取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)


 本業が多忙を極め、ほとんどブログを書く時間がありません。ここ数年の蓄積疲労で、夜は夜で睡魔に勝てずパソコンに向き合う時間がありません。
 現在、ブログにアップしたい記事は6本ほどありますが、なんとかかんとか、一本だけ書きました。
 長野県阿智村のことです。

●外部の人間から見ればよくわからない出来事がありました

 阿智村は、JR東海の想定によると、リニア工事で、同村清内路(せいないじ)地区の国道256号では工事用車両が一日最大920台、同地区の村道でも230台が通行する予定。そこで、今年5月3日、リニア工事で村の生活がどう変わるのを事前に把握するため、村は「リニア工事に関する社会環境影響評価」の実施を決定します。
 この評価をするために5月10日に発足したのが、「社会環境アセスメント委員会」。構成メンバーは研究者3名のほか、住民側は、村内8自治会の代表8名と公募の住民2人、観光業代表1人で、委員長は前村長の岡庭一雄氏、副委員長は愛知大学の鈴木誠教授が就任。
 委員会は、6月18日、会合を開き16歳以上の村民を対象にリニア工事への懸念などについてのアンケート調査をすると決めました。岡庭氏は「 住民の暮らしにどう影響があるのかを、科学的な知見に基づいて明らかにし、村がJRと環境保全協定を締結すれば、最低の犠牲で対応できる」とコメントしています。

 この委員の一人に公募で就任したのが、本ブログでも広報をしましたが、CD「夢のリニア超特急」のプロデュースをした森田修史さんです。森田さんは就任しようと思った理由をこう教えてくれました。

「委員会の具体的行動は、交通量の調査、ダンプが通行する清内路の村道1-20号線、および国道256、153線沿線の住民や事業者に対する聞き取り調査、昼神温泉(南信州で最大の温泉地)のお客様に対するアンケート調査などです。これはリニアに反対するためでなく、ダンプ通行による社会的影響を科学的客観的に明らかにして、JR東海との交渉の材料としようという試みです。もし、阿智をダンプが通らないことになれば万々歳ですが、JR東海に対してなにがしかの抑制を期待できるのと、何が起こっているのか情報をすぐに知りたいという理由、それから委員自体が変な方向に進んでしまわないようにきちんと見ておきたいということで、自分も公募枠に応募して委員になりました」

 その森田さんを驚かせたのは、前記の会合のわずか二日後の6月20日。
 信濃毎日新聞に、

 「清内路の斜坑から出る残土を、横川峠の上清内路側のどこかの谷に捨てる

 という非公開の情報がすっぱ抜かれていたのです。
 これは、その3日前の17日に開催された村のリニア対策委員会で、委員の一人が「県が横川峠が候補地の一つになっていると説明した」と記者に話したのがネタ元です。

 翌日(翌々日?)の村議会では、原利正議員の質問に村長は、「まだ決定ではなく、白紙の段階だ。これから調査をする」と答弁。

 その後、村の公式見解がないので、何とも言えないのですが、もし横川峠に残土を捨てるとなると、ダンプの通行ルートも通行量も大きく変わるので、社会環境アセスは一体何のために? とういうことになってしまいます。すなわち、調査方法や規模や対象などの変更をしなければならなくなる。
 現時点では、委員会は、6月に決めた通りに、調査とアンケート活動に入り、8月いっぱいの調査で9月にまた委員会を開くとの予定です。

 阿智村のある住民はこう語っていました。
「残土捨て場の適地かどうかを調査するのは県だが、それには村と地権者の承諾がいる。ということは、水面下では村長と地権者、そして村の対策委員会が同意しているということか? 村長の言動からは何もわからない」

 前期の通り、アセスメント委員会が開催されたのは6月18日。リニア対策委員会が17日。信濃毎日の報道は20日。つまり、報道が本当だとすれば、17日の時点で村長も知っていたことになります。


●6月20日以降の動き(新聞報道等から)

★6月22日  熊谷村長は議会質問で「残土の置場は具体的になっていない」と回答(『中日新聞』6月23日)。
 上清内路の横川峠付近が残土置場の候補地にあがっている『信濃毎日新聞』の報道について、清内路の原利正議員の質問に、熊谷村長は、
「阿智村リニア対策委員会の中で、県より残土の候補地になり得るかどうかの調査の打診があった、調査してどうなるかは分からない」
と答えたと書いています。原議員は

「村独自のアセスメントの結果が出るまでは JRに対して用地交渉も含めて動いてはいけない」

と求め、村長は、

「皆さんに混乱を与えないよう、(JRとの進め方について)ルールが決まったらお示ししたい 」
と答えています。

また、2014年7月に村民から出されている「村道1-20号を残土運搬に使わないよう」との要望に関しては再確認された。
(残土置場候補地についてはリニア対委で再度審議される)

★6月24日  南信州新聞が「残土置場候補地は横川峠付近」と報道したことについて、熊谷村長は対策委員会で、

「県からあった話は、斜坑に近く、昼神温泉に影響がない場所はどうでしょうかとの話 で、まだ白紙の状態。調査もこれからだ」

と答えた。

★6月25日  阿智村のリニア対策委員会が、村内の残土置場候補地について、県からの調査打診について非公開で検討。
結論は出ず、次回委員会で現地視察を行うことになる(『南信州』27日の報道から)。

★6月27日の『信濃毎日新聞』  報道によると、横川峠付近という具体的な場所は、少なくとも6月17日には村に示されており、25日に図面が示されたそうです。

★7月13日  村のリニア対策委員会は、村から諮問されていた横川峠付近を残土捨て場と見込んだJR東海による環境調査の可否について、候補地は限定せずに村民から公募して決めるという答申案で合意。
 横川峠付近については委員会で不安の声が多かった。また、非公開の対策委員会で候補地選びが進むことに危機感を抱く住民もいることから、委員会は今後は公開と決まった(『信濃毎日新聞』7月15日)。


●住民の意見

「村独自に社会環境アセスを行う一方で、候補地選びが進むことに危機感を抱く。候補地としてほとんど無謀に近いといえる横川峠付近しかないなら、阿智村村内には事実上残土の処分地はないと思う」

「県が横川峠へ棄てろと半分命令してきたわけか? どの自治会かが貧乏くじを引くことがないように祈る。村は、明確に村内に捨て場はないと言えばいい」

「横川峠に残土を捨てる計画は、その場所が不適格だとしても、上清内路付近で他に残土置き場を探すというような趣旨の答弁も、村長はしていました。おそらく、JR東海と県と村で、村で一番経済規模が大きく発言力のある昼神温泉の前だけはダンプを減らすようにすることで、村の反対意見を抑え込む狙いがあるのでは」
 

●横川峠とはどんな場所?
 
 上記、森田さんが実際にそこまで車を走らせたときのことを教えてくれました。

「上清内路側から横川峠を抜けるルートを車で走ってみたが、ここは冬季閉鎖される急坂の上、軽自動車でもすれちがうのが難しい山道。ここのダンプ往復など到底考えられず、また残土を捨てるためだけに道路を拡幅して貴重な自然を大破壊するという考えも到底容認できない。仮にダンプを一方通行とし智里西方面に抜くとなれば、今度は横川の集落や智里西の集落、県道園原インター線にも影響が出てくるので、実際にどのような考えで進めている話なのか、本当に疑問。このことに対しては、元村長で社会環境アセスの委員長である岡庭さんも、反対の意見を表明してくれたので、そこまで変な方向に勢いで行くことは無いとは思いますが、予断を許さない状況です」

 2014年6月、環境大臣はJR東海の環境影響評評価書に対して、「自然度の高い場所」に残土を置くことを避けるよう明記しています。
 住民は、横川峠周辺の自然度がいかに高いかを具体的に件に示していく運動も必要ではないかと個人的には考えております。

←お陰様で第58回「日本ジャーナリスト会議賞」を受賞しました。

↓ ブログランキングへの応援クリックを2つお願いいたします。



blogram投票ボタン

↓ 拍手もお願いいたします
関連記事
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/08/09 23:18   [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/427-6f8b2bce
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。