fc2ブログ
取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)




●「ストップ・リニア!訴訟」第13回口頭弁論
 2月9日。「ストップ・リニア!訴訟」第13回口頭弁論が行われた。
 13回目の裁判となる今回でも、98席ある傍聴席を求め120人が並んだ。

リニア裁判13横断幕

 今回の意見陳述は、「長野県」について。長野県の蒲生路子弁護士が陳述に立った。
 その主張は一言で言いうなら、リニア中央新幹線計画でのJR東海が行った環境影響評価は「環境影響評価法33条違反」だということだ。
 以下、その主張を簡単にまとめた。

蒲生路子弁護士


●主張1 残土(建設発生土)
★明示されていない残土置き場
 長野県では、リニア工事により約950万立米の残土が発生する。だが、補正評価書では残土置き場は8カ所と記載されているだけで、具体的位置が明示されていない
 残土置き場が確保できないのに、補正評価書には「仮置き場の確保に努める」などと、仮置き場が確保されるとの前提での環境保全措置を展開している。

●主張2 小日影鉱山跡
 これは、大鹿村釜沢(リニア非常口を掘っている集落)にある鉱山跡のこと。過去に鉱毒で樹木が枯れた場所だ。
 つまり、非常口掘削などにより重金属汚染された残土が出てくるかもしれない。
 この点について、JR東海の見解は以下の通り。

★補正環境影響評価書(長野県)の「資料編 10-1 掘削土に含まれる自然由来重金属の調査について」での記述は・・(概要)

「施工中調査の計画(試験方法、調査頻度等)については、間題が生じる可能性のある地質の状況を踏まえ、学識経験者と相談するなどして策定する」

 や

「汚染のおそれのある掘削土が確認された場合は、被覆、水工等の適切かつ合理的な対策工を立案し、『汚染土壌の運搬に関するガイドライン(環境省)』等を踏まえながら、上壌汚染対策法等の関係法令を遵守し、適切に運搬、処理を実施していく。 基準不適合土壌が発生した場合は、その都度、長野県及び関係市町村、地元の方々にも報告し、簡切な対策を講じる』

 と「意見表明」に等しい記載があるだけで、「具体的な」試験方法・調査頻度・対策工・運搬・処理方法のいっさいが記載されてない
 小日影鉱山跡に限らず、補正評価書の随所ではJR東海の「意見表明」があるだけ。

●主張3 大気汚染
 建設機械の稼働に伴う二酸化窒素及び浮遊粒子状物質について、JR東海は

 ★通年観測データでの観測をほとんど行わず、「四季に各1週間」しか行っていない起床調査データで大気汚染の予測をしている。

 つまり、春夏秋冬の各3か月間で観測したのは1週間だけ。
 この「四季に各1週間」のデータについては、長野県知事も「予測結果の信頼性、妥当性を検証せよ」と求めていたが、JR東海は、四季データと通年データを用いた予測結果の比較を表にして検証し、「適切に対応している」と主張した。

 だが、この「通年データ」の観測地点はわずかに大鹿村と高盛町の2カ所。

▲と、ここで、この「1-5-2」は読んだらややこしいので、以下のように情報を簡略化します。
  JR東海が検討したデータは「3つ」ある。
① 四季各1週間データ
② 通年データ
③ その他公的機関(一般環境大気測定局など)が出しているデータ

 そして、どのデータを使うかについて、JR東海はこう決めたのだ。

 A 通年調査した地点では通年データを用いる。
 B  四季データについては、近くの公的データと比較し、相関係数が0.7以上の場合は、公的データを用いる。
 C ただし、近くに公的データがない場合や、あっても、相関係数が0.7以下の場合は、四季データを用いる。

 そして、JR東海は資料編の「環境影響評価の結果の概要並びに予測及び評価の結果」の「1-5-1 四季とデータの類似性」のなかで、「四季データ」と公的データ(「一般環境大気測定局」や「地域気象観測所」)とで「相関が得られなかった」(相関係数0.7以下)データとして

 ▲風速 と ▲風向 をあげている。

 つまり、「C」に該当するので、四季データを採用した。
 だが、そもそも四季データそのものが信用できるのか? で、JR東海は、同じ資料の「1-5-2 四季と通年のデータの類似性」でこう書かれている(概要)。

「2カ所の通年データと四季データとは、風配・風速階級出現頻度とも両方でほぼ一致している。このことから四季データでも年間の気象状況を把握できる。妥当性が確保されている

 ここで大切なポイントは、JR東海が正直に「相関が得られなかった」と書いていることだ。蒲生弁護士は「この事実は、四季データは通年データを代表できないことを露呈した」と述べたが、これを裁判所がどう見るかだ。

 蒲生弁護士は最後にこう締めた。
「このように、JR東海が実施した環境影響評価は、適切な調査・予測・評価を行ったとは到底評価できない杜撰かつ強引な内容であり、JR東海による予測・評価に反し、中央新幹線の建設工事により既に長野県内の住民の生活に悪影響が生じております。このような環境影響評価に依拠した本件認可処分は速やかに取り消していただくよう強く求めます」

●裁判後集会

阿部修二さん

 科学者である阿部修二さんの科学的見地に基づいた報告には説得力があったのですが、今、それを書く時間がありません。印象的な資料のみ添付します。

リニア13裁判後集会資料1  

#リニア中央新幹線 #ストップ・リニア!訴訟

増補悪夢の超特急
←拙著「悪夢の超特急 リニア中央新幹線」。

リニア新幹線が不可能な7つの理由


↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします
関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/633-32ceae91
取材のカンパをお願いいたします
 ここ数年、この場を借りて、広範囲な取材が必要となるリニア中央新幹線の取材についての、取材費カンパをお願いしてきました。お陰様で取材費の一部を賄うことが可能になっております。本当にありがとうございます。  しかしここにきて、新たに「入管問題」という、これまた取材時間と費用は掛かるけれど、ほとんど儲からない、だけど伝えなければならない事案と2年前から関わるようになりました。当初は、リニアの取材費だけでもお願いするのは申し訳なかったのですが、入管問題も長年の勝負になると決めてから、背に腹は代えられない以上はと、こちらの事案についてもご支援を呼びかけさせていただくことになりました。リニアでも入管問題でも、ご支援者には、記事の案内やデータ送付、はたまた単行本の送付などをさせていただきます。私の銀行口座は「みずほ銀行・虎ノ門支店・普通口座・1502881」です。私と面識のない方は、お礼をしたいので、ご支援の際に、できればお名前を連絡先を教えていただければ幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  樫田拝
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
私が原発を止めた理由
3.11以後の原発裁判において、初めて運転差し止めを命じた判決を出した裁判長が、退官後の今、なぜあの判決を出したのか、なぜほかの裁判では住民は敗訴するのかを説明している。
超電導リニアの不都合な真実
リニア中央新幹線の問題点を『技術的』な側面から、極めて客観的に情報を分析しその発信に努め、リニアの実現性には課題ありと論じている。難しい専門用語を極力排し、読み易さにもこだわった良書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。