取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
●NPO法人「ぼくいち」の票育

 「ぼくいち」という若者によるNPO法人があります。
 正確には「僕らの一歩が日本を変える。」
 ぼくいちは、22歳以下限定の学生が「若者と政治に新しい出会いを届けること」を目標に、中高生に「政治は身近だよ」と伝える活動を展開しています。

 ぼくいち、という名前は知らなくても、高校生と与野党国会議員とが毎年1~2回話し合う「高校生100人×国会議員」はよく報道されているので、ご存知の方も多いでしょう。
 ぼくいちは、ほかにも、未成年による「街頭模擬選挙」や、若者に政治に関心をもってもらおうと、「政治ゲーム」開発のための数十人での合宿など(残念ながら製品化には至らなかった)、常に斬新なアイデアで活動しています。

 しかし、これらの活動で見えてきた課題はいずれも「単発型」であること。そこで生み出されたのが、学校という公教育の場で模擬投票を経験する「票育」でした。
 これは、もちろん、その学校の協力、そして、その地域の選挙管理委員会の協力とで推進するものです。

後藤さんと票育←ぼくいち代表の後藤寛勝さん。

 とはいえ、模擬投票を実践する学校は昔から少数ながら存在し、18歳選挙権が認められたことで、今、全国の高校でも模擬投票を導入する動きはあります。
 しかし、ぼくいちが目指す票育はレディメイドではなく、すべて、その学校やその地域の実情に合わせたオーダーメイドであり、かつ、投票をゴールにしないことです。
 票育は昨年7月から始まり、12月21日、私はその11校目となる現場に立ち会いました。


●票育の現場

 昨年12月21日。
 この日、集まったぼくいちのメンバーは13人。
 都立葛飾商業高校(定時制)の体育館に集まったのは約100人の生徒、そして教師や選挙管理委員会。

円陣←円陣を組んで、票育への気合を入れるぼくいちのメンバーたち


 司会を務めるぼくいち代表の後藤寛勝さん(大学3年生。21)がまずこう尋ねました。

「政治に興味ある人は手を上げてください!」

 上げたのは少数。ざっと見た感じで2割くらいだったかと。

「OKです。これを今日は多くします!」

 と、後藤さんが話し出したのは「椅子」の話。

「みなさんが学校で使う椅子の値段を知ってますか?」

 スライドに1200円、2500円、7600円、1万4000円の4つの数字が並ぶ。4択問題だ。
 それぞれの値段だと思う生徒がバラバラと手を挙げる。

「はい、正解は7600円です。区の学校だけで2億5000万円になります」

椅子の値段


 こんな細かなことまで、ぼくいちのメンバーは調べているということです。
そんな情報に「へ~」と小さな声が会場から漏れる。

 そして現れたのは、大学生演じる、財源不足に悩む架空都市「ツカシカ区」の3人の区長候補者。3人は財源確保のためやるべき公約を述べるが、どれもけっこう「トンデモ」公約です。
 候補者Aは「図書館や街路樹の廃止」、Bは「赤字の病院廃止」、Cは「ゴミ収集廃止」。

トンデモ公約


 誰を選ぶか。生徒は7~8人ずつ輪になり、ぼくいちのスタッフが一人ずつファシリテーターとして議論を進めます。

 今回、ぼくいちのスタッフには二人の高校生が参加していました。その一人、芝浦工業大学柏高校2年生の小林毅大(たけひろ)さん(17)は、ぼくいちに入るまで政治にはまったくの無関心。
 ただ昨年8月、「高校生100人×国会議員」に参加したことで「意識がガラと変わりました」。

 自分と同じ高校生が、きちんと予習をしてきて、国会議員と当たり前に堂々と話し合うことを目の当たりにすると「政治は身近なんだ」と気づいたのです。
 その後、ぼくいちに本格参入し、「エンターテインメント性のある票育ならば若者を動かせる」と確信しています。

小林さん←パソコン片手にファシリテーターを務める小林さん。高校2年生。

 この「エンターテイメント性」も票育には欠かせない要素で、この3人のトンデモ候補もその一要素ですが、スライドの見せ方でも「ガチ、やば」などの若者言葉を駆使し、生徒たちが食いつくような仕掛けをいくつも考えているのです。

ガチやばい


 後藤さんがいうには、「僕たちのような、ちょっと年上のお兄さん、お姉さんが、同じ若者の乗りでやるから伝わる。そこが大事」。

 さて、公約発表の後、生徒たちは、7~8人ずつの班に分かれて、そこにぼくいちのスタッフがファシリテーターとして入ります。
どこの班でも、「東京に木は必要!」「木はいらないよ。病院を残そう」「隣の区の病院に行けばいいんじゃない」「ゴミ収集車は必要だよ」「民間に任せればいいじゃん」との議論が起こるのですが、必要に応じて、ファシリテーターが「でも、実際、ツカシカ区には予算がないんですよ。どうしましょうか」と議論が枝分かれしないように誘導する。
 実際、100点満点の候補者がいないので、なかなか結論が出ない。まあ、そこが狙いでもあるのですが。

 次いで投票へと移りますが、この投票所は葛飾区の選挙管理委員会が設置した本物です。選管の一人は「18歳選挙権が認められたことで、私たちも投票率アップを図りたかった。そこのところで、票育の情報が入り、これはいい、是非にとぼくいちに依頼したんです」と、票育への期待は大。

票育投票


 ところが、ぼくいちは、この投票でもって票育を終了するのではなく、次がありました。

 その後は「自分なら予算の何を削るか」と、区長を選ぶことから、「自分で考えて結論を出す」課題へと移り、ここで議論はさらに熱くなったのです。プールはいらない、信号機は不要、歩道橋は撤去しよう等々の不要論が出ては、いちいち「違う!」と異論が上がり、班によっては議論を楽しんでいるところもありました。

 新区長にはCが選ばれましたが、生徒の何人かに話を聞くと、投票よりも議論が楽しかったようです。じつはこれが表幾の狙いで、後藤さんいうところの、

「選択肢の限られた候補者選びよりも、自分でベストの解決案を出す」

 ということです。

 もちろん、最後まで議論に加わらず無関心な生徒も散見されましたが、議論を交わした生徒に話を聞くと、例外なく「今まで政治に無関心だったけど、少しだけ興味がわきました。参院選には行きます」と回答しました。

 とはいえ、課題はあります。
 新たに生まれる有権者は240万人。これを、ぼくいちの活動だけでカバーできるものではありません。

「だから望むのは、『若者と政治』分野で活動する同世代と手を組み、票育をパッケージ化して全国に波及させることです」(後藤さん)

 22歳までという条件があるため、後藤さん自身の活動もあと2年未満で終わりますが、ぼくいちの「熱さ」は私はけっこう好きです。 この票育の数日前のぼくいちのミーティングも取材しましたが、なかなかいい。「熱い」、「緻密」、「妥協を許さない」。

進行の要点←感心するくらいに、ぶれないポリシーを感じる。

 票育。これは、それほど目立たないけど、半永続的に続く運動のような気がします。

↓ ブログランキングへの応援クリックを2つお願いいたします。



blogram投票ボタン

↓ 拍手もお願いいたします
スポンサーサイト
2016/03/01 13:40 18歳選挙 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/468-6344662e
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。