取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)


●スーパー堤防裁判。国が被告となる

 2月25日、スーパー堤防関連で、住民が「国」を訴えた初の裁判が開廷されました。

 昨年(2014年)12月6日、かつて93世帯あった東京都江戸川区北小岩一丁目の東部地区は無人地帯となりました。
 国のスーパー堤防事業で造成される幅150メートルもの堤防造成と、その堤防の上で江戸川区が区画整理事業を行うからとのことで、住民に立ち退きを要請したことで、一つのコミュニティが消滅したのです。

かつては住宅地だった←14年11月上旬。最後まで立退きに抵抗していた家族が引っ越す。

 その事業推進に納得できない住民はこれまで2回、江戸川区を東京地裁に提訴してきましたが、「スーパー堤防事業差し止め」を求めた最初の裁判は地裁でも高裁でも敗訴。「区画整理事業に違法性はない。スーパー堤防計画を変更できるのは区ではなく国である」との理由で敗訴。

 ならばと、スーパー堤防の本丸である国を訴えたのが今回の裁判です。
 提訴は昨年11月12日ですから、3カ月以上たっての初公判となります。
 東京地裁では最大の103号法廷は98席が満席となりました。


●宮坂さんの意見陳述

 裁判はまず、最後まで立ち退きを拒否していた一人、宮坂健司さんの意見陳述で始まりました。

「北小岩には私の祖父の時代から住んでいる。あそこを終の棲家と思っていたから、2世帯住宅を建てた。あそこは住民同士でおすそわけもあり、住みやすかった。ところがスーパー堤防計画が持ち上がってから、住民の人生設計が狂い、住民同士でも意見がぶつかりコミュニティが破壊された。今では、盛り土工事が始まり、建物一つない。あの場所にスーパー堤防を作る理由はない。カスリーン台風のときでさえ水害にあったことはなく、事業仕分けでは無駄な事業と判定された。
 このような無駄な公共事業で2回も移転を強要し、国はなぜスーパー堤防が必要かの説明を一度もしていない。区は『スーパー堤防ができるので出ていかねばならない』と説明した。そのために、住み慣れた家を壊して移転した。しかし区は『スーパー堤防と区画整理事業は関係ない』と説明する。怒りを通り越してあきれる。私たちは移転を強いられ、あの土地の代わりようを見て、心身疲弊してしまった。でも、行政の横暴を野放しにはできず、司法の公正・適切な判断を仰ぎたく提訴したのです」


●法的権限はあるのか!?

 ここで原告側の小島弁護士が補足説明的な主張を展開しました。

「宮坂さんの妻Mさんは、あの土地に住んで以来、自宅で映画上映会をするなど、地域コミュニティ活動を実現してきた。ところがスーパー堤防で一変した。Mさんはスーパー堤防に携わる区職員の度重なる訪問でうつ病になってしまった。Mさんは俳句の雑誌も発行したり、俳句を通しての情操教育もしていたのに、できなくなったのです。Mさんは現在も神経科に通院して睡眠薬で眠ります。同じ住民のS夫妻(90歳前後)も積極的に散歩や挨拶をしていたが、この夫妻も区職員の訪問を恐怖に感じ、家に閉じこもるようになってしまった。そういうなか、2012年12月16日の火災で、夫が亡くなってしまった。
 先行買収に応じて2010年1月25日に多摩地区に移転した0さん(84歳男性)は、地理が判らず買い物に苦労されている。『知人がいない』と寂しさを訴えています」

 スーパー堤防事業がいかに、一人一人の人生と心を壊したかを訴えたのです。

 さて、この日の小島弁護士の主張の目玉は、なんといっても「なぜ法的権限もないのに、盛り土工事を実施できるのか?」ということです。

 スーパー堤防は、簡単に言えば、「事業実施前に、住民に『移転を要請し承諾を得てから』盛り土工事を行わねばなりません。ところが、本件においては、誰一人として国からそのような要請を受けていないのです。

 93世帯を立ち退かせたのは、「区画整理事業をする」と説明してきた江戸川区です。

「そもそも法的権限がないではないですか。すでにスーパー堤防工事は実施段階にあるのに、その法的根拠が一切示されていません。地権者の同意なく移転させる権限はないのです。どの法的権限に基づいたのかを国は主張していない。この場で回答してほしい

被告(国)「おって回答いたします」

原告(福田健治弁護士)「なぜ今回答できないのですか? 訴状を出してもう、3カ月もたっています」

裁判長「その書面提出はいつになりますか?」

国「年度末を挟むので、早くても5月1日」(傍聴席から「2カ月以上もかかるの…」との声が漏れる)

小島「それは、今行っている工事を止めてならわかるが、工事をやりながら5月まではおかしい」

福田「私有地に居座って工事を行っているのですよ!」

 結局、国は工事を止めるつもりはなく、昨年11月12日の訴状提出から半年もたつ今年5月20日の11時半から同じ103号法廷で2回目の公判が行われることになりました。


●補足説明

 ここで簡単な補足説明です。
 住民は確かに立ち退き、今、北小岩1丁目の東部地区には家一軒もありません。住民は、家の解体を了解して立ち退いたのですが、立ち退いたと言っても、土地の権利はまだあるのです。つまり、弁護団が「国は『私有地』に居座って工事を行っている」と主張したのは、いまだに住民は地主であるからです。
 これは、スーパー堤防の上に江戸川区が区画整理事業で新たな街を造成したら、元の住民は戻ってくることを想定しているためです。

 しかし、80代や90代の高齢者がわずか数年間の間に2度も引っ越すでしょうか?
 そんな人はほとんどいません。

 ただ、傍から見れば、住民は「スーパー堤防事業」のために立ち退いたのではと解釈する人もいるでしょうが、前述のように、国は住民から土地使用の承諾を得ていません。住民が出ていったのは、区の区画整理事業における「仮換地(かりかんち)指定」があったから
 これは、
 
 あなたが住宅地として使用している土地は「区画整理事業」でもうすぐ使えなくなるが、工事完了後には、同じ場所で、区画整理された土地を使用できるようになりますよとの通知。

 仮換地指定を使えるのは、区画整理事業だけであり、他の工事への適用はできません。
 つまり、仮換地指定を使ったということは、住民の立ち退きはあくまでも区画整理事業のなかでの手続きだったということになります。


●報告集会
 裁判後、参議院議員会館で報告集会がありました。私は次の用事があったので、途中までしか参加できなかったのですが、印象的だったのが、意見陳述を行った宮坂さんの言葉でした。

「今、千葉県の八千代市に住んでいます。今も、旧家で歩いている夢を見ます。両親を見送ったのも辛かったが、今も辛いです。この事業をやらせてはいけません」
 
 その後、短時間ですが、宮坂さんのビデオ撮影をしました。簡単に編集したものをここにアップします。

[広告] VPS


 それにしても、防災というできるだけ短期間での成果が期待される分野において、いったい何百年かかるかわからない事業を本気でやるのでしょうか? 国も江戸川区も。

↓ ブログランキングへの応援クリックを2つお願いいたします。



blogram投票ボタン

↓ 拍手もお願いいたします
関連記事
スポンサーサイト
2015/03/04 18:39 スーパー堤防 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/385-a7fe7970
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。