取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る
40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)


●刺激的な学習会だった…

 ここ10年を振り返っても、じつに刺激的な学習会でした。残土です。
 リニア工事で排出される残土は約5700万立米。それは関係者なら誰もが知っています。
 長野県大鹿村では一日最大1736台の、残土運搬も含めた、工事用車両が走ります。それも知られています。だから生活破壊が起こるのだと。だから、残土問題に関しては、関係者の間では問題が共有されているのだとどこかで思っていました。
 とんでもない。浅かった。

 10月30日、その大鹿村で開催された「ああ、大鹿ダンプ街道」と題した学習会(主催:大鹿リニアを止める実行委員会)は、残土問題はとてつもなく深刻な問題であることを突き付けてくれました。
 講師は佐久間充・女子栄養大学名誉教授と、残土王国の千葉県の市民団体「小櫃(おびつ)川の水を守る会」の佐々木悠二事務局長。
 佐久間さんには「ああダンプ街道」や「山が消えたーー残土・産廃論争」(ともに岩波新書)といった著書があります

その報告内容をここにつぶさに書く時間がありませんが、概要だけを書けばーー

佐久間さんは、佐々木さんと同じく千葉県生まれ。学者として、公共工事で山が崩されることで発生するダンプ街道の問題をつぶさに実地研究してきた人です。持ち時間30分のなかで100数十枚もの写真を投影したのですが、その一枚一枚に私たちは度肝を抜かれました。以下、佐久間さんの説明です。
 佐久間さんは、都市圏での公共事業のために千葉県の山が崩され、その山砂を運ぶことで発生した問題を説明しました。

「ああダンプ街道」佐久間さん

★羽田空港の第3滑走路の建設工事に伴い、木更津では3車線+3車線の道路がすべてダンプで埋まりました。
★私は国定公園の鹿野山が見えるところで生まれ育った。その隣の山は公共工事のために消えた。
ダンプ街道では死人がいっぱい出た。子どももはねられた。

千葉ダンプ街道←神業ですれ違うダンプ。粉塵被害や交通事故は必ず起こる。学習会の写真から。

★未舗装道路においては、ホコリなんてものじゃない粉塵が出た。あたりが真っ白になった。その粉塵の粒の大きさを調べたら「じん肺になる」危険性を有していた。
★粉塵が街道に落ちると、それを後続のダンプが踏んで細かくなり、始末に負えなくなる。
アルミサッシをしていても無駄。粉塵は家の中の押し入れも砂だらけにする。
そこに住む人も臭くなる。ある人は、知人に会うと「お前来るとくせえ!」と言われた。

  以下は、佐々木さんの説明です。
 千葉県は、環境問題をかじったことのある人なら「残土王国」であることはよく知られるところです。県内からだけではなく、他県からの残土を受け入れ、あちこちの山や平地に残土の山ができています。特に深刻なのが、山砂を取って平になった場所に残土を積むケースです。

小櫃川を守る会佐々木さん

★1990年頃、残土が里山(私有地)に積まれると、近くの集落の簡易水道の水が黒くなった。だが、残土との因果関係を証明できず、自治体(君津市)は6000万円をかけて水道を引いた。
★2000年頃、残土が里山(私有地)に積まれると、集落の井戸が枯れた
★小糸の町(のちに合併して君津市)では、住民運動で、山砂・残土業者と協定書を結んだが、残土の検査をするのは残土業者が指名した業者。まったく信用できない。
★大量の残土を運ぶのに利用されるのは25トントラック、自重と合わせると35トンにもなり、道路はすぐに傷む。
★ダンプが走る側の歩道は粉塵や残土が積もって路面が見えなくなる

千葉残土←千葉県で山砂採取の跡地に積まれた残土。(学習会の写真より)

 そして、参加者に勉強しなければと思い知らされたのは以下の事実です。

★そのままの状態で掘り出される土は「残土」だが、シールド工法などで、水や石灰、薬品などでドロドロになって出てくるものは残土ではなく「産廃」であるということ。

 佐々木さんは質問コーナーのときも、「薬品でドロドロになったらもう産廃です。みなさん、どうぞ勉強してください。専門家を呼んで勉強会をしてください」と強調していました。

リニア残土発生量←JR東海の環境影響評価書で示されている残土と汚泥の発生量。この残土が本当に残土だけなのかを調査する必要もある。

確かに、「産廃」であるならば、廃掃法(廃棄物清掃法)に則って処理をしなければなりません。しかし、残土はそれを縛る法律が存在せず、縛れるのは自治体の条例だけです。だから、条例のないところは目をつけられやすくなる。

●住民がまとまれば勝てる!

さて、この学習会が刺激的だったのは、「残土の被害の深刻さ」に加え、「住民がまとまれば対処できる!」ということでした。
たとえば、「小櫃(おびつ)川の水を守る会」は以下の行動をとっています。

★残土の検査が、残土業者寄りの業者である以上、まったく信頼できない。だから、住民自ら残土検体を採取し、研究所にもちこんだ。30万円かかるが、やった。
★残土から染み出る(汚染)水も自主検査した。
★住民は、首都圏から木更津港に運ばれてきた残土を積むダンプの「台数」「積荷」「過積載」「シート掛けの有無」「社名表示」をすべて監視し、記録に残した。
★上記、2000年頃の井戸水枯渇事件のあと、自治会などが堂本暁子県自知事に「県で残土条例を」と要求したが、知事は逆に「市条例を制定しては」と逆提案。これを受け、住民は、君津市に残土条例制定の嘆願書名5000筆を集め、市議会は全会一致で採択。そして条例は、10年かかったが、制定される。
★2010年には木更津市でも残土条例制定される。そして、君津市も木更津市もそれ以降、残土埋め立てがない!

●大鹿村民の感想
 この学習会は外部の私ですら「すげえ」と思ったほどですから、学習会に参加した大鹿村民はなおさらです。私は、以下の発言を少なくとも4人から聞きました。

「正直、学習会にはあまり期待していなかったんだけど、すごかった。やる気が出た」

 学習会のなかで、佐々木さんはこんなことを強調しました。

「私が住民なら、地区ごとに連絡を取り、共通の協定書を作り、これを守らないと着工させないと事業者に約束させます。みなさんでまとまれば、できます! 長野県には残土条例がありません。ということは、この大鹿村で村の残土条例を作ればいいのです」

 もっとも、大鹿村の自治会のなかでは、非常口が4か所も掘られる釜沢地区ではそれなりの問題意識は共有されていますが、自治会間での連携ができているかといえば、できていません。今後の課題です。
 とはいえ、この学習会で参加者が元気になったのは事実です。
 その釜沢の谷口昇自治会長も学習会に参加していましたが、「薬品を使って掘り出したものが産廃であるのなら、残土でない以上は、JR東海が計画している残土置き場には置けないことになる(釜沢では仮残土置き場が設置される予定)。そして、僕たちがやろうと思えば、残土が汚染されているかどうかも自主検査することができるし、住民がやれることはまだまだあることがわかり、取り組みへの気力がわいてきた」と語ってくれました。

 ある女性参加者も「やる気が出た。なんとか条例つくりにもっていきたい」

 私にしても、残土の問題は深刻であると頭では理解していても、これまで、実際に残土の被害に遭った方々への取材をどこかで忘れていたのか、タッチしていませんでした。
 遅ればせながらも、そういう取材を始めると同時に、リニア計画沿線で共通の問題となる残土問題に対しては、各地で佐久間さんや佐々木さんを講師に呼んで勉強会を始めるとか、実際に千葉県の残土問題に悩む方々を訪問するなどの取り組みを市民団体に呼び掛けてみたいです。
 特に、神奈川県では、川崎市の都市部で掘られる非常口建設工事で排出される残土はJR貨物で川崎港まで運ばれるところまではわかっていますが、そこから船でどこに運ばれるのかは「秘密事項」になっていて、JR東海も川崎市も明らかにしていません。

 このことを佐々木さんに話すと「そんなの、千葉に来るに決まっていますよ!」。

 佐々木さんの「勉強を」というのは本当のことで、残土に対してはただ「搬出反対」を叫ぶのではなく、「河川法26条・27条の工作物規制、盛り土規制、森林法10条土砂流出規制、環境保全規制」なども駆使すれば、残土埋め立てのハードルは相当に高くなるとのこと。

 また残土に関わらず、水枯れの被害者を講師に招いたりすることも考えていきたいところです。

 ←「ああダンプ街道」と「山が消えたーー残土・産廃戦争」。いずれも佐久間充さんの著書。

↓ ブログランキングへの応援クリックを2つお願いいたします。



blogram投票ボタン

↓ 拍手もお願いいたします
スポンサーサイト
リニア取材のカンパのお願い
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、数十組もいる会うべき人たち・組織の多くに会えないでいます。また、リニアに関する記事を書こうにも、ほとんどの雑誌はJR東海が広告主であるため、記事を掲載できず、取材するほどに資金力が落ちる状態が続いています。今後は、再び単行本の発行を目指しますが、私のリニア中央新幹線に関する取材へのご寄付をお願いできないでしょうか?  カンパをしてくださった方には ★ブログに記事を掲載する際のお知らせ。 ★雑誌に記事を載せる場合の、掲載誌送付。 ★単行本を出した際の、一冊謹呈。  など、せめてもの特典を用意いたします。  なお、いただいたカンパは以下の用途に限定します。 ★取材地までの往復交通費。 ★取材地での宿泊費。 ★リニア中央新幹線に係る資料代。  食費は自己負担としますが、使用明細は公開します。  ご協力いただける方は以下の口座への入金をお願いいたします。  みずほ銀行・虎ノ門支店・普通・1502881 カシダヒデキ  ご入金に際し、ご住所や連絡先などを教えていただけたら助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。