取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)



●月刊「望星」に、「米軍基地を引き取る」運動のことを書きました。

 前編、後編の連載で、今回は前編。

 米軍基地を引き取る運動に関しては、多くの人に考えてほしい。今、東京、大阪、新潟、福岡の4か所で、政府ではなく、市民団体が主導しての「引き取る運動」が展開されています。

 私は、この運動が目指す方向性については、賛成があってもいいし、反対があってもいい。ただ両者での議論が起きればいいなと考えています。 この運動については、以前も書いたので、こちらこちらを参照にしていただきたいが、論点をまとめれば以下のようになります。


●「最低でも県外」は今も沖縄県民の多くの民意。

 これはいうまでもないでしょう。あの民主党政権での鳩山由紀夫首相の「普天間飛行場の移設先は最低でも県外」との表明は多くの沖縄県民に支持されました。
 普天間飛行場の県外移設だけではなく、沖縄から日本から米軍基地がなくってほしいと思う県民もまた少なくない。


●「日米安保条約」は日本国民の約9割に支持されている。
 
 2015年7月、共同通信社の戦後70年世論調査では、日米安全を支持する国民が約9割いることを示しました。日米安保を支持するとはそのまま米軍の駐留をも支持しているということです。


●沖縄だけに約7割(専有施設面積)の米軍基地が集中している。

 じつは、1950年代前半、在日米軍基地の割合は沖縄では約1割にすぎませんでした。当時、米軍基地は全国に散らばっていたのです。ところが、1972年の沖縄の日本復帰前後には、その割合は約5割になり、現在が7割です。
 

●沖縄に本土からの米軍基地は移設されても、その逆は少ない。

 1953年、アメリカ海兵隊は、岐阜県、静岡県、神奈川県、滋賀県、奈良県、大阪府などに駐留していたが、57年に沖縄に移駐。
 本土の反基地運動の激化で、それが反米運動に転嫁することを両政府が懸念したことが理由とされている。
 76年には、山口県の岩国・第一海兵航空団が沖縄に移駐するが、このとき、沖縄県議会や県内政党は「犠牲を県民に押し付けるのか」といっせいに反発
 他にも、福岡県の米軍板付空軍基地やキャンプハカタなどが72年までに沖縄に移設。79年には、同じ岩国から海兵隊部隊が沖縄に移設。

 この逆の事例はどうかと調べてみると

 2012年、アメリカ政府が「在沖海兵隊約1500人を岩国基地に移転させる」と日本政府に打診したことがありますが、山口県や岩国市は「これ以上の負担は受け入れられない」と反発しています。これはこれで当然の反応ですが、問題は、アメリカが、岩国以外への移転も打診したところ、日本政府が「(沖縄からの)移転をお願いすることはない」と拒否したことです。

 これらの事実から、政治は、沖縄に米軍基地を押し付けてきた、と言えます。


●本土の人間にとって、沖縄の米軍基地問題はヒトゴトだ

 現在、辺野古や高江などに、本土から駆け付け、座り込みなどの抗議行動を展開している人たちには敬意を払います。現場にいるからこそ、政府の横暴も身に染みてわかっている。その情報発信にも努めている。
 だが、それらのニュースをテレビや新聞、インターネットで見る人にとっては、沖縄で起きていることは「たいへんなことだ」と頭で認識しても、他国のできごととして見ているのではと、私は推測しております。
 
 過去に普天間飛行場の移設先として、何カ所かの候補地が噂のように現れては消えたものですが、そのたびにそこの住民からは反対運動が起こりました。

 そこで行きあたる素朴な疑問は、「9割の国民が日米安保を支持している。あなたがその9割の一人であれば、なぜ反対するのか」ということです。もちろん、反対運動を展開したのは、残り1割の人たちであるかもしれません。では、そのとき、9割の人たちは賛成とまではいかなくても、抵抗なく米軍基地を迎え入れる気持ちだったのかな?


●「このままでは何も解決しない」
 
 今回の「望星」の前編では、大阪と福岡の運動を取り上げました。
 大阪で「引き取る運動」を展開する市民団体「沖縄差別を解消するために沖縄の米軍基地を大阪に引き取る行動」(以下、「引き取る・大阪」)の代表、松本亜季さんは2015年から運動を展開していますが、松本さんは、かつて辺野古で2カ月間の座り込みに参加していた過去があります。
 その経験で、大阪に戻ってから、10年間もJR大阪駅前で「「辺野古での基地建設の白紙撤回」と「普天間飛行場の即時閉鎖」を訴える運動を展開してきました。
 つまり、「基地絶対反対」運動です。
 その結果、確かに、大阪での辺野古問題に対する認知度は上がりました。だが、その運動をやればやるほど、松本さんが思いを深めたのは「この方向性では何も解決しない」ということでした。なぜなら、松本さん初め、日本のあちこちで「基地絶対反対」の市民運動が展開されていますが、それで辺野古の状況がよくなったかというと、逆に悪くなっているからです。
 もちろん、辺野古は現在はまだ本格着工されたわけではないので、今後の闘いで中止に追い込める可能性はあります。それでも、民意の蹂躙ということでは間違いなく悪化しています。

 詳しいことは本誌を読んでもらうとして、松本さんがもう一つ気づいたことは、松本さん自身に差別の意識はないものの、沖縄に負担を押し付けている「本土」に住んでいる以上は「差別者である」という自分自身のポジショナリティ(社会的な立場性)です。
 
 いってみれば、たとえば、差別する意識はなくても、イスラエルに生まれた以上、パレスチナの人たちからすれば「自分たちを差別する立場の人間だ」と見られているようなものです。
 
 実際、松本さんも辺野古で座り込んでいた2カ月間、「ヤマトンチューでしょ」ということで、現地の人から幾度も拒絶的な反応にあってきました(手伝いの申し出を拒否される、イベントの司会進行役に難色を示されるなど)。

 松本さんが「引き取る運動」を開始したのは、一つには、この差別を解消するという目的もあるのです。

 以下、今回の原稿からの引用した松本さんの言葉です。

「私は差別する側にいる自分の立場を認識できました。だから、今なら私を拒んだ沖縄の女性たちの気持ちがわかります。今、辺野古や高江で闘っている人たちは尊敬すべきです。でも、本土から来る人のなかには『私は沖縄のために闘っている』と、本土の立場性から免れていると思っている人がいる。闘うことがその免罪符じゃない。まずは自分たちの立場性をはっきりさせたいと思いました」

大阪引き取り候補地←大阪の運動では、府内8カ所を具体的な候補地として挙げている。


●議論が起こるか

 この引き取る運動は、少なくとも、沖縄県民の「最低でも県外」の意志を汲み取っている運動です。
 だが、かつての松本さんがそうであったように「基地は日本のどこにもいらない」運動であれば、「最低でも県外」移設は、その土地に米軍基地を建設するわけなので、認められないことになる。
 実際、福岡県の引き取る運動では、「基地絶対反対」運動をしていた人が「引き取る」運動に参加したところ、かつての仲間から「引き取るとはなにごと。基地をなくすのが目的なのに」と批判され、「引き取る会福岡」を去りました。その批判の嵐に、心療内科に通うほどに疲れてしまった人もいるようです。

 でも、「基地絶対反対」運動も「引き取る」運動も、最終ゴールは同じです。
 やはり、米軍基地がなく、同時に日米安保もない社会です。
 ただし、引き取る運動では、現在の沖縄のにっちもさっちもいかない状況のため、負担軽減のため、自分たちも負担をしようとのステップを設けているのです。

 もちろん、米軍基地を引き取ることは、米兵犯罪の発生もありえるわけで、簡単なことではありません。
 しかし、それは既に沖縄で起きていることであり、今、私たちはそれら問題に何か対処しているのでしょうか? 沖縄で今起きていることを置き去りにして、自分のところにだけは米軍基地は来ないでくれとの主張は、どこまで通るのか。
 だから、批判ではなく、賛成派も反対派も議論してほしい。

 少なくとも、沖縄の基地問題の当事者は「私たち」であることを認識する必要はあると思います。


●もし米軍基地がなくなったら?
 議論と書きましたが、では何を目指すのか?
 双方の運動が目指すのは、米軍基地も日米安保もない社会です。
 では、その先は?
 数年前、国会で「安全保障関連」法案が審議されていた時、多くの市民が国会前に集まり「反対」の声をあげていました。
 惜しまれるのは、あのとき議論はほとんど起こらなかった。

 あの反対運動は、日米安保は現状のままでいいという運動だったのか? 戦争なき社会をつくるには、米軍基地も安保も要らないとすれば、米軍がいなくなったあとの日本の安全保障体制をどうすべきと考えていたのか? 自衛隊を増強する? 防衛費を増額する? コスタリカのように軍なき社会を目指す?

 引き取る運動では、その議論ができるのでは。だとすると、日本の安全保障をやっと一般市民も真剣に考えるいい機会になるとも捉えることはできます。


●移転はしたけれど

 1995年の沖縄での少女暴行事件を受けて、普天間飛行場の移設が日米で合意されたわけですが、じつは、基地そのものではないですが、訓練が移設されたところがあります。たとえば、北海道の矢臼別。元々、陸上自衛隊の演習地ですが、ここで年に数回、海兵隊が訓練をしています。
 その騒音、その弾丸の誤着などで、特に牧場で馬を育てる人たちにとっては大問題です。
 また、訓練の移転の結果、沖縄の負担が軽減したかというと、軽減の実感はないのが現実です。

 ただし、ここには二つの論点があるように思います。

 ★矢臼別に訓練を移設したのは、住民合意ではなく、政府が決めたこと。
 ★基地ではなく、訓練だけが移設したこと。

 これらも含め、米軍基地の移設がアリかダメかの議論が起こってほしい。

 5月20日に、引き取る運動のイベントがありますが、詳細は後日。
←今回の掲載誌「望星」5月号です。是非お買い求めください。
 ←「引き取る運動」を論理的にまとめた高橋哲哉・東京大学大学院教授の著書。

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。



↓ 拍手もお願いいたします
関連記事
スポンサーサイト
2017/04/22 13:50 戦争 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/548-1049caa3
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。