取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
●7 generations walk

 9月22日(月曜日)に、7 generations walkというグループがJR東海・東京本社で「リニア中央新幹線計画の見直しを求める」要請行動を行いました。

 7 generations walk(7世代ウォーク)とは、「7世代先の子供たちの為に生きよ」というアメリカ先住民の教えから名づけられたもので、要は、「7世代先のことまで考えて、今ある環境や文化を大切にしていこう」を歩きながら訴える運動です。

 7 generations walk(以下、7G)は、今回、沖縄の名護市を出発し、一日30キロを歩きながら、原発問題に揺れる土地などを訪ねながら、東京に立ち寄り、最後はそこからUターンして、11月3日、富士山の山麓でゴールとなりました。

 代表は山田俊尚さん。天台宗の僧侶であります。
 まずは、山田さんがなぜ7G運動を始めるかを簡単に説明します。


●アメリカ先住民の教え

 山田さんは1973年生まれの39歳。実家が東京都江戸川区の「最勝寺」という天台宗のお寺で、山田さんも96年、その総本山である比叡山延暦寺で修行を積みました。
 同時に、山田さんは、世界的に有名な和太鼓グループ「GOCOO」(ごくう)のボーカルでもあります。
 99年、東京都の代々木公園で行われたレインボーパレードというイベントでGOCOOは公演を行いますが、これにいたく感銘したのが、アメリカ先住民のカリスマ的リーダーのデニス=バンクスです。

 デニス=バンクス。

 オジブエ族。1937年生まれなので、現在75歳。
 17歳で米国空軍に入隊し、朝鮮戦争当時の日本に約3年間滞在します。
 そのときに赴任した東京都の米軍立川基地で、デニスは「砂川闘争」を目の当たりにします。当時の砂川町の農民の土地を米軍基地拡大のため接収する計画に、農民も市民も大反対しデモを展開していたのですが、日本政府がこれに警官を大動員して暴力的な排除を行っていたのです。
 デニスは、ここで、自分たちアメリカ先住民も白人により土地を奪われてきた歴史をオーバーラップさせるのですが、それよりも衝撃的だったのが、徹底した非暴力で抗議をする闘う仏教徒団体の「日本山妙法寺」の僧侶たちの存在です。
 彼らはトレードマークとも言える団扇太鼓を打ち鳴らし、平和を祈念し、警官から殴る蹴るの暴力を受けてもなおも非暴力でその場にい続けたのです。

 デニスは日本山妙法寺の行動に心がゆすぶられ、アメリカに帰国後は、白人により接収された先住民の聖地であるアルカトラス島やウーンデッドニーを占拠するなどの行動に出て、世界的に有名になるのですが、その後、1978年に、サンフランシスコからワシントンDCまでを歩いて横断する大陸横断平和行進(Longest Walk = ザ・ロンゲスト・ウオーク)を成功させ、同年より「聖なる走り」(Sacred Run = セイクレッド・ラン)も開始します。

 このセイクレッド・ランは日本でも行われ、日本で始めて核開発が行われた岡山県と鳥取県にまたがる人形峠も走っています。
 そして、2008年には“ロンゲストウォーク2”、2011年に“ロンゲストウォーク3”を実施します。

●日本を歩く

 山田さんは、2000年、デニスに先住民居留区に招待されます。
 アメリカ先住民の有名な儀式に「サン・ダンス」があります。これは、4日間、水さえも飲まない断食をしながら、日の出ている日中にひたすら「太陽の踊り」を踊り続けるというもので、山田さんはこの儀式の歌手として呼ばれたのです(のちにサンダンスの踊り手にもなる)。

 以後、ほぼ毎年のように渡米している山田さんは、上記ロンゲストウォーク2(08年)にも参加するのですが、このときにデニスから「日本でもこういった精神的なウォークが必要になる。やってみてはどうか」と打診されたことから、09年に「大阪の箕面の滝」から「東京都の高尾山」まで700キロを歩きます。
 箕面の滝は、トンネル工事の影響で水が枯れ、その後、年3000万円の予算でくみ上げた水を代わりに流しているという滝です。
 そして、高尾山もトンネル工事がされようとしていて、水枯れが心配されていました。
 これが、7Gの第一回目のウォークです。
 
 ちなみに、ウォークは誰が参加してもよく、途中から参加してもいいし、途中で抜けてもかまいません。一日だけの参加でもOK。

 そして翌年の10年にも、春と秋に2回のウォークを実施したのですが、5月25~27日に滞在したのが、リニア中央新幹線が通ると予測されている「大鹿村」でした。
 山田さんはそのときは「変な計画だなあ」とは思っていましたが、政府が計画を承認していなかったこともあり、それほど実感をもっていませんでした。
 ところが、翌年の11年5月、東日本大震災のドサクサにまぎれるように、国交省はこの計画にゴーサインを出します。

 天然の水瓶とも言われる南アルプスに史上初めて長大なトンネルが掘られる。山田さんは絶対にこの計画を止めると決めました。
「ちょっと調べれば、誰がどう見ても変な計画ですから」

●JR東海

 そして今回の7Gウォークは、3月11日に沖縄県名護市をスタート。
 以後の過程はここでは省略しますが、

 9月21日、山田さんたちは、名古屋のJR東海本社の「中央新幹線推進本部環境室」に、計画見直しを求める嘆願書を手渡し、対話を実現します。
 JR東海の説明は、いつもと同じですが、リニアを作る目的は

★今の新幹線が老朽化しているのでメンテナンスが必要
★地震対策

 ということです。これに対して、山田さんたちは、

★それならば、皆で申し合わせて、メンテナンスや地震対策工事の間、新幹線が止まっていても、なんとか皆で工夫してやりくりするように協力します。
★その目的を達成する為ならば、わざわざ自然を破壊してまでリニアを作るだけが方法ではない。
★リニアを作らないで、目的を達成するために私達も協力できる。

 との要請を「心から愛をもって」伝えたとのことです。

 そして1ヵ月後の10月22日、7Gは、リニアの発着駅と計画されている東京の品川駅にやってきます。
 ここには、2010年に大鹿で出会った若者たちも来ていました。

 こういうウォークは、7Gほどの長距離ではないにせよ、一日だけのイベントなどではけっこうありますが、私がちょっとついていけないのは「みんなが一緒に歩いた。世の中が変わるぞ」と思い込んでしまうことです。
 しかし、当たり前の話ですが、どんな願いで歩いたって走ったって、世の中は変わりません。
 変わるのは、そこに行動が伴う場合です。

 7Gはこれをやっているのです。
 歩きながら、住民と対話するのはもちろんですが、各地でイベントを打ち、こうして、相手に対して直接物申していく。

 リニアに反対する人や慎重意見を持つ人は増えていはいますが、ではどれだけ多くの人がJR東海に直接に意見をぶつけているかと言えば、それほど多くはないのが現実です。

 しかも、山田さんは「リニアはこれっきりの活動ではなく、今後もずっと関わっていく」と表明しています。

 と、ここまで書いたところで、私に睡魔が・・。

 この続き(7GとJR東海の話し合い)の概要はまた明日にさせてください。


↓ ブログランキングへの応援クリック2つお願いいたします。



blogram投票ボタン

↓ 拍手もお願いいたします
関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/198-88ac37a3
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。