取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)


●開拓者たち

 1月の毎週日曜日に放映されていたNHKの4回連続ドラマ「開拓者たち」は見ごたえのある番組でした。
 昭和8年(1935年)から旧満州国(現・中国東北部)の千振(ちぶり)に日本から入植した人たちは一家族20haというとてつもなく広い土地を与えられ、開拓をし、豊かな実りを手にしていたのですが、1945年8月9日に運命が変わります。
 突然のソ連軍の参戦で、男性は徴兵されるのですが、敗戦と同時にシベリア送り。
 また、残された女性、子ども、高齢者は、避難用列車に置き去りにされ徒歩で逃避行を始め、ある人は死に、ある人は子どもに死なれ、みなが傷つきながら帰国するわけです。
 ところが、一度捨てた日本に暖かな故郷はなく邪魔者扱いされるだけ。
 そんなときに、千振の開拓団の団長から「日本で新しい千振を作ろう」との呼びかけがあり、今の栃木県那須町に、満州の千振で開拓をしていた人たちが集まり、その名も千振という名の集落を作り、竹だらけの酸性の強いひどい土地を凄まじい開墾で開き、今の酪農王国を作り上げた・・という実話に基づいたドラマでした。ドラマのところどころで、満州の千振と現在の千振の両方を経験している高齢者の証言も紹介され、とても心に残る作品となりました。


●平和祈念展示資料館

 じつは、那須の千振はいつか取材をしたいなと思っていた場所でした。

 東京の電車に乗っていれば、ときどき、「平和祈念展示資料館」の広告を目にすることがあります。あの「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんのイラストでの宣伝です。
 ここは新宿駅近くの「新宿住友ビル」の48階にあるのですが、満州などからの「引き揚げコーナー」、シベリアへの「強制抑留コーナー」、「恩給欠格者コーナー」などの展示があり、入場は無料。

 一昨年だったか、ここを訪れてみました。あれだけの展示や記録映画をタダで見られるのは、行かねば損と思いますが、この資料館でタダで配布されているのが「遥かなる紅い夕陽」という、満州からの引き揚げを描いたマンガ本です。

遥かなる紅い夕陽



 このマンガが千振をテーマにしているのです。
 作者は漫画家の森田拳次氏。私たちが子どもの頃は「丸出だめ夫」や「ロボタン」などのギャグマンガを連発していました。

 「遥かなる紅い夕陽」のストーリーは、突然のソ連参戦で家族が散り散りになるまではドラマと同じですが、ドラマが列車に置き去りにされて徒歩で逃避行を始めたのに対し、マンガでは列車の移動。ただし、壁だけあって屋根のない列車なので雨が降れば身を隠す場所もなく、子どもを死なす。はたまた、壁すらもない「まないた列車」では振り落とされる人が続出。そして、列車ゆえの悲劇は、行く手を匪賊が待ち構え避難民の所持品を一切合財もっていくことです。
 避難民の収容所についても、ソ連兵が女性を陵辱する、略奪する、妊婦の腹を蹴るなどの暴行が展開される。

 そして戻った日本で数年後、主人公の女性はシベリアから帰ってきた夫と再開し、その後、千振の仲間が再び、日本に千振を作ろうと那須に結集する。

 夫が「また苦労をかけるが、それでもいいのか?」と問うと、妻は「親子三人で暮らせるなら苦労なんかじゃないわ。私たちは何度でも立ち上がれる。親子三人でならきっと大丈夫。開拓は終わらないわ」と答えるのです。

 妻の逞しさもそうですが、一つの地区で一緒に働いていた人たちが、時間を経て、劣悪な土地でも再び結集するというその事実に、「そんな日本人たちがいたんだ」と深い関心を抱いたのです。

 ドラマを見た後、あらためて「遥かなる紅い夕陽」を読んでみましたが、ラストシーンでは涙が溢れてきます。

 マンガの主人公の女性は、森田氏の母がモデルとも伝えられています。実際、森田氏は生後3ヶ月で満州に渡り、7歳のときにソ連軍の参戦により逃避行を経験しているのです。


●「中国引揚げ漫画家の会

 その森田氏は、1995年の戦後50年に「中国引揚げ漫画家の会」を設立。
 じつは、引き揚げを経験している漫画家はけっこういて、この会は、「天才バカボン」の赤塚不二夫、「あしたのジョー」のちばてつや、「釣りバカ日誌」の北見けんいち、「総務部総務課山口六平太」の高井研一郎、「ダメおやじ」の古谷三敏など10人が設立メンバーです。

 赤塚不二夫氏とちばてつや氏は同じ小学校に通っていたそうです。
 
 この10人のマンガも平和祈念展示資料館で見られるかもしれませんが、その活動で印象深いのが、2009年、日本軍が大量虐殺を行ったあの南京において、「私の八月十五日展」なる日本人の戦争体験を表現するマンガの展示会を開催したことです。

 これはハタから聞くと、あちこちから石が飛んでくるのではないかと思わせる企画です。なにせ、あの日本軍の蛮行を展示している資料館です。だが、石や卵を覚悟していた森田氏にとっても驚いたのが、初日だけで2万人が訪れ、3ヶ月の予定が11カ月に延長され、500万人もが来訪したことです。
 日本人もそれなりに戦争で苦しんだのだということを理解してもらった、いい催しになったのです。

 政府ができないことが、やはりこうした民間人の熱意ではできることの見本ですね。


●中国への誤解
 残念ながら、現在の中国はあまりいいイメージで日本に伝えられていません。「技術のパクリ」「環境汚染」「拝金主義」等々。それは私も好きではありません。
 ただ、満州からの逃避行でもそうですが、飢え死にさせるよりはと子どもを中国人に預けた人もいれば、親とはぐれたところを中国人に保護された人もいます。
 それら中国の養父母は、その多くは、「鬼である日本人」の子どもに愛情を注ぎ、周りから何を言われようと立派に育てたのです。
 私たちは、こういう中国人が大勢いた、いや今もいるであろうことを忘れてはならないと思っています。


↓ ブログランキングへの応援クリックお願いいたします。



blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
2012/01/28 22:53 戦争 TB(0) コメント(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/06/17 12:37   [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/122-486f8119
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。