FC2ブログ
取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る
40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)




●女子高生が日本を変える!

 社会問題、環境問題取材のためいろいろな現場に行くが、住民運動でも、市民運動でも、それに関わる若い人は本当に少ない。ダムで故郷が水没するかもしれないのに、いつかは町の家々が立ち退かされるかもしれないのに、地元の水源が枯れるかもしれないのに、まるで知らないかのように行動しない。
 それでも以前と比べたら増えた。
 気候変動や戦争法案などへの反対運動やデモへの参加、性暴力の根絶を訴えるフラワーデモの主催など、若い人は増えた。最近では、「入管問題」に関心を寄せる若い人がとても多い。収容施設への面会も繰り返すし、差し入れもするし、デモにも参加するし、発信もする。自分の問題ではないことでも「社会の問題」だとして参加する若者たちの行動は頼もしい。

 さて、私が個人的に「この子はすごい」と感じた高校生は過去に何人かいる。例えば、

1.地域の騒音問題を解決した女子高校生。
 学校からの騒音(主にクラブ活動)への周辺地域の苦情は全国各地になる。だがこれを「まずは互いにコミュニケーションを取ること」と、柳原真由さんは、高校生と近隣住民とが定期的に話し合う協議会を設置し、信頼関係を構築することで騒音問題を解決した。 記事はこちら。


2.アデランスを動かした女子高生
 北海道の帯広三条高校の放送局は、2014年の第61回NHK杯全国高校放送コンテストのテレビドキュメント部門で、「髪の絆」が優秀賞を受賞。
 白血病などで髪の毛を失った子供たちのため、31センチ以上の髪の毛を寄付する「ヘア・ドネーション」運動を扱ったドキュメントだ。これら頭髪は、NPO法人「JHD&C」(ジャーダック)が集め、ウイッグを製造し、18歳以下の子どもたちに無償提供するのだが、この作品を監督した荒麻菜絵さん(当時3年生)が「ヘア・ドネーション」という行動があることを地元の美容室で知ったことで、取材を開始。JHD&Cのある大阪市、そして、あの「アデランス」も取材。すると、荒さんの取材に感銘を受けたアデランスは「JHD&C」との提携を始めた。荒さんはその後公立大学に進学したが、自らも髪を伸ばし、2回ほどヘア・ドネーションを行っている。
 ブログ記事はこちら。

3.異文化を理解しよう。「りな」さんの活動
 つい先日知り合った女子高生。本日は、これをちょっと詳しく書く。
 「りな」さんは都内の高校3年生。昨年秋、アメリカに留学したのだが、それまでは政治にも社会問題にも関心を持つことがない、どこにでもいる女の子だった。
 だが、アメリカで意識が変わる。
 アメリカでは、当然ではあるが、学校やクラスの生徒にはさまざまな人種がいる。誰かと誰かが違うのは当たり前。そして、それら若者が社会問題や政治について話をしても普通のこと。一般市民でも、最近の白人警官の黒人射殺後のデモに見られるように、自分が被害者や当事者でなくても、意見を表明したり行動するのも当たり前。
 
 りなさんは、これら「当たり前」の毎日を過ごしていたが、コロナ禍により予定より早く今年3月下旬に帰国した。
 そして、りなさんを変えるきっかけはその翌月に訪れる。

 りなさんの自宅は東京都の品川駅の近くにある。ある日、自宅で、品川にある東京入管(出入国在留管理局)に向けての市民運動が様々なアピールをしながらデモをするのを耳にした。
 りなさんは、「入管って何が問題なの?」とまずはインターネットでその問題を調べ、次いで入管問題を扱う市民団体に入り、東京入管でこれまで4,5回の被収容者への面会を重ねている。
 入管問題の深刻さに、りなさんは「日本でこんなことが起こっているとは」と驚き、それを多くの人が知らないことにも驚いた。

 さらに、東京の高校に復学すると、アメリカでは当たり前だった社会問題や政治の話をすると、友だちは「へ~」と言うだけで引いていった。入管問題も理解される以前に、話ができない。今、高校でそういうことを話せる友だちは一人もいないという。
 入管問題にしても、難民申請をしただけの人が世間では「不法滞在者だろ」だけの評価しか受けず、その背景に誰も思いを寄せない。

 異質なものを受け入れず、理解しようともしない日本社会。どうすれば、「ちがう」ことが身の回りにあることが当たり前になるのか。りなさんは考えた。

「みんな社会問題に無関心だけど、それ以前に『知らない』ことがもっと大きい問題です。知れば、絶対に変わるはず。ではどう理解してもらうのか」
 
 だが、若者に大上段で「社会問題が」「政治が」「入管が」「異文化が」と言っても通じない。どうすればいい。
 ある日、りなさんの頭に「これだ」との構想が浮かんだ。そして、わずか一日でウエブ・メディア「GRADECO」(グラデコ)を作成した

 グラデコとは、エスペラント語で「グラデーション」を意味する。
 グラデコが目指すのは、「異文化を理解する」ことで「ちがいがポジティブに享受される社会」だ。

 とはいえ、サイトを開設しただけでは世の中は変わらない。そこで、実際の「ちがい」を実感するために実践しているのが、東京都内に住む外国人が経営するレストランで食事を楽しみながらのインタビュー(イスラエル、チュニジア、ミンスク等々)、メイクアップを通じての異文化理解を実践する人へのインタビュー、2ヶ月ごとに国を変えて世界各地の朝ごはんを提供するレストランへの取材など、「とにかく敷居の低い、誰もが参加しやすい活動」だ。
 実際、そのブログを読んでも、私も関心惹かれる事例ばかりだ。

 これを17歳の高校生が一人で始めた。
 今、グラデコのメンバーは10数人にまで増えているが、随時新しいメンバーを募集中とのこと。
 なお、りなさんは入管問題を調べるうちに、「入管問題 ジャーナリスト」で検索して私にたどり着いたという。ここで書いたことも、数日前にりなさんからの取材を受けたときに聞いたことだ。数あるジャーナリストのなかでも私に連絡してくれたことを感謝する。
 それにしても、数年後には、りなさんには追い抜かれるな、こりゃ。

取材費カンパのお願い

となりの難民
←入管問題に長年関わっている織田朝日さんの著書。足元の難民問題を平易な形で著した日本初の本。

月刊「世界」12月号
← 月刊「世界」12月号。ここに私の書いた入管問題のルポ。そして、仮放免者3組による座談会をまとめた記録を掲載しました。他の著者の原稿も熱いです。保存版の一冊だと断言しておきます。

リニア新幹線が不可能な7つの理由


↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします
スポンサーサイト



2020/08/31 15:37 人権 TB(0) コメント(0)
取材のカンパをお願いいたします
 ここ数年、この場を借りて、広範囲な取材が必要となるリニア中央新幹線の取材についての、取材費カンパをお願いしてきました。お陰様で取材費の一部を賄うことが可能になっております。本当にありがとうございます。  しかしここにきて、新たに「入管問題」という、これまた取材時間と費用は掛かるけれど、ほとんど儲からない、だけど伝えなければならない事案と2年前から関わるようになりました。当初は、リニアの取材費だけでもお願いするのは申し訳なかったのですが、入管問題も長年の勝負になると決めてから、背に腹は代えられない以上はと、こちらの事案についてもご支援を呼びかけさせていただくことになりました。リニアでも入管問題でも、ご支援者には、記事の案内やデータ送付、はたまた単行本の送付などをさせていただきます。私の銀行口座は「みずほ銀行・虎ノ門支店・普通口座・1502881」です。私と面識のない方は、お礼をしたいので、ご支援の際に、できればお名前を連絡先を教えていただければ幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  樫田拝
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
私が原発を止めた理由
3.11以後の原発裁判において、初めて運転差し止めを命じた判決を出した裁判長が、退官後の今、なぜあの判決を出したのか、なぜほかの裁判では住民は敗訴するのかを説明している。
超電導リニアの不都合な真実
リニア中央新幹線の問題点を『技術的』な側面から、極めて客観的に情報を分析しその発信に努め、リニアの実現性には課題ありと論じている。難しい専門用語を極力排し、読み易さにもこだわった良書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。