取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)


●日本で唯一アスベスト不使用の屋根会社

 11月7日発売の「週刊プレイボーイ」に、東北の被災地での、瓦礫に潜むアスベストの危険性についての記事を出しました。
 取材で主に滞在していたのが、宮城県石巻市です。
 今回の地震と津波は青森県から千葉県までの太平洋沿岸に甚大な被害をもたらしましたが、そのなかでも、死者数、行方不明者数、建物の倒壊が最も多かった自治体は石巻市です。
 瓦礫に関しても、岩手県、宮城県、福島県の3県で2300万トン以上も発生した瓦礫のうち、石巻市だけで600万トン強も発生しています。

 つまり、石巻市は今回の被災地の中でも、もっともアスベストによる健康被害が懸念される場所ではないか・・と思っていました。
 しかし取材前、私の推測だけではなく、専門的立場からそれを懸念する人がいないかを探していたのですが、思わぬところからその人物が紹介されました。

 私は、岩手県の岩手大学(教育学部)の出身です。入学から3年間は学生寮に入っていたのですが、そこで仲良くしていた友人I君は、卒業後に故郷の宮城県に戻り、宮城県庁に就職しました。そして今、県庁の東部事務所(石巻市)に勤務していたので、「これこれこういう取材に行くので会いたいね」と連絡したら、彼から「だったら、橋屋根工業の橋悌太郎社長に会えばいい。アスベスト問題にとても熱心だ」との紹介を受けたのです。
 それが取材の数日前。すぐに橋屋根工業に連絡を入れると、幸いにも石巻市で会っていただけることになりました。

 石巻市という被災地において出会った高橋社長には深い感銘を受けました。

 まず、社長曰く「橋屋根工業は、日本で唯一、屋根材にアスベストを使わない会社です」。
 これは記事にも書いたことですが、かつて、社長の知人たちがアスベストを使う工事に従事したことから肺がんや中皮腫を発症したことで、「絶対に使うまい」と決めていたのです。
 こういう会社にこのタイミングで出会うとは。まさに取材は生き物です。

 では逆に言えば、ほとんどの会社がアスベストを使っていたということは、アスベストはそれだけ使い勝手が良かったということか? と質問すると

「その通りです。熱にも強い、どんな形に曲げても折れない。加工のしやすさでは一番だったのでしょう」

 さて、橋社長には信念があります。それは、屋根瓦の信頼を回復したいということです。
 私が大学一年生のとき、「宮城県沖地震」という、岩手県でも震度5を記録した大きな地震がありました。また数年前には岩手県内陸地震もありました。岩手と宮城は地震の多発地帯なのですが、大きな地震のたびに、屋根瓦が落ち、「瓦は地震に弱い」との指摘を受けてきました。
 橋社長は一念発起。詳しい経緯は省略しますが、ついに、縦方向、横方向、円運動のどの方向に揺らしても、落ちることのない屋根瓦を開発したのです。

 そしてもう一つの信念は、自分はアスベストを使わない、同時にアスベストを安全に回収する、というものです。

 つまり、旧い建物を解体するときに、丁寧に解体をしないと、アスベストは容易に飛散してしまいます。たとえば、アスベスト使用の建材から釘を一本抜いただけで2万本のアスベスト繊維が飛び散ります。

 そこで、橋社長は、志を同じにする会社とともに、2010年7月、石巻地域産学官グループ交流会に所属する6社と、アスベスト飛散防止技術普及のための「合同会社 宮城県SS管理委員会」を設立。
 そして同社は、まさに震災と津波の直前に、「シールドサクション工法」という、解体時にアスベストを屋根から飛散させないシステムを開発するのです。
 少しだけ簡単に書けば、専用工具と特殊な掃除機で、釘、飛散アスベスト、釘、破砕片などを吸引する工法です。

 現在の6社から、参加企業が10社以上になったら「全国会議を行いたい。そして広めたい」と橋社長は語ります。

 これだけポリシーのある社長だからこそ、今回の震災直後に即座に動いたのです。つまり、市長、市議会などに「アスベストの徹底分別。作業員や市民へのアスベスト用マスクの配布。アスベスト濃度の測定など」を訴えました、これには、早稲田大学の教員も3人ほどが「ボランティアでいいので濃度測定などを引き受ける」との裏書も添えられていました。
 だが残念ながら、これら要請は「なしのつぶて」。

 さらに、大分県の業者で、アスベストの先端の針状の形状を「丸状」に変える、つまり、体内に吸い込んでもアスベスト繊維が肺に刺さらないような技術をもっているところがあるのですが、橋社長は、こういう業者とチームを組んで、瓦礫のアスベストを安全なものに変えるべきだとも訴えました。しかし、これも「なしのつぶて」です。

 橋社長は、社員には「絶対に被災現場には不用意に近づくな」と警告しています。確かに、被災地のアスベストへの関心度は、放射能と比べたら雲泥の差があります。
 瓦礫の仮置き場を警備する警備員も、その近くを通る住民も、ほとんどが「風邪用マスク」か「マスクなし」です。数千円もするアスベスト用のマスクの着用例はほぼ皆無です。

 もし、石巻市が橋社長の忠告に耳を傾け、きちんとしたアスベスト対策をしていたなら・・。

 先日、東京都が岩手県と宮城県からの瓦礫の受け入れを開始しました。石原都知事は「放射能はない」と言います。ないかもしれません。
 しかし、アスベストは確実に存在します。
 アスベスト繊維は、髪の毛の5000分の1という細さです。

 今回の瓦礫は、可燃物は「焼却」、不燃物は「埋め立て」、資源ごみは「リサイクル」されますが、焼却しても、焼却炉のフィルターしだいでは、アスベストはそこをすり抜け地域に散らばります。また、コンクリートのガラなどは破砕してリサイクルされますが、たとえば、人工的に作った砂利「再生砕石」などが駐車場に使われるのは最悪のパターンです

。なぜなら、車が通るたびに再生砕石は砕かれ、無数のアスベストが飛散するからです。

 放射線ばかりに関心を取られているうちに、アスベストへの関心は高まらず、結果として、誰かが数十年後に肺がんや中皮腫を発症するのかもしれません。

 私たちの無関心、国の無策、住民の声に耳を傾けない自治体。それらが複合的に絡み合い、アスベスト対策を今がけっぷちにまで追い込んでいます

 しかし、まだ崖下には落ちていません。今、被災地の瓦礫の山は「一次仮置き場」と呼ばれていて、いわば、どんなゴミを積んでもいいわけですが、これが年内、もしくは年度内には、「可燃」「不燃」「タイヤ」「資源」などに分別されて、それぞれが「二次仮置き場」へと移動されます。
 このときに、時間をかけてもいいので(かけなければならない)、徹底してアスベスト建材の分別ができるかどうかです。もちろん、微細な繊維が無数に紛れ込んでいるところは仕方がないといえば仕方がないですが、専門家が見て、まだは際されていないアスベスト建材があれば、徹底して分別すべきです。

 石巻市や国は、今からでも橋社長の訴えに耳を傾けて欲しいと願います。

↓ ブログランキングへの応援クリックお願いいたします。




blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト
2011/11/11 16:03 東日本大震災 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/tb.php/103-18363872
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。