fc2ブログ
取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)




 4日間の北海道取材。
 前半が「ダムのスリット化」、後半が「北海道新幹線延伸区間での有害残土問題」について。
●●「スリット化」について
●「漁獲高減少の原因はダムです」

 全国的に、一部の地域を除いて、シャケの漁獲高が減っている。
 専門家に言わせると「温暖化」の影響だそうだ。だが原因はそれだけなのか。
 もう半世紀もの間、北海道の川、魚、森の動物たちの写真・映像を撮り続けている北海道在住の稗田一俊さんは「ダムが原因です」と断言する。
 稗田さんが見てきた北海道の川から魚が少なくなっていったのは1990年代に入ってから。釣り仲間からも「あちこちの川の川底が下がってきた」「川岸が崩れて崖になっている」との話が伝わるようになる。
 稗田さんはそのメカニズムをこう説明する。
 ★利水・治水ダム、砂防ダムや治山ダムが建設されると、本来下流に供給されるはずの砂利、砂、小石がダムに溜まる。するとダムの下流では水流が砂利を押し流し、特に増水時はより大きな石までも流されてしまい、徐々に河床が下がる。すると川岸との落差が開き、川岸が崩落する。川岸が崩落すると、土砂が流出して細かい砂や泥が川底に堆積し、川幅が広がるので水深も浅くなるという「河床低下」が起きる。
 魚の産卵には石と石との間の隙間が必要だが、上記のような悪循環が始まると、その石がなくなり、産卵場所がなくなる…。
231105河床低下2←北海道八雲町。かつては右半分の石はすべて水の下だった。両岸がえぐられ、護岸ブロックすら流されている。
231105河床低下1←河床低下の結果、川の両岸がえぐられ、岸を支えてきた木々は倒れ掛かっている。

 そして、稗田さんや一部漁師が訴えたのが、可能であればダムの撤去、それが無理でも、ダムの真ん中部分を切り取る「スリット化」だ。それにより、上流からは常時、砂、砂利、小石、そして海に必要な栄養分が供給される。
 じつはこの件はある雑誌に書くので、詳しいことは書かない。その前宣伝として書けば、北海道の日本海側にある「せたな町」では、海に注ぐ2本の川の上流に計5本のスリット化を実現した結果…
221105 スリット化せたな町 bokasi←逆台形にダムの躯体の真ん中を切り取った。このスリット化に一役買った稗田さん(右。雑誌掲載時にはモザイクは外します)。
231105せたな町スリット化2←ここも逆台形で躯体を切り取った。

231105せたな町スリット化5←治山ダムでは逆台形にスリット化するが、砂防ダムでは長方形に切り取る。この写真のスリット化については幅が3.5mしかなく、稗田さんらが訴える最低6mには及ばない。だから流木などが間口に溜まって、流水を阻害するかもしれずで、6mのスリット化を目指しての訴えは続けるという。

★2010年12月に最初のスリット化→2011年の春には河口で海藻が繁茂し始めた。漁師さんたちはびっくり。海藻が繁茂すると、ウニが増えた。
★治山ダムや砂防ダムの下流には適度な砂、石、砂利などが供給されたことで、産卵場所が増えた。
★その結果、せたな町では、2019年と2022年とを比べると、その4年間でサケの漁獲高がなんと4倍以上になった。
 私はこのデータを数字でもっている。でもこれは、雑誌で初公表するので、ここでは出せない。ただし、せたな町漁協もその一地域である「北海道日本海南部」のサケの漁獲高データはインターネットでも公開されているので、その数字だけ見ても、以下に、スリット化以降に数字が上がったかが見える。この「日本海南部」の数字にしても、その多くはせたな町の漁獲高が反映されている。
スリット化 2013年~2022年・秋サケ漁獲尾数・日本海南部と噴火湾

 もちろん、稗田さんの考える河床低下に至るシステムを、いわゆる学者で肯定する人は少ない。学者の多くは「温暖化で」というが、スリット化で漁獲高が増えたこの事実はどう説明するのか。
 もっとも、温暖化の影響がないわけではない。たとえば今年は9月でも海水温が28度もあり、21~22度までしか耐えられないサケ(特にオス)は川に辿り着く前に死んだと推測されていて、せたな町でも漁獲高は上がっていない。今年に限っては確かに「温暖化のせいで」と言ってもいい。
 でも昨年まではそんな高水温はなかったわけで、この件、今後も継続取材したい。
今回の取材で残念だったのは、海がしけていたために、漁に出る船がなく、撮りたかった水揚げの写真が撮れなかったことだった。それは来年の宿題とする。
 今回の取材で感じたのは、やはり、行政とか研究者とかではなく、自分たちの川や海を守る主人公は地元の住民であり漁業者であることだ。せたな町の漁師はスリット化も推進したが、そこに至るまでもダムの魚道の清掃も熱心にやってきた。漁協関係者はこう言ったのだ。
「漁師の関心ないところには、サケもマスも来ない」
231105せたな町スリット化看板2←せたな町では2020年にもスリット化が実現し、その実現を目指してきた住民団体が感謝の思いを込めて作った看板。

「北海道新幹線」については、また後日。
 
★スリット化については、掲載誌が決まっているが、北海道新幹線残土問題については、取材はしたものの、掲載先は未定。関心をもつ雑誌はありますが、とりあえず今回の取材内容の結果に関心をもってくれるかどうかで掲載が決まります。つまり、もし企画ボツなら、今回の取材は赤字となります。以下、いつもながらのお願いです。

取材費カンパのお願い
銀行に行く時間がない。もしくは紙幣のカンパは難しいという方は、PCやスマホでできる100円カンパ(それ以上も)をご利用ください。こちらから利用できます

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします


 
関連記事
スポンサーサイト



2023/11/10 18:44 環境問題 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/830-edfec28e
取材のカンパをお願いいたします
1都6県にまたがるリニア問題を一人で取材することは自分で選んだ道でありますが、それも多くの方から取材費カンパというご支援をいただいたからです。とはいえ、2022年末にその資金プールがついに底をつき、東京都や神奈川県以外の遠方への取材を控えざるを得なくなってしまいました。今一度、ご支援を賜りたくここにそのお願いをする次第です。ご支援者には、今年には発行予定のリニア単行本を謹呈させていただきます。私の銀行口座は「みずほ銀行・虎ノ門支店・普通口座・1502881」です。また100円からのご寄付が可能なhttps://ofuse.me/koara89/letter もご利用ください。私と面識のない方は、お礼をしたいので、ご支援の際に、できればお名前を連絡先を教えていただければ幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  樫田拝
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
私が原発を止めた理由
3.11以後の原発裁判において、初めて運転差し止めを命じた判決を出した裁判長が、退官後の今、なぜあの判決を出したのか、なぜほかの裁判では住民は敗訴するのかを説明している。
超電導リニアの不都合な真実
リニア中央新幹線の問題点を『技術的』な側面から、極めて客観的に情報を分析しその発信に努め、リニアの実現性には課題ありと論じている。難しい専門用語を極力排し、読み易さにもこだわった良書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。