FC2ブログ
取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)




●サファリさん再収用される。

 前回書いたこと。
 東日本入国管理センター(茨城県牛久市)から「死を賭したハンスト」でやっと勝ち得た「仮放免」(収容を一時的に解くこと)は、当人たちにすれば初めから喜べなかった。
 また戻されることが判っていたからだ。
 
東京入管前での支援1 東京入管前での支援2 東京入管前で支援者にお礼を述べるサファリさん←東京入管前で支援者にお礼を述べるサファリさん。礼儀正しい人。この数時間後再収用された。

 イラン人のサファリさんは、6月7日からハンストをして体重を15キロ落とし、ときに吐血し、ときに昏睡状態に陥った。
 死なれたらたまらない・・とでも判断したのか、1か月後の7月9日、入管側は、「条件付き」で仮放免を出すと約束した。
 ★ハンストを中止すること
 ★血液検査を受けること

 これを受け入れると、サファリさんは果たして仮放免されたが、その期間はたったの2週間だ。
 
 昨日、東京入管(東京都港区)にその更新手続きで赴いたサファリさんを、施設の外では多くの支援者が見守っていた。
 更新をするためのインタビュー室の待合室で私はサファリさんの隣に座り話を聞いた。
 サファリさんはこう話した。

「条件付きでの仮放免ですが、今、思えば、みごとにだまされました。初めから私たちを収容所に戻すつもりだったのですから」

 7月31日からの仮放免の2週間は苦しみの2週間だった。
 サファリさんはハンスト開始前は体重が86Kgあったが、ハンストで70.25Kgまで落ち、ハンスト中止後に75Kgにまで回復したが、「またあそこに戻るのか」の絶望感から食事を摂ることができず、今、体重は減っている。73Kgだ。

「昨日食べたのはコンビニのサラダだけです。睡眠も朝5時からの1時間だけで、睡眠剤を飲んでもまったく眠れないんです」

 見ると、サファリさんの足元には小さなリュックサックが置いてある。
 中身を尋ねると

「着替えです。そして私に関連する入管の資料です」

 サファリさんは、間もなく牛久に戻されることを意識していた。そしてこう言い切った。

「戻ったら戻ったで、私はすぐにハンストします。入管は人をいつまでだますのか。私は何も悪いことはしていないのです」

 午前10時25分、入管のインタビュー室に入ったサファリさんはそのまま待合室に出てくることはなく、牛久入管に再収用されてしまった。


●明日はデニズさんの番

 サファリさんの2日後の8月2日に仮放免で出たのがクルド人(トルコ出身)のデニズさんだ。
 彼もやはりハンストをして、2つの条件を受け入れてハンストを中止して、もらった仮放免は2週間だけ。
 明日、16日に東京入管に赴き、仮放免の更新手続きに臨む。

 デニズさんは3年2カ月も収容されていた。

 じつは、牛久入管で私が最も多く面会取材したのがデニズさんだ。5回くらいだろうか。

 サファリさんはとても穏やかな物腰だが、デニズさんは直情的になることがある。面会取材しても、私に長期収容で受けている屈辱や差別的扱いへの憤りをぶつけてくる。

★懲罰房
 屈辱的な扱い。
 たとえば、担当職員を呼ぶために、手のひらで「担当さん!」とガラス窓を叩く。これだけで懲罰房に入れられる。
 また、あるときは、ボディチェックが長い職員に対して「もうやめてください」と軽く体に触れたら、それだけで懲罰房。
 デニズさんはかれこれ30回ほど懲罰房に入っている。

★自殺未遂
 また同時に、絶望的な収容生活に、いつ出られるかわからない見通しのなさに絶望して、自殺未遂を4回起こしている。

自殺未遂←入管に残っているデニズさんの自殺未遂直後の記録写真

★職員からの暴力

 また、たびたび職員からの暴力も受けているという。
 もちろん、入管側はこの事実を認めない。ところが、今年、初めてそれを認める事件が起きた。

 1月18日夜。
 デニズさんは収容生活のストレスから、精神安定剤をくれるよう担当職員に頼んだ。
 だが職員は「あなたが1か月半前に服用を中断した睡眠薬がある」としてそれを拒否。
 デニズさんが「私が欲しいのは精神安定剤です。それをください」としばらく口論が続くと、15人くらいの職員がいっせいに入室してきて、デニズさんを制圧した。
 デニズさんは背中側で手をねじられ、口と鼻をふさがれ、職員の親指の先であごの下を刺した(これにより数日間は食事ができなくなった)。そして懲罰房に送られた。

 この事実に対してデニズさんは、弁護士を介して、入管に「不服申出書」を提出
 すると、入管はその判定として「理由あり」と回答したのだ。

理由あり

 「理由あり」

 とは、不服申出には理由があった、つまり、この場合は暴力があったと認めたこと。
とはいえ、具体的にどういう暴力を認めたかについては、情報公開しても出てこない。ということで、この件は今後裁判で争われる予定。

★そして、デニズさんにしても、たった2週間の仮放免で再びあの場所に替えるのかとの恐怖感をぬぐえない。
 3年2カ月もの長期収容はデニズさんの精神バランスを崩し、仮放免後に受診した精神科では「拘禁反応の疑い」との診断が下された。
 その病気を作り出した場所にデニズさんは明日帰るのか?
診断書 拘禁反応

 これはどう考えても異常な措置だ。
 お時間と心ある人たちは明日、8月16日午前9時頃に(それ以降でもOK)東京入管(東京都港区)に集まってください。

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします

関連記事
スポンサーサイト



2019/08/15 10:05 人権 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/655-fbe5aae7
リニア取材のカンパをお願いいたします
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、2018年後半に取材資金が底をつき、2020年に新たな単行本を出すことを目的に、2019年4月からクラウドファンディングでの取材資金を呼びかけさせていただきました。そして、多くの方からのご支援をいただくことができました。本当にありがとうございました。とはいえ、リニアの取材は来年も5年後も行うわけで、来春以降は、再び取材資金の確保に頭を悩ますことになりそうです。何度もクラウドファンディングは使えません。そこで、少額でもご支援をいただければと、ここにそのお願いをする次第です。額面に関わらず、ご支援に対しては、リニアについての単行本の送付や記事の案内などをさせていただきます。私の銀行口座は「みずほ銀行・虎ノ門支店・普通口座・1502881」です。今後とも応援をしていただければ幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  樫田拝
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。