取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)


 このブログにも書いてきましたが、㈱ターベルモーノが事実上倒産しました。
 
 事実上・・というのは、実際の破産手続きが始まるのが2月からだからです。

 私は同社の件を、1月20日発売の週刊金曜日で書き、さらに、来週1月31日発売のAERAにも書く予定です。
 ㈱ターベルモーノは既に電話が通じないため、顧問弁護士を通じて、野口博明社長からのコメントを入手していますが、その文書そのものはこのブログで公開しないことは弁護士と約束しているため、ここで公開はしません。

 とはいえ、その概要はAERAにも掲載しますし、ここでもかいつまんで説明したいと思います。


●まず何が事実なのか?
 
 本当は野口社長と直接お会いして、話し合えば先方の言い分は1時間もあればわかるのですが、いかんせん、文書で、しかも弁護士経由なので、なかなか言い分のすべては把握できません。
 まずは、ここでは、誰も疑念のはさみようのない事実、もしくは、事実と認定してもいいであろう事項を整理してみます。

 私が驚いたのが、12月21日、つまり、㈱ターベルモーノが事業停止した12月19日のあとでも、同社の屋号であった「築地野口屋」の旗を立てたリヤカーを引いている若者を見かけたことです。

 私は、顧客との前々からの約束を守ろうと品物を届けに行くのかなと思っていました。しかし、そうではなかったのです。

 これは別会社のリヤカーでした。その社名こそ、㈱ターベルモーノの屋号をそのまま社名にした「㈱築地野口屋」。

 こういうことです。昨年10月、野口社長がF社に「野口屋の商標(マーク)を使ってもいいので、引き売り業をやらないかと」と話をもちかけ、F社は12月1日に社名を「㈱築地野口屋」に変更。
(もしくは、野口社長がF社から「商標を使わせて引き売り業をさせてくれないか」と話を持ちかけられたとの反対の情報もある)

 ㈱ターベルモーノは最盛期には50以上の倉庫(引き売り士が商品をリヤカーに詰めて出発し、帰ってくる場所)
がありましたが、先日会った引き売りの若者が「今現在、倉庫の数は約10.引き売り士は約50人」と言うように、㈱築地野口屋は小さい規模で始まりました。

 いずれにせよ、12月1日から18日までは、㈱ターベルモーノと㈱築地野口屋が、どちらも「築地野口屋」の旗を立てて引き売りをしていたことになります。この㈱築地野口屋の社長に就任したのが、㈱ターベルモーノの副社長だったT氏です。従業員も㈱ターベルモーノから引き抜いた人たちです。

 私は、なぜこのような動きになるのかが掴みきれていませんが、ともあれ、㈱ターベルモーノは19日に事実上の倒産。

 そして22日に破産手続きに向けた従業員への説明会が開催されたのですが、200人は入る会場が賃金未払いを求める引き売り士や倉庫作業員、運転手などでいっぱいになりました。
 破産手続きが2月からですから、実際の賃金未払いが何人の従業員に発生していて、その総額はいくらか、はたまた、倉庫の家賃の滞納、原料の卸業者への支払い滞納などの総額の計算はそれからです。


●従業員の不満

 そして3月頃に破産管財人が決まり、ようやくどうやって未払い賃金を払うかの方策が決まっていきますが、説明会場で配布された資料を見て、従業員がびっくりしたことがあります。それは

 債権者集会の開催は「2012年の夏か秋」と書かれているからです。私でなくても、あまりにも遅いと思います。

 なぜ賃金未払いが起こったのか? 弁護士経由での私のこの質問に野口社長ははっきりとした回答は寄こしませんでした。ただ事業停止の直前まで金策には走り回っていたと。

 ただ、私が会った従業員の全員が口にするのは「㈱築地野口屋は㈱ターベルモーノからリヤカーや備品などを買い取っている。そのお金はどこに行ったのか?」ということです。

 これは推測ですが、おそらく会社とすれば、順番とつけるとすれば、原料を卸す会社や倉庫の大家などへの支払いが先で、従業員の支払いを後回しにしているのかもしれません。

 ともあれ、従業員の人たちの不満は「㈱築地野口屋は、同じ事業、同じ従業員なのに、社名が違うので、未払い賃金を請求することができない」ことです。

 また、従業員が事業停止を知ったのは、前日の12月18日夕方の会社からのメール配信でです。つまり、年末というお金が必要な時期において、ある人は賃金が何ヶ月も未払いのままに、突然無職にされたのです。
「会社が危ないのはもう何ヶ月も前から分かっていたはず。なぜもっと早く教えてくれないのか」
 これも強い不満です。


●こんな情報も

 一方で、こんな情報もあります。まだ情報発信者に直接会っていないので、ジャーナリストとしては「事実だ」と、現時点での認定できないのが苦しいところですが、㈱ターベルモーノの商品製造工場(静岡県の大川工場)に勤務していた方(仮にAさん)が説明会場で配っていた文書の内容は憤りに満ちています。

 事業停止のわずか2日前の12月17日、大川工場から工場の機械がすべて持ち去られたというのです。Aさんの問いかけに、機械を持ち去る人たちは「新しい機械を入れ替えるので」と返答したそうですが、今となればウソだったわけです。それ以前も、社長を初め会社の幹部が見知らぬ人たちとともに何度も大川工場を訪れていたので「ヘンだなあ」と思ってはいたそうですが、そういうことだとは夢にも思わなかったことでしょう。

 この機械はどこに行ったのか? 説明会場で誰かがこれを質問すると、社長は「茨城県のMという会社」と回答しています。
 
 ところが、このM社は、ある従業員によると「ホームページ上の住所はウソで会社の登記もとれない。しかも、社長には㈱ターベルモーノの幹部が納まっているとの噂もある」。
 私はこの情報を、本当だともウソだともいえません。ただ調べてはみたいです。
 そして、この機械の売り上げもどこにいったのかも。
 いずれにせよ、㈱築地野口屋は今、このM社からも製品を仕入れています。あと弁護士が言うには千葉県にも工場があるとのことですが、どこなのかの回答はありませんでした。

 ちなみに、Aさん、未払い賃金が70万円もあったそうです。


●最悪のシナリオ

 未払い賃金のある従業員に、いったいいくらの金が入るのか? もし払える金があるのなら、前々から支払いに遅滞もないわけだから、全額とはいかないでしょう。
 そして、関係者が一番怖れるのが、破産手続きにおける「同時廃止」です。

 同時廃止とは、本当に会社に金がないために、破産手続開始決定と同時に、破産管財人を選任することなく破産手続きを終了することです。つまり、債権者への支払いはゼロ。

 こうはならないことを祈っています。


●社員教育はあったのか?

元・㈱ターベルモーノのフランチャイズ従業員で、埼玉県で3つの倉庫を任されるまでに力量のあった堀川勝也さんは2年前に同社を退職しています。その運営方針にどうしても同意できなかったからです。

「一言で言えば、社員教育がない会社でした。社会のことを何もわからないアルバイトの若者に対して、研修はたった一日ですよ。2日目からはすべてを自分でやるしかない。だから、自分の引き売りルートで何がいくつ売れるかを予想して本社への発注も、販売も自分でやる。ただ、引き売ればいい話じゃなくて、お客さんと会ったら、リヤカーを止める位置、お客さんと正対する位置、商品の値段や料理の方法の提供、適度な発注の仕方なども事前に学んでおく必要があるのに、誰もそんなことは教えなかった」

 私も複数の従業員から「一部にこんな従業員がいた」と、以下のような話を聞いたことがあります。

 ★一度売れたからといって、お客の家の前で、その人が出てくるまでずっとラッパを吹き続ける従業員がいる。
 ★売り上げを上げようと、必要以上に商品を発注する従業員がいる。売れ残ったら、翌日や翌々日に同じ商品を積むことになっている従業員の買取りが増える。
 ★連絡もなく突然来なくなる従業員もいた。

 もともとの本人の資質も関係あると思いますが、同社がそういう社員をどう育ててきたのかはちょっと確認したいところです。

 じつは、堀川さんは、ターベルモーノと同じ仕事を埼玉県浦和市を中心に10年末に立ち上げ「十勝っこ」という屋号で引き売りを始めています。
、現在、4人のアルバイト従業員を抱えていますが(全員、元ターベルモーノの従業員)、堀川さんは、今後未経験のアルバイトが入ったら、少なくとも1ヶ月は研修を実施したいといいます。
「そうでないと、本当に地域に愛される引き売り士にはなれませんから」

 ターベルモーノに研修が一日しかなかったというのは、どの元従業員に聞いても共通する話です。


 続きはまた明日。


↓ ブログランキングへの応援クリックお願いいたします。



blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/19 16:09   [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/08 02:53   [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/11/27 20:24   [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/123-679082de
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。