FC2ブログ
取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る
40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)





●岩波書店の月刊「世界」に記事掲載予告
 11月8日。岩波書店の月刊「世界」に入管問題について私が書いたルポ(約1万字)と、仮放免者3組による座談会をまとめた原稿(約1万字)を掲載予定です。
 そのルポのなかでは、今年3月まで入管職員だった木下洋一さんについても書いていますが、ここでは、それを簡潔にしたものを「世界」の宣伝として紹介します。

●入管を辞めた
 2019年3月末、木下さん(52)は18年間勤務した入管を辞めた。その常軌を逸した行政処分にこれ以上携われないと思ったからだ。元々は「適職だ」と思った入管だったが、気づいたら冷たい組織へと変わっていた。

木下洋一さん その1


1 適職だった
 木下さんは2001年、入管に入職。「実態調査部」では、在留外国人が偽装結婚や偽装就労をしていないかを、登録家屋や社屋に赴き確認し、2003年には羽田空港での上陸審査に異動し、観光客を装い日本で働こうとする外国人の入国を拒否してきた。同僚の中でも厳しくやる方で「使命感を覚えていた」。

2 違和感 子どもへの強制送還
 だが2006年、横浜審判部門に異動してから「価値観が変わった」。直接のきっかけは、不法滞在一家を強制送還させた時、そこに息子と同い年くらいの10歳の少年がいたこと。少年は、日本で生まれ育ち、父の本国も知らず、日本語しか話さない。子ども巻き込むような処分が必要なのかと疑問を抱いた。

3 仕事への疑問 入籍期間の長い外国人を収容
2009年に他部署に異動したが、2016年、統括審査官として横浜審判部門に戻ると、決定的な違和感を覚える。
たとえば、以前は、偽装結婚でない限り、日本人と結婚した外国人には、婚姻期間の長短に関わらずに在留資格を付与したのに、戻ってくると、婚姻期間が長くても、子どもがいても、「付与しない」体質へと変貌していたからだ。
実際、木下さん自身もその仕事をした。ある日、上の決定通りに、ある外国人夫に「在留特別許可は出ない。退去強制令書(送還命令)を出します」と告げた。次の瞬間にその夫は収容された。
 日本人妻は「間違っています! 子どもが大学に入ったばかりで、夫が送還されたら生きていけません! 私たちの結婚を引き裂くのはあんまりです!」と訴えた。

木下洋一さんの論文←木下さんの修士論文

 表面は平静を装いながらも、木下さんもそう思った。そして、自身が覚えた「この制度は間違っているか?」の疑問を検証するため、在職しながら大学院修士課程に入学して法学を学ぶ。その結果、「広範な裁量権をもつ入管は,その裁量権をコントロールできない。また,すべての手続きを入管だけで行い,裁判所や第三者機関が一切関与しないため,チェック機能も存在しない。入管行政がブラックボックス化するのは必然」と確信し、入管制度を改めるべく、今年3月末に入管を退職し、「入管問題救援センター」を立ち上げた。一般市民向けにセミナーなどを開催予定で、11月19日と26日、セミナーが開催される。詳しくは、このサイトを参照のこと。

4 入管職員も苦しい。国を動かす
 一方、木下さんは入管の存在は否定しない。実際に不法就労や違法行為目的の外国人がいる以上、必要な組織だからだ。
しかし今の体制では「被収容者も苦しむし、その仕事に携わる職員も苦しい。誰にも何のメリットもない。このままでは信頼を失う」。
 木下さんの願いは、「入管は入管行政を『運用』で実施するが、きちんと『法』で規律すべき。そのためには自民党も含め国会議員を動かしていきたい」ということだ。


 といった木下さんの半生も含め、「世界」では、被収容者のこと、仮放免者のこと、もろもろ書いております。
 よろしければご高覧を。11月8日発売です。

←織田朝日さんの入管問題について訴える「となりの難民」。明日、11月1日発売予定です。


↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします

スポンサーサイト



リニア取材のカンパをお願いいたします
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、2018年後半に取材資金が底をつき、2020年に新たな単行本を出すことを目的に、2019年4月からクラウドファンディングでの取材資金を呼びかけさせていただきました。そして、多くの方からのご支援をいただくことができました。本当にありがとうございました。とはいえ、リニアの取材は来年も5年後も行うわけで、来春以降は、再び取材資金の確保に頭を悩ますことになりそうです。何度もクラウドファンディングは使えません。そこで、少額でもご支援をいただければと、ここにそのお願いをする次第です。額面に関わらず、ご支援に対しては、リニアについての単行本の送付や記事の案内などをさせていただきます。私の銀行口座は「みずほ銀行・虎ノ門支店・普通口座・1502881」です。今後とも応援をしていただければ幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  樫田拝
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。