FC2ブログ
取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)




●第9回「ストップ・リニア!訴訟」口頭弁論

リニア第9回口頭弁論 裁判前集会


 3月23日、JR東海のリニア中央新幹線計画について、国土交通省の事業認可取り消しを求めた「ストップ・リニア!訴訟」の第9回口頭弁論が東京地裁で開催され、3人の原告が意見陳述しました。
★一人目 東京都町田市のシイタケ農家の森和幸さんは、自宅裏の地下をリニアが走行すると、シイタケ栽培や日常生活に必要な地下水が枯渇するかもしれないとの不安を訴えました。そして、裁判後の司法記者クラブ(裁判所内の記者会見場)では「JR東海は、この件を話し合うために私を来訪したことはただの一度もありません」と、自分の生活が軽視されていることに憤りを隠していませんでした。

●二人目 神奈川県相模原市の桜井真理さんは、自宅はリニアルートから外れてはいますが、リニア中間駅がその隣に建設されるJR橋本駅まで10分以内の距離に住んでいます。
 桜井さんは「リニア新幹線を考える相模原連絡会」のメンバーであり、ここのところは、リニア計画で立ち退かされるかもしれない人たちからの相談も受けております。実際、市ではリニア計画で100人単位の住民が立ち退くと予想されていて、昨年末にはJR東海が某マンションの全住民44世帯の立ち退きを求め、当然、住民とすれば困惑するばかりです。
 マンションともなれば、この機会に補償金を得て老人ホームに入る資金にしようとか、抗う力がないとか、絶対反対とか、様々な意見がでてくるため、住民の意見を統一するのは至難の業かと思われます。
 桜井さんは「終の棲家として市に住んでいる住民がいるのに、「その暮らしを一方的に踏みにじっていいのか。声を大にして問いたい」と訴えました。

●三人目  「リニア新幹線を考える相模原連絡会」の代表でもある浅賀きみ江さんも相模原市在住で、リニアのルートは自宅から30メートル離れた場所の地下を走る予定。浅賀さんが強く訴えたのが、橋本駅に隣接する県立相原高校(農業)の敷地にリニア中間駅が建設されることになったため、相原高校が来年春に移転することでした。

相原高校の散策路←相原高校の散策路。誰でも自由に通行できる。 相原高校の牛←相原高校は農業高校。生徒たちは自分で搾乳したり、加工品をつくり、曜日を決めて、正門前や校内でその販売も行っている。

 校門閉鎖が当たり前の昨今ですが、相原高校はその広い敷地の中に開校以来約100年をかけて整備されてきた並木道があり、そこは一般住民の散策路として開放されており、牛を連れて歩いている学生さんたちは目が合えば「こんにちは!」と挨拶をしてくれる。保育園や小学校の児童のために、動物とのふれあいや農業体験を実践するなど、けっこう地域のなかのオアシス的な場所として重宝されております。
「考える会」では、相原高校を移転させないでほしい旨の署名を5000筆以上も県教育委員会に提出するなど、多くの市民の反対の声がある現実に、意見陳述では「納得できません」と締めました。

リニア第9回口頭弁論原告3人←原告の3人。手前から浅賀きみ江さん、桜井真理さん、森和幸さん。


●原告側意見陳述は終了。だが被告は今まで原告の主張への反論を準備していなかったって?

 さて、第2回口頭弁論から第9回口頭弁論までの8回にわたり、リニアが通過する1都6県の各地に居住する原告の意見陳述が行われたわけですが、今回をもって1年半にわたって行われた原告意見陳述は終了となります。
 裁判の次回以降は、被告の国(国土交通省)と、「参加人」として裁判に参加するJR東海から、原告の準備書面と意見陳述に対しての反論が3回にわたって行われる予定です。
 とはいえ、この「3回」もけっこう裁判長がねじこんで実現した回数です。こんなやりとりがありました。ただし高速のメモ書きなので、一部書ききれなかった発言もあるので、おおよそで書いております。( )内の言葉は私が書いた補足説明です。

古田孝夫裁判長「参加人(JR東海)の書面をいつまでにいただけますか?」
被告側弁護士「5月末には。そして、原告への私たちの反論も、原告の主張が長い時間(1年半)がかかったので、すぐには反論の準備ができません」
裁判長「え、(ほぼ2カ月ごとに行われた)原告からの主張(準備書面や意見陳述)に対して、被告は順次反論の準備を進めているとばかり思っていたのですが。(何も準備していないとは)これまでかかった時間(1年半)を被告が繰り返すということですか?」
被告「国としては、原告の主張はまだ不十分だと思っています」
裁判長「(数秒間沈黙)。なかなかつながらない作業になりますね。回数を切っていただけますかね。2回とか3回とか」
被告「4回・・」
裁判長「(これまでのペースの)2カ月ごとにやると、4回だと8カ月もかかります。3回にしていただけませんか?」
原告・横山聡弁護士「こちらも、(書面提出や意見陳述を)順次やってきて、その間に、準備されていると思っていました。3回以内でお願いします!」(相当に憤っておりました)
裁判長「法廷の空き具合もありますので。次回は早くても6月改訂となります。次は早くても8月か9月。できればそこで完結していただきたいが、11月までではどうですか?」
被告「できるだけ11月には」(と立ち上がって一礼する)
裁判長「その間、原告には原告適格の根拠の整理を」
(注:原告適格とは、そもそも訴える資格のある人のこと。たとえば、原告でも海外に住んでいて日本に来る予定もない人は、リニアとの利害関係は生じないので、訴える適格がない。またたとえば、リニア沿線外に住んでいるが、リニア工事で発生する残土を運ぶダンプカーがすぐそばを通るなどの場合は、騒音や振動などの被害が生じるので原告適格があると主張できる。ただし、ダンプ街道からどれだけ離れているかで、被告は「原告適格はない」と言うかもしれない)
横山「JR東海の準備書面を見たが、どこにどれだけの施設を建設するのかが曖昧。工事で発生する残土にしても、どういうルートで運んで、どこに処分するかが一切書いていない。それをせずして、原告適格を判断できません」
裁判長「(被告に)決まっているんですか?」
被告「明らかにできるところは明らかにしたいです」
横山「ルートは決まっているのではないんですか!? そういう場当たり的なことをするんですか!?」
被告 (聞きとれず)
裁判長「これは取り消し請求ですから、事業認可時点での計画を基点にすれば、何も決まっていない」
原告・関島保雄弁護士「リニアのルートを外れていても、広範囲に被害はあります(騒音や地下水枯渇など)。そもそも残土をどこに捨てるかのルートも決まっていない。可能性のある範囲で原告適格を考えています。(たとえば)水資源枯渇の危険性も主張しているが、神奈川の住民にも適格があると思います」
裁判長「広めに範囲を設定していただき、(原告738人の)一人ひとりの適格を決めていただけますか?」
横山「(一礼)」

 ということで、被告側がこれまでの原告からの準備書面や意見陳述に対しての、反論の準備をしていなかったともとれる発言をしたわけですが、傍聴していた人からは、これからゆっくりとそれを準備して裁判を引き延ばすつもりだったのかとの声も聞こえておりました。
 これ、裁判長が「3回」と仕切らなかったらどうなっていたんだろう。

増補悪夢の超特急
←拙著「悪夢の超特急 リニア中央新幹線」。

リニア新幹線が不可能な7つの理由


↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします
関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/600-db965ec4
リニア取材費用70万円をクラウド・ファンディングで集めます
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、ついに昨年後半から財布が悲鳴を上げ、ここしばらくは本格的取材から遠ざかっていました。とはいえ、来年には新たなリニア関連の単行本も出したく、ここで取材中断するわけにはいかず、考えた末、ReadyFor社のクラウド・ファンディングで取材費用を集めることにしました。目標金額は70万円。予定では4月22日にReadyFor社のサイトで資金を募るサイトの公開が始まります。以下はまだ決定ではないですが、ご支援には1口3000円、5000円、1万円、3万円、そして5万円の5パターンを考えていて、それぞれ、「私の取材記録公開」「過去に出した拙著の謹呈」「来年発行する新しいリニア関連の本の謹呈」「リニア沿線地域の特産品その1」「同じくその2」を構想中です。  ご支援は以下の用途に活用する予定です。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。★食費は自己負担とします。  暖かなご支援をいただければ嬉しい限りです。力の限り、取材を続けます。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。