取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
●ソマリア一番の立派な難民キャンプ


 定住プロジェクトの中止を決定付けたマガネイ農民との最後の話し合いの数日前のことだ。

 私は、かつて担当していたマグドール難民キャンプの人々が移住したジャボレ難民キャンプを訪れていた。JVCのジャボレ担当者が、給食センターの運営の仕方を教えて欲しいと要請してきたからだ。マガネイでの話し合いに疲れきっていた頃だ。久々にマグドールの人たちに会えることは、楽しみであった。
 
 ジャボレは遠い。ルークから出かけと、首都モガディシュのJVC宿舎で一泊しなければならない。
 ジャボレに来るのは、第1回難民移送に同行して以来だ。
 誰もが、必要最低限のものしかもたずにここにやってきた。今も、モノ不足のなかで暮らしているのだろうな…。

 ところが、ジャボレに着いて驚いた。

「何だ、ここは!」

 目の前には、立派な土壁の家が林立している。ルークにあるどの難民キャンプの家よりも立派な造りだ。ボロを張り合わせた簡易テントのような小屋で埋まっていた、あの、ソマリア一貧しかったマグドールは、今やソマリア一豊かな難民キャンプへと大変貌を遂げていた。

 一体、どうして…。

 難民キャンプを歩いてほんの1、2分も経てば、あちこちから「カシダ!」と声が飛ぶ。間違いなくここは、元マグドールの人々が住むジャボレである。

●食糧配給で儲ける

 謎はすぐに解けた。食糧配給である。

 私が着いた翌日に難民への食糧配給があったのだが、ジャボレでは、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)ではなく、サウジ赤新月社(Saudi Red Crescent)というサウジアラビアの団体が食糧配給を担当していた。その配給現場を観察した私はぶったまげた。その配給量が中途半端ではないのだ。

 UNHCRが行なっているのと比べると、軽く倍はあるではないか。当然、各家庭は、消費しきれない量をもらうことになるのだが、配給所の真ん前には首都モガディシュからやってきた商人たちの大型トラックがずらりと待機していた。難民はここで食料を売り、金を手にして、欲しいものを手に入れていた。

 こんな収入源で生活が潤っていく現実をマグドール難民の誰が予測しえたであろうか。難民移送前に、食糧配給カードを交換してマグドール難民になりすましてこの地にやってきた人たちはまさに大当たり、この世の春だ。

 マグドールの給食センターで働いていた女性コックの一人、19歳のアルドにも出会った。人を恨むことのない性格で、ややおっちょこちょいの楽天家。誰からも好かれていた。
 
 アルドは、重そうに、だが嬉しそうに配給食糧の入った袋を運んでいた。

「アルド! 元気だった? 重そうだね」

「カシダ、家に寄って。ね」

 アルドの家では家族が私を歓迎してくれた。家の中には、新しいソマリア式のベッド、椅子、食器の数々が揃えられていた。分厚い土壁は外の暑さをみごとに遮断し、乾燥に耐えてきた肌をほっとさせた。

 マグドールでJVCのCHW(地域保健員)をしていたアボーカルも家に招待してくれ歓待してくれた。
 きれいなグラスに甘い紅茶が振舞われた。アボーカルも家族も全員が心から私をもてなしてくれた。
 
 紅茶はおいしかった。新しい家と家具、食器。これはこれでいい。いつまでも貧しいままでいいはずがないのだから。だが・・。

●これでいいはずがない

 難民キャンプで再会する知人たちは「こんなに食糧もらってんだぜえ」とみな嬉しそうだった。私はその笑顔に素直に「よかったな」とは言えない。そんな生活が何年も続いたあとの将来像はルークの難民キャンプで具現化しているからだ。

 人間に必要なのは、働いて食うことだ。

 だが、今、ジャボレでは、働かずに食うことが日常化している。

 マグドールよ、お前もか・・。今まで大切にしていた何かがガラガラと崩される思いに、私はただ寂しいような陰鬱な気分に浸った。

 おそらく、マガネイの難民にしても、最初はこうだったのかもしれない。外からの援助に、純粋に喜び、人として最低限の住居や備品を揃えていったのだろう。だが、換金性のある食糧配給という援助は、徐々に労働意欲を失わせ、難民という特権を振りかざすことで外国人からさらに何かを引き出そうとした。少なからぬ人が、嘘と演技を総動員し、自らの難民という立場を物資獲得のための駆け引きに使っていた。そして、その駆け引きになかなか乗ってこない「ケチ」な外国人――例えばマガネイでの私――には非難の言葉が投げつけられた。

 ジャボレでも、JVCが自立支援のための活動を続けていたのだが、そのためにも、必要十分以上の食糧援助は不要なものでなければならなかった。

 食糧欲しさに大量に紛れ込んでいるであろう非マグドール難民と便乗難民。この人たちの人生はなんのためにあるのだろう? 私にはその価値観を測り知ることができない。

●「NGOがいなくなれば解決する」

 こんな私の愚痴に、ジャボレ在住のソマリア人スタッフはさらりと言ってのけた。

「これがこの国の難民の実態の一面さ。でも、俺は、この状況を解決できる術を知っている」

「何でしょう?」

「国連とかNGOとかがいなくなればいい。遊牧系の人たちは、親戚を頼って何百キロだって移動しちゃうんだから、そこで安住する。援助があるから難民は増えるんだよ」

 以下のような説明だった。

 ここにある難民の家族Aがいるとしよう。家族構成は、父と母、そして5人の子どもの7人。エチオピアから命からがらソマリア国境に辿り着いた。A一家は近くの難民登録所へと出頭し、食糧配給カードを手に入れる。だがここで不思議なことが起こる。難民登録書に出頭した家族は10人に増えているのだ。ともあれ、A一家はそれ以降、毎月10人分の食糧配給を受けることになる。

 種明かしは簡単だ。血縁のネットワークをフルに利用して、親戚から子どもを何人か一日だけ貸してもらうのだ。そして、登録所で訴える――「見てください。私には8人も子どもがいるんです」

 さらに、その数ヵ月後、新しい難民がそこから数十キロ離れた場所に現れた。国と国連が新たな難民登録をするらしい・・。この情報を聞いたA一家は即座に移動を開始する。かくして家族は二枚の食糧配給カードを手にすることになる。
 これは彼の作り話でも何でもなく事実である。遊牧系の難民の多くがこれをやっている。ずうずうしいまでの逞しき生活術である。
 もちろん、農民系の難民や、遊牧系の難民でもすべての家畜を失ったなど、さまざまな理由で本当に困っている人々がいる以上、国際協力は必要である。それはさておいても、「援助が難民を呼ぶ」というこの言葉に、私は、自分たちがここにいることの意味を考え、何とも寂しい気持ちでジャボレをあとにした。

「何だろう、援助って・・」

↓ ブログランキングへの応援クリック2つお願いいたします。



blogram投票ボタン

↓ 拍手もお願いいたします

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/247-9384cc12
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。