取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
寂しさ

 86年11月中旬、あっという間に、新しい難民キャンプ「ジャボレ」への移送を拒まれたマグドールの人々は、親戚などを頼り他のキャンプに散っていった。あるいは、難民と認定されないのを覚悟で、自費でバスを乗り継いでジャボレに行った人もいた。
 ただ、マグドール2には元々正式な難民登録をされていない人が数千人いると言われていたが、その家族なのだろうか、多くの家がバラバラと残っていた。
 こんなところで、どう生きていくのか・・。かける言葉もなかった。

 私は、1週間から10日間ほど宿舎にこもり、マグドールに関する残務事務処理に追われていた。それが一段落した11月下旬、フとマグドール1に行きたくなった。もう給食センターも診療所もないことは分かっている。誰もいないことも分かっている。ただ無性に行きたくなった。

 一人で車を走らせる。ドリアンリーを過ぎ、マガネイに向かう途中で左に曲がって数百メートル。数ヶ月前まで連日、多くの人が訪れていた給食センターと診療所のあった場所。

 高橋さんに連れられ、初めてここに来たときのことを思い出す。あの時と同じ乾いた風が吹いている。あの時と同じように、ガラガラ四角張った石が日光をギラギラと反射させている。給食センター跡にはバラバラと建材のクズが散らばっている。

 人がいないということはなんと寂しいことなのか。例え、諍いがあったとしても、その人たちが皆いなくなってしまったというのはなんと寂しいことなのか。マグドール1の人たちは誰一人いなくなってしまった。難民の人々の小屋があった場所は、そこだけ石のない丸い空間を形作っている。

 一緒に働いてきたスタッフはもうほとんど誰もいない。
 高橋さんは、この年の2月、とうにソマリアを離れ、日本人看護士のIさんは数日前に帰国し、シェーク=アブディはジャボレに転任し、アブディサラムはJVCを辞めていた。RHUのCHWたちはそれぞれの現場に戻っていた。マグドールに住んでいたCHWのアボーカル、ほとんどのセクションリーダー、労働者たちはジャボレに行った。移送トラックに乗れなかった人たちは、政府の決定通り、ルーク地区の他キャンプに移ったり、自費をはたいてバスを乗り継ぎジャボレに行った。

 なぜ、オレは一人ぼっちなのか。思わず、ソマリアで初めて感傷的になった。


●一家族いた!

 そのときだ。誰もいないと思っていたマグドール1にたった一軒だけ小屋が残っているのを見た。空家か? 100メートルほど離れていたが、興味をそそられ吸い寄せられるように歩いて近づくと、私の足音に中から中年の男性が出てくるではないか。

「おー、カシダ!」

 人がいる! そこは6人家族。見ると、ディアコもいる。

「ディアコじゃないか!」

 その5歳くらいの女の子、ディアコはかつて栄養失調で給食センターに通っていたのだ。私は、家の主人に片言のソマリ語で尋ねた。

「どうしたんです、一家族だけで・・。ジャボレには行かなかったのですか?」

「それがな、食糧配給カードをなくしてしまった。ジャボレには行きたくても行けないんだ」

「どうやって生活を?」

「幸い、ニワトリをたくさん飼っているから、それを売ってるんだ。あまり金にはならんけどね。みんながいなくなったから、この広い場所じゃニワトリもエサには困らないよ。ハハ」

 まだ、マグドール1にも人はいた。この殺風景な風景のなかで逞しく生きていた。なによりも、私を覚えている人間がいたという事実に、心がほのぼの温まっていく嬉しさを覚え、私はますます感傷的になった――大丈夫だ、あなたたちを守ってやる。

 私は家族の一人一人と握手して別れた。

 宿舎に帰ると、私はこの事実をソマリア人スタッフに伝えた。みなが驚いた。そしてすぐに協力を申し出てくれた。

 まず、やるべきことは、この家族に、難民の証明書でもある食糧配給券を再発行するように役所に依頼することだ。その翌日か翌々日だったか、ソマリア人スタッフと私とその家族の家長がソマリア政府の出先機関に赴き、再発行を依頼した。その申請の間、家長は静かにイスラム教のお祈りでも唱えているのか、小声で何かをつぶやいていた。
 
 だがダメだった。再発行は拒否された。
 
 翌日、ある考えがひらめいた。当時、JVC農業チームは、第5農場をマグドールのすぐ近くに造成中だった。この家族が、今後、難民としてではないにしても、この地に留まると決めているのであれば、そこの農民になってもらうのはどうだろうか? JVC農場の農民になるには、難民キャンプのセクションリーダーの推薦枠や地主の推薦枠に入る必要があるが、農場の造成工事でよく働いてくれた労働者を農民に推薦する人数枠をJVCももっていた。

 私は農業チームのスタッフのラシッドを呼んだ。

「頼みがある。あの家長を第5農場の労働者にできないかな?」

「それなんだ。じつは、オレも同じことを考えていた」

「じゃ」

「そう。ゆくゆくは彼を農民にしたい。食糧配給も受けずに自力で頑張っている人なら、それくらいはやりたい」

「頼みます」

 果たして、この願いは実現した。造成工事の仕事で極めてまじめに働いた家長は、文句なしに、第5農場の農民に選抜されたのだ。

 保健プロジェクトを始めるとき、私たちは「最後の一人まで責任をもって仕事をしよう」と言い合っていたが、まさか、本当に文字通りの最後の一人とこういう付き合いをするとは予想もしていなかった。

 よかった。ほのぼのとした感覚に私は包まれた。私のマグドール1でのプロジェクトはこうして終わった。

 そして感じていた。

 終わった。ソマリアでの仕事は終わった。あとはいつ帰国するかだ。

 ところが、そうはならなかった。帰国どころか、私はソマリアに来て、絶対にやりたくない仕事をやる破目になる。それこそ精神がボロボロになる寸前まで。

↓ ブログランキングへの応援クリック2つお願いいたします。



blogram投票ボタン

↓ 拍手もお願いいたします
関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/218-e28f0e3c
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。