FC2ブログ
取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る
40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)




●間違いなく本人なのに「他人」だとして2年以上も収容。l下手すれば「終身」収容…?
 
 今、入管の「東日本入国管理センター」に収容されているスリランカ人のダヌカさんは、スリランカ大使館も「間違いなく本人」と証明しているのに、日本政府は一貫して「他人だ」として、つまり、他人のパスポートで入国したとして、もう2年以上も収容を続けている。入管がダヌカさんを強制送還しようにも、入管が言うところの「他人」名義のパスポートをスリランカ大使館から発行してもらうしかないが、大使館が偽パスポートを出すはずがない。つまり、このままではダヌカさんは「無期」どころか「終身」収容の可能性すらある。そして今、ダヌカさんは、体調を極めて崩し、かつて70キロあった体重が50キロ台に落ち、不眠のため目の下が隈で真っ黒になり、謎の皮膚疾患にも襲われている。今、食べては吐くを繰り返している。危険だ。体と心が壊れる寸前だ。仮放免というよりも、外の病院でゆっくりと治療を受けさせねば。
 下記は、ダヌカさんの支援者のツイッター




となりの難民
←入管問題に長年関わっている織田朝日さんの著書。足元の難民問題を平易な形で著した日本初の本。

月刊「世界」12月号
← 月刊「世界」12月号。ここに私の書いた入管問題のルポ。そして、仮放免者3組による座談会をまとめた記録を掲載しました。他の著者の原稿も熱いです。保存版の一冊だと断言しておきます。


↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします
スポンサーサイト







●大便を自分の体と顔に塗り付ける

 昨夜、とてもショッキングな連絡が入った。その概略(私の所見も織り交ぜた)を紹介する。

 10月30日。市民団体「牛久入管収容所問題を考える会」(以下、牛久の会)が、在留資格のない外国人の収容所「東日本入国管理センター」に収容されている外国人のAさんと面会。
 その面会が終わり、Aさんが部屋に戻って見たものは、同室の居住者であるBさんが、部屋中のあらゆるもの、壁や窓ガラス、床、置いてあった全ての荷物に、彼の大便を塗りたくっていたことだった。
 Bさんは、自分の体にも顔にも大便を塗りたくっていた。
 Aさんらは、私物(辞書、服、コップ、歯ブラシ、70数枚のCDもCDプレーヤー等々)を全て廃棄した。
 11月6日、の面会で、Aさんは「無事だったのは30日に面会したとき着ていた洋服と手帳だけだった」と語った。

 牛久の会では、10月23日に、そしてそれ以前にも何回もBさんに面会している。
 AさんとBさんの国籍は同じ。仲がいい。

 このブログで何度か書いてきたように、牛久では5月から集団ハンストが始まり、10キロ以上痩せた被入所者には入管は仮放免(一時的に収容を解く)を許可したが、なぜか2週間だけの解放で再収容することの繰り返し。AさんとBさんもその一人だ。
 実質「無期」である長期収容は被収容者の心身を壊す。さらに、2年も3年も待ってやっと外に出られたと思ったら、たった2週間で再び絶望の場所に戻されると一切の光が消える感覚に見舞われる。
 そしてBさんは人格破たんし異常行動に及んだ。

●人格破壊者が増えている…
 牛久の会によると、今、排泄コントロールが出来なくなった被収容者は、7月から11月の間だけでも5人はいるという。そのうち一人の青年は約1ヶ月、外部の精神病院に入院できたが、結局は、11月7日、退院と同時に、病巣である牛久入管に戻されてしまった。
 牛久の会は「少なくとも2018年以前の仮放免の運用基準に戻し、早期の仮放免を行うべき」と訴えているが、確かにこのままでは、牛久入管は、数多くの人格破たん者を生み出すための機関になり下がる。現在の日本で、公の機関が、人権侵害を行っていることを多くの人に知ってほしい。

●職員も苦しんでいる。
 そして、もう一つ思いを馳せるべきは、こういった人格破壊に携わる職員の多くも苦しんでいるであろうことだ(なかには評判悪いやつもいるけど)。幹部職員は決して大便の後始末などやらない。それをやるのは現場の職員だ。職員の救済のためにも、入管行政を変えなければならない。

となりの難民
←入管問題に長年関わっている織田朝日さんの著書。足元の難民問題を平易な形で著した日本初の本。

← 月刊「世界」12月号。ここに私の書いた入管問題のルポ。そして、仮放免者3組による座談会をまとめた記録を掲載しました。他の著者の原稿も熱いです。保存版の一冊だと断言しておきます。


↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします


●アルタ前で叫ぶ
 11月2日18時。
 東京の新宿駅のアルタ前広場に、3人の仮放免者が立ち、思いの竹をアピールした。

DSC09987_size.jpg←マイクを持つのはFREEUSHIKUの高橋若木さん。そして、写真左からデニズさん、ベヘザドさん、エリザベスさん。

 うち2人は、10月25日に仮放免され、もしかしたら、いや高い確率でわずか2週間後の11月7日は再(々)収容されるであろう、イラン人のベヘザドさんとクルド人のデニズさん。
 集会を主催したのは市民団体「FREEUSHIKU」だが、このアピール行動を「やりたい」と訴えたのはベヘザドさんだった。2週間しか自由の時間がない中で、一般市民に長期収容の問題を訴えたいと。その想いにFREEUSHIKUが応えたのだ。

●長期収容は人を壊す
 最初に訴えたのは、「仮放免者の会」リーダーのエリザベスさん(ナイジェリア人)。出身地、ナイジェリアのビアフラ地方は1960年代にナイジェリアからの独立運動を巡り、政府軍が徹底弾圧に乗り出し、これまで100数十万人が命を落としている。また、ナイジェリアは地域によっては女性器切除の習慣が残っていて、エリザベスさんはそういった治安状況と社会状況の二つの理由から国を出た。
DSC09854_size.jpg

 日本に来てからもう28年になる。
 エリザベスさんが訴えたのは、仮放免者は『働けない』こと、「移動の自由がない』こと。そして入管施設の被収容者は、骨折をしても医療を受けられずに放置されている、外国人に冷たい現状だ。
 何度も「助けて!」と訴えるように叫んでいた。

●2人目に登場したデニズさん
 デニズさんは、3年2カ月も収容され、愛する日本人妻もいるのに、アピールのなかでは「長期収容されていると、だんだん愛する気持ちよりも絶望のほうが大きくなり、私は今まで5回の自殺未遂をした」と訴えた。
 デニズさんは牛久入管(茨城県牛久市)で5月から始まった集団ハンストに6月から参加し、8月に仮放免されたが、たった2週間で再収容されてしまった。
 その再収容初日から再びハンストを開始して、1カ月たって体重が10キロ以上も減ったところで、再び仮放免を約束された。
 そして10月25日に仮放免されたが、またしても、その期間は2週間のみ。

DSC09892_size.jpg

 デニズさんは11月7日に東京入管(東京都港区)に出頭する。そこで仮放免の更新が不許可であれば、即日で再々収容されてしまう。 本人はまたハンストすると言っているが、こんな我慢比べはいつまでもやっていい話ではない。

 これは絶望を植えるためだけの行政処分だ…。

荒木さんの質問.mp4アピールのダイジェスト版の動画。やや日本語の補足が必要な説明もあるので、freeushikuのメンバーが仮放免の3人とQ&Aしたことで、全体状況が把握できるようになっている。最後のベヘザドさんの訴えは心にしみた。

●「どこでも命は同じです」
 最後にアピールに立ったベヘザドさんは、じつに3年10カ月も収容されていた。デニズさんと同じ日に仮放免されたが、やはり許可された期間は2週間だけ。
 だが、この2週間をただ座して待つだけではなく、ベヘザドさんは入管の長期収容問題について訴えたいと思った。その相談を受けたFREEUSHIKUが大急ぎで準備をしての今回の行動につながった。

 この日のアピールで、多くの人の心にしみたのはベヘザドさんのメッセージだった。
 彼はただ単に、自分が苦しいと訴えたのではなく、世界のどこでも失われる命の重さは同じだと訴えたのだ。
「私の出身の中東では爆撃や鉄砲で亡くなる人が多い。そして、今の時代、この日本でも、入管の収容所では自殺で命をなくすひともいる。これらの命に違いなどありません。私たちの命と自由を守ってください」
 
DSC09901_size.jpg


 もし今の長期、いや無期収容が続くのであれば、今年、そして来年にかけて必ず誰かが自殺をする。自殺未遂をする。

 そういう状況下に外国人が置かれていても、一部メディアの編集者などは「でも彼らは不法滞在だろ。自業自得だよ」としたり顔で理解しようとしない。
 私のやるべきことは、これら理解をしない人たちに理解をさせることだ。

DSC09766_size.jpg DSC09757_size.jpg DSC09747_size.jpg DSC09815_size.jpg DSC09797_size.jpg

●トルコ料理店へ
 アピール活動のあと、新宿駅近くのトルコ料理店に、ベヘザドさん、デニズさん、そしてFREEUSHIKUのメンバーらとともに食事に行った。だが、長期間でのハンストの影響、そして仮放免されても不安ばかりの毎日に、ベヘザドさんとデニズさんの食は思った以上に進まなかった。
 それでも、途中でベリーダンスのダンサーが登場した時には、その歌に合わせてデニズさんが口ずさみ、ダンサーに合わせて踊っていた小さな子どもに微笑みかけていたのが、なんともほほえましかった。これは普通の日常生活の一こまだ。
 だが、もしかしたら、数日後にはまたあの絶望の場所に戻る…。

●誰もあきらめない

 そういうわけで、ベヘザドさんも仮放免中の今も体重がそれほど増えていない。こういう体調で再収容されてもハンストを続けるのだろうか? この問いにベヘザドさんは「体調次第です」と答えるだけだった。
 だが、今回再認識したのは、FREEUSHIKU という10代の学生さんも含め、20代、30代、40代と若い世代の市民が時間があれば牛久入管で面会活動を続けていることで、被収容者の気力を保ってきたことだ。
 たとえ、デニズさんとベヘザドさんが今回再収容されてしまkとしても、FREEUSHIKUは、普通の仮放免に向けて、決してあきらめない。

 私は神奈川県の自宅に帰るため、店を皆よりも少し早く出たが、出口でベヘザドさんが見送ってくれた。
 3年10カ月ぶりに戻ってきた自由が、もしかしたら、わずか2週間で消えるかもしれない。
 
 だが、たとえ、彼が再収容されても、私たちにできることは、断続的に面会をして、メディアに属する私も断続的に報道をして、諦めることなくつきあうしかない。
 諦めない。小さいな力だが、世論に訴え、「下手な動きをすれば世論が動く」とまで入管に意識させるくらいにこの問題の発信を続けて、長期収容に歯止めをかけたい。
 犯罪者でもない人間を無期限に閉じ込める政策はあっていいはずがない。

となりの難民
←長年、被収容者への面会活動や仮放免者との電話相談などをしてきた織田朝日さんの新著。

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします



●岩波書店の月刊「世界」に記事掲載予告
 11月8日。岩波書店の月刊「世界」に入管問題について私が書いたルポ(約1万字)と、仮放免者3組による座談会をまとめた原稿(約1万字)を掲載予定です。
 そのルポのなかでは、今年3月まで入管職員だった木下洋一さんについても書いていますが、ここでは、それを簡潔にしたものを「世界」の宣伝として紹介します。

●入管を辞めた
 2019年3月末、木下さん(52)は18年間勤務した入管を辞めた。その常軌を逸した行政処分にこれ以上携われないと思ったからだ。元々は「適職だ」と思った入管だったが、気づいたら冷たい組織へと変わっていた。

木下洋一さん その1


1 適職だった
 木下さんは2001年、入管に入職。「実態調査部」では、在留外国人が偽装結婚や偽装就労をしていないかを、登録家屋や社屋に赴き確認し、2003年には羽田空港での上陸審査に異動し、観光客を装い日本で働こうとする外国人の入国を拒否してきた。同僚の中でも厳しくやる方で「使命感を覚えていた」。

2 違和感 子どもへの強制送還
 だが2006年、横浜審判部門に異動してから「価値観が変わった」。直接のきっかけは、不法滞在一家を強制送還させた時、そこに息子と同い年くらいの10歳の少年がいたこと。少年は、日本で生まれ育ち、父の本国も知らず、日本語しか話さない。子ども巻き込むような処分が必要なのかと疑問を抱いた。

3 仕事への疑問 入籍期間の長い外国人を収容
2009年に他部署に異動したが、2016年、統括審査官として横浜審判部門に戻ると、決定的な違和感を覚える。
たとえば、以前は、偽装結婚でない限り、日本人と結婚した外国人には、婚姻期間の長短に関わらずに在留資格を付与したのに、戻ってくると、婚姻期間が長くても、子どもがいても、「付与しない」体質へと変貌していたからだ。
実際、木下さん自身もその仕事をした。ある日、上の決定通りに、ある外国人夫に「在留特別許可は出ない。退去強制令書(送還命令)を出します」と告げた。次の瞬間にその夫は収容された。
 日本人妻は「間違っています! 子どもが大学に入ったばかりで、夫が送還されたら生きていけません! 私たちの結婚を引き裂くのはあんまりです!」と訴えた。

木下洋一さんの論文←木下さんの修士論文

 表面は平静を装いながらも、木下さんもそう思った。そして、自身が覚えた「この制度は間違っているか?」の疑問を検証するため、在職しながら大学院修士課程に入学して法学を学ぶ。その結果、「広範な裁量権をもつ入管は,その裁量権をコントロールできない。また,すべての手続きを入管だけで行い,裁判所や第三者機関が一切関与しないため,チェック機能も存在しない。入管行政がブラックボックス化するのは必然」と確信し、入管制度を改めるべく、今年3月末に入管を退職し、「入管問題救援センター」を立ち上げた。一般市民向けにセミナーなどを開催予定で、11月19日と26日、セミナーが開催される。詳しくは、このサイトを参照のこと。

4 入管職員も苦しい。国を動かす
 一方、木下さんは入管の存在は否定しない。実際に不法就労や違法行為目的の外国人がいる以上、必要な組織だからだ。
しかし今の体制では「被収容者も苦しむし、その仕事に携わる職員も苦しい。誰にも何のメリットもない。このままでは信頼を失う」。
 木下さんの願いは、「入管は入管行政を『運用』で実施するが、きちんと『法』で規律すべき。そのためには自民党も含め国会議員を動かしていきたい」ということだ。


 といった木下さんの半生も含め、「世界」では、被収容者のこと、仮放免者のこと、もろもろ書いております。
 よろしければご高覧を。11月8日発売です。

←織田朝日さんの入管問題について訴える「となりの難民」。明日、11月1日発売予定です。


↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします


 昨日、スマホに留守番電話を確認。メッセージの主は入管収容所「東日本入国管理センター」(茨城県牛久市)の被収容者から。
「私は牛久入管のシャーラムです。お願いします。取材に来てください」
 私が牛久入管に行けるのはせいぜい月に1度か2度。そして、私の場合は取材申請をして面接に入るので、その許可に時間がとられるため、1日にせいぜい4人にしか会えない。それでも1年で15回としても延べ60人には会っていることになる。
 イラン人のシャーラムさんは牛久入管で5月から始まった「生きてここを出るか、死ぬか」の死を賭した本気のハンストを最初に始めた人。
 7月に仮放免されたが、その期間はわずかに2週間。それでもそれが更新されるのならまだいいが、2週間後、更新は不許可となり、その日のうちに牛久入管に戻された。
 この事実は、牛久入管の被収容者をビビらせるどころか逆に怒らせ、新たなハンスト者も生み出した。
 で、シャーラムさんは再びハンストに入った。
 すると、入管はシャーラムさんに再び仮放免を約束した。
 だが、8月下旬、私がシャーラムさんに面会した時、シャーラムさんはこう言った。
「2度目の仮放免は2週間前に約束はされました。でも、未だに、それがいつで、今度はどれくらいの期間の仮放免か全然教えてくれないんです。仮放免を約束された時、入管は『ハンスト中止』を条件にして、私もそれに従いましたが、もう少し待って、仮放免の時期と期間が伝えられなければウソの可能性もあるので、3度目のハンストをやります」

 果たして、その数日後、シャーラムさんは3度目のハンストに入った。
 あれから1カ月弱立つ。そして昨日の電話。気になる。行かなければ。
 でも、今、他の用事で行くことができない。最短で来週の火曜日か木曜日か。
 
 それにしても、入管問題を取材して、まだ1年ちょっとの私がなんでこんなに頼られるんだ。今、月に数回は、収容所内で私の電話番号が共有され、私のスマホに被収容者から電話が入る。誰かほかに取材しないのか。と周りを見たら、確かにこの問題を継続取材しているジャーナリストは本当に少ない。
 また23日には入管関連の問題について、短い時間ながら講演もしなければならない。初めは固辞しようと思ったが、ジャーナリストの少なさを考えると私のような者でも引き受けざるを得ない。
 リニアのことだけでも、未処理の資料が高さ数十センチに積まれていて追いつかないのに、入管問題も中途半端にできなくなってしまった。ただここで逃げちゃいけない。悩む前にやるしかない。

 ただ、望むらくはこの問題をやりたいライターはいないかということだ。
 本気でやるならアシストする。

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします
リニア取材のカンパをお願いいたします
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、2018年後半に取材資金が底をつき、2020年に新たな単行本を出すことを目的に、2019年4月からクラウドファンディングでの取材資金を呼びかけさせていただきました。そして、多くの方からのご支援をいただくことができました。本当にありがとうございました。とはいえ、リニアの取材は来年も5年後も行うわけで、来春以降は、再び取材資金の確保に頭を悩ますことになりそうです。何度もクラウドファンディングは使えません。そこで、少額でもご支援をいただければと、ここにそのお願いをする次第です。額面に関わらず、ご支援に対しては、リニアについての単行本の送付や記事の案内などをさせていただきます。私の銀行口座は「みずほ銀行・虎ノ門支店・普通口座・1502881」です。今後とも応援をしていただければ幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  樫田拝
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。