取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
 スキージャンプの葛西紀明選手が絶好調です。
 葛西選手の場合、アナウンサーは必ずこう紹介します。

 葛西紀明、41歳。

 40歳を越してもなおもワールドカップの表彰台に何度も立つ。

 調子のいい今だからこそ、日本のメディアも葛西選手に注目していますが、葛西選手は外国に行けば、表彰台を逃しても外国人の記者たちに囲まれます。その理由は「respect(尊敬している)」。

 私が葛西選手を取材したのは10年前。

 以来、私は葛西選手を応援し続けています。

 一つは、スポーツ選手として、年齢とも付き合いながら、あきらめずに精進していること。
 これは、多くのマスコミがすでに書いています。

 そして、もう一つ。
 葛西選手が「母さんのために金メダルを取る」と心に決めていることです。
 以下、10年前にある雑誌に書いた記事に多少の手を加えたものを掲載します。


●オリンピックの時だけ運が逃げる

 スキージャンパー葛西紀明(31)には悲運と不運がつきまとう。
 ワールドカップでは日本人最多タイの14勝を挙げながら、オリンピックだけは個人メダルに手が届かない。

 長野オリンピックの前年に母は非業の死を遂げ、日本中を感動の渦に巻き込んだその団体ジャンプには直前にメンバー落ちし、涙を流し続けた。夢をかけて臨んだ4年後、4度目のオリンピックでも惨敗。だが諦めない。3年後、5度目のオリンピックでは33歳になるが「金メダルを取る」と、葛西は今も夏も冬も飛び続けている。
 
●栄光に包まれて

 1988年3月6日。第59回宮様スキー大会国際競技会で話題になったのは、大会のテストジャンパー葛西紀明の記録が優勝者のそれを上回ったことであった。それがまだ中学3年生との情報は、会場の観客を驚愕させた。
 北海道下川町で生まれた葛西がジャンプを始めたのは小学校3年生のとき。子ども用のジャンプ台を飛んだ初日に、何年も練習している友だちの記録を抜いてしまい、同年、町内大会の小学校3年生の部で優勝した。中学2年から3年にかけての大会では22連勝。

 92年2月、初のアルベルビールオリンピックでは「心臓のドキドキが聞こえる」ほどの緊張で好結果を残せなかったが、翌3月のフライング選手権では、182メートルという最長不倒距離を2度決めて優勝した。

「1メートル20センチのクリスタルカップを表彰台で手にした感激は今も忘れません」

 葛西の今までで一番嬉しい優勝だった。

 その翌年、ワールドカップ総合3位。94年、2度目のリレハンメル・オリンピックでノーマルヒル5位入賞。団体ジャンプは、原田雅彦選手の大失敗ジャンプで目の前の金メダルが逃げていったが銀メダルを獲得。葛西は着々と強くなっていた。だが、このオリンピックを境に苦難の道が始まる。


●悲運と不運

 94年11月、葛西はある大会で転倒し鎖骨を骨折した。手術をするが、来る世界選手権に選ばれるために無理をして1月の大会に臨んだ。すると、また転倒し同じ場所を骨折。以来、葛西の心に、「飛ぶ」ことへの恐怖が植え付けられ、数ヶ月、飛ぼうにも飛べない日が続いた。

「だけど決めたんです。恐怖心を取り除くには、逆療法で飛ぶしかないと」

 葛西は、まずは低い台を利用して飛び始めた。そして、普通の選手が三百本飛べば充分といわれる夏のシーズンに九百本の練習を積む。これが裏目に出た。陸上と筋力トレーニングが疎かになり、飛びすぎた結果、歩けなくなるほどの腰痛に見舞われたのだ。以後2年間、記録らしい記録を出していない。

 そのスランプのなか悲報が襲う。96年、下川町の実家が放火され、母が全身やけどを被い入院を強いられたのだ。炎の熱で肺も気管も焼け、一年かけての皮膚移植の甲斐なく、母は一年後に亡くなる

 自身のスランプと母の悲運。精神的どん底に突き落とされた。

「金メダルを取って、稼いで、家を建ててあげるからねと言っていたのに。貧乏だった家を支えてくれた母さん。貧乏なのにジャンプをやらせてくれた母さん…。何で俺がこんな目にと何度も思いました」

 だが、落ち込む葛西を救い出したのは、その母が書いていた日記や手紙だった。

「母さんは、入院中日記を書いていました。それを読み返すと今も涙が止まりません。母さんは、体の苦しみと死への恐怖と必死に闘っていたんです。それを思えば、僕の苦しみなんてちっぽけなものです」

 今でも、大きな大会の前に、葛西は、母が苦しみの底で書いてくれた便りを読む――「今このときを頑張れ。絶対にお前は世界一になれるから。地獄から這い上がってくるのを楽しみに待っている
 
 葛西の奮起が始まった。そして、97年1月のワールドカップ白馬大会で、葛西は最長不倒距離を叩きだし復活の2位を獲得するのである。移動するリフトの上で葛西は一人で泣いた。自分に、そして母に。


●神様からの試練

 だが、運命は過酷だ。長野オリンピックの2ヵ月前、トレーニング中に足首を捻挫し2週間の入院をしてしまう。そして、葛西は決してそれだけのせいにはしないが、オリンピックでノーマルヒル7位に入賞するも、練習の様子から、コーチの判断でラージヒルと団体のメンバーから外されてしまったのだ。

 日本中を歓喜の渦に巻き込んだ団体戦。そのとき、葛西はホテルの自室で一人悔し涙に暮れていた。テレビには次々と大飛行を展開する日本人選手たちが映っている。1本目終了時に日本は4位。2本目が始まると、葛西は不意に会場に行こうと思った。そして、会場入りしたとたんに目にしたのは、優勝ジャンプを決めた船木和喜選手に駆け寄る日本人選手と歓喜に沸く観客の姿だった。悔しい! なぜ、俺はあそこにいないのか。いたたまれず、葛西は会場をあとにした。

「長野は、初めて個人でも団体でも金メダルを狙った大会だったので、あの悔しさは表現できません」

 それでも、葛西はいつしか自身にこう言い聞かせた――「これは神様がくれた試練だ。次のオリンピックではメダルを取る!」

 母のことを思えば、悔しさは4年後へのバネに過ぎない。前へ前へと進むために、葛西はひたすら国際大会で飛び続け、98年のワールドカップで総合3位、2001年は総合4位と好成績をあげ続けた。

 だが、試練は葛西に報いなかった。絶好調で臨んだ02年の4度目のソルトレークシティ・オリンピックでは、関係者の多くが、何より本人が、金メダルに一番近いと信じて飛んだジャンプは、ノーマルヒルで転倒、ラージヒルは予選落ち、団体はメンバー落ちという最悪の結果で幕を下ろしたのだ。

 葛西の勝敗のパターンは独特だ。ワールドカップや国内大会では表彰台に立っても、2年毎の世界選手権や4年毎のオリンピックの本番になると、とたんに調子を落とす。

「それがなぜなのか。これ以上競技を続けて勝てるのか。何が足りないのか。本当にわからなくなりました」

 頑張っても出なくなった結果。「限界」の二文字が頭をかすめ始めた・・。


●諦めない大切さ

 壁にぶつかった葛西と、所属する「土屋ホーム」とが決めたのは、「これ以上の同じトレーニングはマンネリになる。ジャンプ王国のフィンランドからコーチを招こう」との大胆な試みであった。
 果たして昨年、二人のフィンランド人コーチが来日する。彼らは葛西よりも年下だった。

「初めは少し抵抗ありましたね」(葛西)

 従来のトレーニングと違ったのは、コーチ学に基づいた「リフレッシュ」の導入だ。シーズン開始直前に、川下りや犬橇などで遊び、シーズンオフは二ヵ月近くも一切練習をしないという、頭と体からジャンプのことを完全に取り除く作業である。

「それまでは、どの国際大会も勝ってやれと全試合飛んでいたんですが、その疲れが、オリンピックや世界選手権で出ていたんです。それが今は、体も頭もすっきりした状態で競技に臨めるようになりました」(葛西)

 技術面でも、長年守ってきた飛行フォームを半年かけて改造する指導も受けた。
 その結果は今年2月現れた。葛西はとうとう、ドイツで、世界選手権初のメダル(ノーマルヒルもラージヒルも銅)を獲得したのだ。

「最高でした!」(葛西)

 この結果に、土屋ホームの川本謙社長は、技術だけではなく、葛西の生真面目こそが勝利を呼び込んだと評価する。

「普通、年下の指導なんて受けたくないでしょ。でも葛西は、コーチを年下とかではなく、尊敬すべき人間として指示を受け入れてきた。だから伸びたんです」

 それは、ファンに対しても変わらない。川本は目にしている。葛西が、どの大会でも、他の選手が帰っても、ファンの最後の一人にまで握手とサインを怠らないのを。
 
 葛西は、昨年のオリンピック直前に、それまで所属していた企業が倒産する憂き目に遭うのだが、川本社長が葛西の移籍を受け入れたのは、有名ジャンパーという以外に、お世話になる企業のためにそれまでの金髪を黒に染め直し、倒産企業のスキー部全員一緒の移籍を熱望するなど、他者を思いやる葛西の実直さに感銘を受けたからだ。

 ジャンプが葛西を育てたのか? 葛西は、ジャンプから何を学んでいたのだろう?

「どんなに辛くても諦めないことの大切さです。ですから、長野前後の経験は最高の経験でした。あの苦難があり、多くの人に助けられたから、僕は今も飛び続けているんです」

 取材の最後に、葛西はあらためて母を語った。

僕の家は貧しかったんです。お米も近所から借りるほどでした。母さんは、その家を支え、金のかかるジャンプもやらせてくれた。僕にとっては今でも一番の存在です。母さんのために僕は金メダルを取ります

 私は今も、初めて会った取材者に、自分の母親を「母さん」と表現し、その母のために金メダルを取ると述べる素直にただ感銘したのを覚えています。
 
 ソチにも葛西選手は母の手紙を持参するに違いありません。

 頑張れ、葛西!
 
↓ ブログランキングへの応援クリックお願いいたします。



blogram投票ボタン

↓ 拍手もお願いいたします


関連記事
スポンサーサイト
2014/02/03 10:43 未分類 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/291-6440290a
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。