢山いるかわかりますよ。それまで、次の闘いに向けて心身ともに健康を維持されるよう、努力してください』と励ましたところ、お母様と奥様とともに涙され、私ももらい泣きしそうになりました。冤罪経験者で拘置所内独房の様子が分かる人間の言うことには説得力があったと思います」


●C医師が常勤していたクリニックは今?

 C医師は柳原病院には非常勤として勤務していましたが、常勤としては、医師が二人しかいない乳腺関連の専門クリニックで働いていました。つまり、そのクリニックには今、医師が一人しかいない。
 これは、その医師にも、クリニックの運営にも、患者さんたちにも不利益をもたらす以外のなにものでもありません。


●佐藤医師からのお願い。C医師にお手紙を!

 また、佐藤医師はこうも訴えています。

「私も完全な冤罪で不当逮捕勾留された経験があります。自分自身で『絶対無罪である』と自信があっても、拘置所内に勾留されると不安と怒りでいっぱいになります。そのような時に一番ありがたいのは、励ましの手紙です。
 誰もが書いておくれますので、C先生宛にお手紙を書いて励ましましょう。
 東京拘置所の住所は、「〒124-8565 東京都葛飾区小菅1-35-1 A ●●様」

 ご協力できる方は是非。

 ただし、ネット上に今、C医師の本名を出してはいけないので、ご本名を知りたい方は私にまで連絡してください。

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。



↓ 拍手もお願いいたします
2016/10/16 16:33 未分類 TB(0) コメント(0)
●『財投機関』には金融機関もある

 昨日のブログで書いたように、財政投融資はあくまでも、政府系の特殊法人である「財投機関」のみに活用される制度です。
 つまり、素朴に解釈すれば、JR東海はこの制度を使えません。

 だが、待てよ。ここを経由すれば、あり得るかな…?

 ということで、財政投融資の管轄官庁である財務省理財局財政投融資総括課総括係に電話をしてみました。

ーー財政投融資が「財投機関」以外に活用されることはあるのですか?
「基本的にはありません」

ーーしかし、今月末に「骨太の方針」に、リニアのため財政投融資の活用を検討するとの方針が盛り込まれます。ということは、「財投機関」でなくても、財政投融資を使える手口があり得ることを示唆しています。
「そうですね。たとえば、財投機関には、政府系の金融機関である『日本政策金融公庫』や『日本政策投資銀行』などがあります。これらの機関は、財政投融資で政府から得た資金(財政融資資金と呼ぶ)を『財投機関』ではない一般国民や一般企業に貸します。可能性の一つとしては、これら機関を経由することは考えられます」

 そこで、財政投融資の2015年度の融資実績を見ると、

★日本政策金融公庫は 2兆8303億円(ただし、そのほとんどは『一般国民』+『中小企業』+『農林水産業者』への融資)
★日本政策投資銀行は   3000億円(その融資先はこちらを参照)

 ちなみに、整備新幹線を建設する「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」は 511億円。

 となっています。

 どちらの金融機関がやるにしても、「名古屋・大阪」間でJR東海が見積もる建設費約3兆6000億円のうち、兆単位の金を本当に融資できるのかは、素人の私には判断しかねるところです。


●財投債だけではないかもしれない

 また、これは本ブログでも書いたことですが、

 自民党の「超電導リニア鉄道に関する特別委員会」(委員長;竹本直一衆院議員。近畿比例ブロック)が2014年4月24日、「超電導リニア新幹線(東京~名古屋~大阪)全線の建設・同時開業に関する決議」を提案し、即日、「東京・名古屋・大阪間で同時開業させるのに必要な財源を国が負担する」ことを決議しています。
 つまり、堂々と「国税」投入を打ち出したということです。

 同委員会は、名古屋・大阪間の建設費3兆6000億円を

▲1 国が無利子融資する。
▲2 併せて、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が財投機関債を発行して資金を調達する。国は利子補給をする。
▲3 同機構が名古屋・大阪間の建設をする。
▲4 完成後、機構がその路線をJR東海に引き渡す。
▲5 JR東海が資金の元本部分のみを分割で返済する。返済方法は15年据え置きの20年払い。

 との案をもっていました。
 この案が今も生きているかはわかりませんが、

 ▲1の「国の無利子融資」とは、国税投入そのもの。

 ▲2の「財投機関債」とは、「財投債」とはまた別物でして、財投機関自らが発行する債券のことです。一般企業で言うところの「社債」です。
 財投機関債の発行状況を見てみると、、

 支援機構の2014年度の発行額は「1630億円」。

 そして、

 ▲3では、「機構が名古屋・大阪間の建設をする」と書かれていますが、国交省は、品川・大阪間の建設主体は「JR東海」と定めているので、この説明には整合性が必要かと思われます。

 
 これ以外にも、あれやこれやの方策を自民党や政府は考えているのかもしれない。

 おそらく、具体的なことが分かるのは参議院選以後かと思います。『無利子融資』、『財投債』『財投機関債』でそれぞれいくらの金を工面するのか。JR東海も、銀行、社債をどれだけ発行するのか。

 難しい調整になるはずです。

 だが、いかにリニアが安倍首相の肝いりだからと言って、財務省が兆単位の無利子融資に応じるだろうか? 単年度で1630億円の「財投機関債」(14年度)しか発行していない支援機構が、いったいいくらの財投機関債をリニアのために発行するのだろうか? そもそも買い手がいてこそ成り立つ国債市場なのに、もしかしたら、債券の引き受け手もあらかじめ用意する?(これは単なる憶測です)

 もし、このまま、名古屋・大阪の同時開業への動きが始まったら、国民からも、予定路線周辺の住民からも、省庁内でも、政府内でも、異論が出るような予感を覚えます。
 
 そもそも、JR東海もこれを望んでいるのかもわかりません。
 どちらかというと、自民党と関西経済界が盛り上がっている印象を受けるのです。

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。



↓ 拍手もお願いいたします
2016/05/26 22:16 未分類 TB(0) コメント(1)
昨日も書いた、神奈川県議会での「共産党への質問制限」議案の続報。

 結論から言えば、採決は見送られることに。

 昨日(12日)、午前中の用事が済むと、私は速攻で神奈川県庁に向かいました。県議会開催が13時。でも、そのための傍聴受付が12時半までだからです。
 この日も30人以上の市民が訪れていて、傍聴は抽選に。外れました。
 とはいえ、抽選前の県職員の話だと、

 この日の県議会は、13時20分から議会運営委員会から始まり(そこで、「共産党への質問制限」は話し合われない)、ついで、常任委員会、それが終わってから議会運営懇談会、そして、やっと議会運営委員会において、「質問制限について」が話し合われるとのことです。
 県職員によれば、それが開催されるのは、早くても日が暮れてから・・。

 だめだ。夕方以降はすでに用事が入っている。
 ということで、県庁の外で今回の件で反対の声を上げている市民の方々に取材をして帰りました。

 印象的だったのは、共産党員ではない人が多かったこと。ほとんどの人が、ツイッターでこのことを知り、「これはたいへんだ」と県庁に集い、それぞれ勝手に神奈川県議会所属の自民党や民進党の議員に電話やFAXを入れて見解を質していることでした。

神奈川県庁前アピール4←この男性もツイッターを見て、横須賀市から駆け付けた。 神奈川県庁前アピール3 神奈川県庁前アピール2 神奈川県庁前アピール1←「肉球新党」のメンバー。肉球新党は猫を党首として、各地で市民運動を展開している。右の男性は、11日の夜に傍聴し、その「共産党への揚げ足取り」に民主主義の危機を覚えた。運よく2日連続で傍聴券を手にしたので、このあとも議場に戻った。 下が肉球新党のパンフ。
肉球新党パンフ


 12日も、いよいよ、質問制限について話し合われることがわかったのは、午後11時ころ。
 これをツイッターで知った市民が続々と県庁に集まり、外で抗議の声を上げた様子がyoutubeでアップされていたので(撮影;秋山理央さん)、ここに共有します。



 私が思うに、今回の件は、

●確かに共産党に反省すべき点はある。(共産党議員が、議会運営委員会でまだ議論されていない内容をブログに書いてしまった。昨年、県議会のベトナム調査を「県民福祉の向上につながるとはいえない」と批判したことで、議運委で議会運営や交渉会派のあり方などを協議する事態になった。本会議の討論で、請願の賛否を間違え、謝罪して発言を訂正した等々)

●だからといって、それが「質問権を奪う」までの動きに発展するのは民主主義のルールから逸脱している。

●地元の神奈川新聞以外はほとんど報道しないが、それでも、ツイッターやラインなどSNSの力は大きく、ツイートは3万件にも達し「神奈川県議会」とのキーワードの入ったツイートは「トレンド1位」にランクイン。

●夜の11時を過ぎても、SNSで集まった市民はショート・アピールも展開し、その声は県庁内にも届いた。

●傍聴も連日の抽選。おそらく、これら市民の姿勢を県議会は無視できなくなった。

 そして「質問制限」』は見送られることに。
 ただし、「共産党への猛省を促す決議案」は5月16日の本会議で提出されることが決まっています。

 県庁前に集った人たち(ほとんどが神奈川県民)が一様に口にしたのは

「今までは安倍政権の方向性に関心をもっていたが、まさか自分の足元の県庁でこんな動きがあるとは思わなかった」

 ということです。そして、

「民進党も今回の協議に賛成したのには複雑な気持ちです。国会議員レベルでは野党共闘と言いながら、地方レベルではまだこの程度かとがっかりしました」

 もちろん、自民党にも民進党にも共産党の対応について、それなりに主張したいことがあることは、こちらの議事録などからも分かります。全員が全員、共産党いじめをしたい人たちばかりではない。共産党にも責められるべき点はある。
 だが、だからといって、特定政党の「質問権を制限する」動きにいったのは、なんといっても汚点だったと思います。

 心配なのは、これが全国の地方議会に波及しないかですが、とりあえず、神奈川県で食い止めたことは、組織的ではなかった市民たちの活動によるところが大きかったと思います。

↓ ブログランキングへの応援をお願いいたします。



↓ 拍手もお願いいたします
2016/05/13 11:20 未分類 TB(0) コメント(1)
先ほどツイッターで知ったことだが、もう寝ようと思ったら、まさに今(午前1時27分)、神奈川県議会で「成熟していない共産党の発言に一定の制限を加える。代表質問をさせない』といった審議がなされている。
この審議への傍聴締め切りは5月11日の午前10時。だが、いざ傍聴者が来庁すると、審議を延ばしに延ばし、議会運営委員会が始まったのは日をまたいだ0時50分。終電に乗るために傍聴者が傍聴を諦めるのを待つため? 私は共産党員ではないが、今どきこんなレッドバージはあり得るのか? この協議に賛成したのは、共産党以外。つまり自民党だけではなく、民進党も賛成したということだ。今、傍聴に入った人からのツイッターは途切れている。おそらく審議中なのだろう。眠たいけど、もう少しだけ起きています。

追記 → いったん休会が決定。本日午後1時に再開とのこと。傍聴に行こうかな。いずれにせよ、やっと寝れます。

2016/05/12 01:49 未分類 TB(0) コメント(0)
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。