FC2ブログ
取材しても、記事にできる情報は1割未満。しかし捨てた9割にも、伝えられるべきものがあります。ボツになった企画も数知れず。そんなネタを紹介します。なお、本ブログの文章と写真の無断転載はお断りします。ご利用希望者合はご一報下さい。
プロフィール

樫田秀樹

Author:樫田秀樹
フリージャーナリストです。今まで書いた記事を整理したHP「樫田秀樹の記録部屋」と併せておつきあいください。なお、本ブログの文章と写真の無断利用はお断りいたします。使用されたい方はご一報ください。

ブンブンエコライト
ブンブン回すだけで充電できる懐中電灯。たった97グラム!
電気不要・8年間カートリッジ交換不要の浄水器
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
全記事表示リンク
この記事にリンクを貼る
40種類の柄、15種類のカラーから自分好みに選べる、オリジナル フルジップパーカ
バケツ洗濯機KJ-950
これは便利!雑巾や軍手、スニーカーなどがきれいに!
携帯用洗面器
旅行に便利。空気で膨らむ洗面器。
ランドリーポッド
電気不要の洗濯機。災害時の備えに。
電球型ポケットライト
財布や名刺入れにも入る薄型ライト。厚さ3ミリ
LEDダイナモランタン
手回し充電もソーラー充電もOK。部屋のインテリアにも。
LEDキャンドル
LEDだけど炎がゆらぐ。癒される。息の吹きかけでオン・オフができる。
折り畳みヘルメット
サイズ調整可の折り畳み防災ヘルメット
タタメットズキン
サイズ調整できる折り畳み防災ヘルメット+ずきん。落下物にも炎にも強い!
パッカブルブーツ
折り畳める長靴。色も選べます
アンチボトル
折り畳めるウォーターバッグ。500mlなので、何度でも使えるペットボトルとして重宝する。色は7色。
浄水機能ペットボトル
カーボン製フィルターが水道水をおいしい水に変える。385ml。色は3色。
あつあつ加熱パック
火を使わずに食材を98℃まで加熱。災害時には暖かいものを食べたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつあつ加熱パック 発熱材3個 3袋セット【RCP】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/8時点)


スイス人の「ブルーノ・マンサー Bruno Manser」(1954年生まれ)は「ボルネオのターザン」として知られている。
 マレーシア・ボルネオ島サラワク州の熱帯林のなかで、先住民族のなかでももっとも森に依存して生きている「移動プナン人」(定住せずに森を生きる移動狩猟民)とともに何年間も暮らした男だ。サラワク州では知らぬ者はいない。
 自然豊かな生活を経験したいと、ブルーノは1984年、移動プナン人に会うためにサラワクの森を数週間もさまよいついに彼らに遭遇する。以来、1990年まで彼らと生活を共にするのだが、この6年間で移動プナン人の生活は激変した。
 主に、日本向けの丸太を生産するために過剰な商業伐採が始まったからだ。これにより、イノシシやシカは激減し、川は汚れ、野生の果物や薬草になる植物が失われた。
 ブルーノは、プナン人との生活に心からの幸せを感じていたが、この商業伐採で被ったプナン人の苦境を外の世界に訴えられる唯一の外国人として、彼らの訴えを記録し、外の世界に向かってメッセージを発信し、ときには現地警察に逮捕されながらも脱走して闘いを辞めず、ついには1990年にマレーシアを密出国してスイスに戻る。そして、熱帯林保護の活動を開始する。これが今の「ブルーノ・マンサー財団」の始まりだ。

 ちなみに、サラワクの木材は、主に工事現場でのコンクリートを流し込む型枠の使用が多く、2、3回使われたら産廃となる。家庭での家具やカラーボックスにも使われる。
 そして、新国立競技場の建設にも大量に使われている。 https://hbol.jp/204678/2

 だがブルーノはスイスに戻ってからも、幾度とサラワクに密入州してはプナン人と接触していた。
 だが、2000年、ブルーノはサラワクに密入州したが、スイスに戻ってこなかった。森のなかで死んだのか、殺されたのかも判らない。遺体も見つかっていない。未だに行方不明であるが、亡くなったことだけは間違いないようだ。

 そのブルーノの生涯を描く映画「熱帯雨林の声 la voix de la foret tropicale」が2019年11月にスイスで公開されると、3週間で10万人の観客動員数を記録。


Bruno Manser - La voix de la forêt tropicale from AscotElite on Vimeo.



 これが日本でも公開されるのかは判らないが、日本の木材消費が招いたサラワクの苦境。個人的には公開してほしい。
 
 というのは、私自身も1989年にサラワクを訪れ、森の中の先住民族(主にカヤン人)の村に住み込むことで彼らの苦境を見ているからだ。訪問はこれまでに30回を数え、滞在期間は延べ2年ほどになる。

 先住民族は、伐採やプランテーション開発(伐採より始末が悪い)と対峙しているが、それに加え、私が森の先住民族と関わるのは、どういう状況であれ、彼らが家族や村を大切にし、その日その日を満足して生きているからだ。森のなかでは、変化に乏しい平凡な毎日しかない。だが、日本にいれば、本がもっと売れないかな、もっと自分のことが知られないかなといった欲を覚えながら生きているのに、サラワクに住んでいるとそんな欲は一切なくなり、平凡だけど「オレ、もう今死んでも悔いはない」と思うほどの充足感に包まれることがしばしばある。

 ブルーノは1993年12月に来日して、丸太を大量に輸入する総合商社の丸紅前でハンストを実行し、丸太輸入の停止を訴えた。
 そのとき、私はブルーノに会ったが、彼が語ったのはやはり、プナン人と過ごしていた平凡だけど、豊かな自然と優しい人々にに包まれて生きる充足感溢れる日々のことだった。彼はずっとプナン人と生活をしたかった。だが、それが許されなかったのは、自分が動かねば国際社会に訴えられないからとの使命感だった。そして迎えた謎の死。

 少なくとも私には必見の映画である。日本に来ればだけど。

←ブルーノ・マンサーの著書の和訳本。彼がどうやってジャングルのなかで先住民族と共に生きてきたのかが記されている。

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします
スポンサーサイト



2020/02/19 16:48 熱帯林 TB(0) コメント(0)


●新ルートを止めたい!
 1月18日。東京都品川区。定員70人の部屋は倍以上の約150人で埋め尽くされ熱気に満ちていた。なんとしても羽田空港の飛行新ルートを撤回する。そんな熱気を帯びていた。

品川区スタート集会 会場は立ち見も

 来る3月29日から、いよいよ羽田空港への離発着便の都心での低空飛行が始まる。そうなると、東京都民(23区の半分以上)の、尾翼が見えるほどの低空を、約1分20秒ごとに1便が低空飛行することになる。
問題は二つ。

1 「騒音」
2 「落下物」


 1「騒音」については、図を見ればわかる通り、新宿区以南が70~80デシベル(db)という騒音になる。70dbとは、1m以内の距離でも大声で話さなければならないほどの騒音レベルで、80dbともなるとパチンコ店内のレベルと言われている。(上の図が23区。下の図が品川区)

新ルート離発着ルート図  新ルート離発着ルート図品川区

 2「落下物」については、飛行機は毎年のように、部品やパネル、はたまた上空で機体に付着した氷を落下させている。
 国交省によると、2017年11月から2019年10月までの2年間で、国内の主要7空港に離発着する航空機から1180個の部品が欠落(落下)している。
 大きな事故としては、2018年9月には、大阪市でKLMオランダ航空の胴体パネルが落下し、車を直撃した。これが人口密集地帯である都心ではより頻繁に起きるのではないのか。
 計画ルート直下では新ルートに反対する市民団体が10以上も発足し、署名、国交省と交渉、デモ、集会、区議会への陳情などやれることはすべてやったが、国交省は多くの住民の反対を知りながらも、2019年8月8日、「住民の理解を得た」として2020年3月29日からの都心の低空飛行を発表した。
 ここに至り、品川区民の有志が結成した市民団体「品川区民投票を成功させる会」(以下、「成功させる会」)は「住民投票」で区民の意思を区に提示したいと考えた。だが、品川区には「区民投票条例」がない。そこでまず目指すは「区民投票の条例制定を求める」運動。1月18日がそのスタート集会だった。

●区民投票への道のり

 集会では、住民投票に詳しいシンクタンク「国民投票広報機構」の南部義典代表が講演に立ち、地方自治が守らねばならないポイントを2つ紹介した。

品川区スタート集会 講師の難波さん

1.国から負担や不利益を教えつけられないこと。
2.地域のことは地域で決めること。


 この真逆になったのが、たとえば、原発や米軍基地であり、これら施設が固定化されると、被害はその地域だけに限られてしまうと強調した。そして難波さんは、住民投票を、具体的にどういう順番で行うかを説明した。大雑把には以下の流れだ。

①請求代表者(署名の責任者)を決めて、地域の選挙管理委員会に届ける。
②署名を始める。期間は1カ月間。有権者の50分の1(6721人。2019年12月2日時点)以上を集める必要がある。
③署名を選管に提出して、有効と認められれば、請求代表者は区長に直接請求する。
④20日以内に区長は区議会を招集する
⑤区議会が「羽田新飛行ルートの是非を問う区民投票条例」案を可決する。
⑥区民投票条例を施行し、区民投票を実施する。

 ここで区民がもっとも気になるのが、⑤だ。果たして区議会が条例案を可決するのか。というのは、現在、品川区議会には40人の議員がいるが、条例案に賛成するとみられるのは15人に留まっているからだ。
 この疑問に「支える会」のメンバーはこう回答した。
「残り25人が絶対反対ということでもない。グレーゾーンの議員もいる。これら議員が気にするのは、署名が多く集まったときに反対すれば、次の選挙で落ちるのでは…ということです。だから、署名はなるべく多く集める必要がある。ギリギリの6721人じゃダメ。3万人は狙いたいです」

 これを成功させるのにキーとなるのが、署名収集協力者である「受任者」だ。
 「成功させる会」には1月18日現在で約200人の受任者がいるが、これを1月末までに500人に増やしたいとしている。受任者になるための説明会が1月24日から順次開催されるが、詳細は「支える会」のHPを参考にしてほしい。

品川区スタート集会 受任者とカンパ募集  品川区受任者募集用紙

 難波さん(前出)は「どのタイミングで署名活動を始めるかも成否を左右するので、タイミングを計るべき」とも強調した。すぐに署名を始めるよりも、3月29日に新ルート運用が始まり、実際の騒音が起きると問題意識が高まるので、その時点から始めることも選択肢のひとつということだ。
 東京23区の半分以上の区では羽田空港新ルートに反対する市民団体がいるが、区民投票に臨むのは現時点では品川区だけ。だが、集会には他の区民も顔を見せていた。今後の運動の広がりを注視したい。

←「パイロットは知っている 羽田増便・都心低空飛行が危険なこれだけの理由」 著者の一人は、元JALパイロットで航空問題評論家として活躍する杉江弘氏。

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします
2020/01/22 01:24 羽田空港 TB(0) コメント(0)


 月刊ZAITEN2月号に「JR東海・葛西敬之名誉会長 国民に禍為すリニアの暴走」との18ページの特集記事が掲載。
2002ZAITEN表紙 2002ZAITEN目次

 この目次を見てもわかるように、相当に気合いの入った特集だ。
 もし私が独自に企画するなら、ここまで気合いの入った記事の組み立てはさすがに躊躇すると思う。逆に言えば、ZAITENの「JR東海問題取材班」というチームだから可能になった特集だが、JR東海がいい悪いではなく、実際に静岡県や各県の住民とがJR東海と対峙しているのは事実なのだから、それを報道しない報道界にあって、ガツンとそれをやり切ったことには敬意を表したい。
 
 ちなみに、私も6ページをいただき、「静岡県VS JR東海」と「山梨県住民がJR東海を訴えた裁判」、そして「リニア工事での事故事例」について寄稿した。
 まだ同誌は発売中なので、私の記事、最初の1ページだけ公開します。

2002ZAITEN記事1ページ

ZAITEN2月号


リニア新幹線が不可能な7つの理由



↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします



●リニア裁判に、2020年3月30日に「中間判決」が出る。
 738人の原告が減らされる? それとも全員が「原告適格なし」と判断されて、中間ではなく「終結判決」として、4年も闘ってきた原告は門前払いをくらう?

191220裁判後集会←裁判後の報告集会。

●リニア裁判とは?
 JR東海が、2027年に品川(東京都)と名古屋を40分で結ぶと計画する「リニア中央新幹線」。
 だが、ルートの86%が地下トンネルということもあり、地下水脈の長区間における破壊、東京ドーム50杯分もの膨大な残土の処分先が未定なこと、約5000件と予想されている土地収用等々、予想される、あるいは進行中の問題は深刻だ。
 リニア計画は2014年10月に国土交通省が事業認可したが、2016年5月、738人の原告がその事業認可取り消しを求めて、国交省を相手取っての行政訴訟を提訴した。

●「中間判決を出します」
 これまで行われた口頭弁論は17回。
 主に、リニアが通る1都6県の住民から「どういう被害が起こっていて、また起こるのか」という意見陳述に時間が費やされたが、2020年頃からは、原告、被告からも証人尋問が行われると予想されている。

 だが、2019年12月20日の第17回口頭弁論において、古田孝夫裁判長は「2020年3月30日に『中間判決』を出す」と明言した。

 中間判決?

 これは、簡単に言えば、738人の原告のうち、原告として的確な人を裁判所が指定する・・ということだ。

191220関島弁護士←関島弁護士

 原告側の関島弁護士は、原告には4つに分類されるという

1 リニアに乗車する人たち。つまり日本国民全員。
2 南アルプスの自然を守りたい人たち(リニアは南アルプスに史上初めてトンネルを掘る)
3 ルート周辺に不動産を有している人たち。収用の可能性がある人たち。
4 ルート周辺でリニアの騒音や日照被害、また、残土運搬車による騒音や振動などの被害を被る人たち。

 関島弁護士は、『1』と『2』は外されるかもしれないという。
 また、裁判後の食事の席で、関島弁護士は「もしかしたら、全部外される可能性もないわけではない」と言った。

●中間判決の悪しき前例。全員が「原告適格なし」で門前払いをくらった祝島の上関原発訴訟。

 前例がある。

 中部電力が計画する上関原発。この建設予定地近くの祝島では全村をあげての反対運動が30年近くも続いているが、2008年の10月と12月に、に111人(要確認)の原告が2つの裁判を起こした。
 だが、この裁判、今年(2019年1月)に「中間判決」が出され、なんと原告全員に「原告適格がない」と判断された。つまり、10年も闘ってきたのに、訴訟は「門前払い」で終わったのだ(その後、控訴する)。ネット記事はこちら。


●古田裁判長は異動前に判断を示したい?
 古田裁判長は、東京地裁に赴任してそろそろ4年。異動の時期である。
 で、この3月30日というのは、まさに、年度末。異動の直前だ。
 彼がこの日を指定したのには、自分の在籍中に、何かしらの形は残すとの判断があったに違いない。

 よく解釈すれば、後任の裁判官に釘を刺すため、原告適格者をきちんと指定して、裁判闘争を続ける。
 悪く解釈すれば、安倍政権の意向もかかっているこのリニア計画を推進するために、全員に「原告適格がない」と判断する。

 どっちだ。

 古田裁判長は、いい判決も出しているし、納得できない判決の両方を出している。ただし、資料は良く読み込む裁判長としての評価は高い。
 おそらく、弁護団も原告団も3月までに何かしらのアクションは起こすはずだ。

リニア新幹線が不可能な7つの理由


↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします


●2019年1月の暴力事件とは
 2019年1月18日。
 入管庁の収容施設の「東日本入国管理センター」(茨城県牛久市)に収容されていたトルコ国籍のクルド人のデニズさんは、夜中、睡眠を得るための精神安定剤を職員に要請した。たが、職員は「大声を出した」として数人がかりでデニズさんを制圧した。床に組み伏せ、腕を後ろ手にしてねじ上げる。喉の痛点を親指で押す。「痛い! 痛い!」と叫んでも手加減をしてくれない。デニズさんは何も暴力的な行為は働いていない。ただ、薬を求め、職員の行為に声を上げただけだ。



●入管の記録では…
 このときのことを入管はこう記録している。

「トルコ人被収容者は、常備薬の服用を求めて大声で叫ぶとともに、居室扉を蹴る行為に及んだことから、同行為の中止を命じた。さらに、処遇室において、同人に対する生活指導を実施しようとしたところ、出室を拒否して大声で叫びつつけ、職員の職務執行を妨害するとともに、激しく抵抗して職員の腹部をけるなどの暴行に及んだことから、第一種手錠を使用して制圧の上、翌■時■分、暴行および職務執行妨害により、7号保護室に緊急隔離した。」

●デニズさんの話では…
 私は牛久入管でデニズさんと月に1度以上は面会しているが、デニズさんから聞いた話はちょっと違う。
 確かに大きな声は出した。それは、寝付けないので精神安定剤をもらうために担当職員を呼ぶための行為だった。ただ誰も来ないので、扉を手でドンドンと叩いた。
 そして制圧が始まった。
 この時、痛いので身をよじったら足が誰かに当たった(これが入管側では「抵抗して蹴った」となっている)。

●「体が震えて一睡もできませんでした」(デニズさんの妻)
 この事件の後、デニズさんはこの行為への不服申し立てをすると、意外にも入管側は暴力行為を認める「理由あり」との回答を出す。ただし、どういう暴力かの詳細は説明がなく、そこで、デニズさんは本件を訴える国家賠償請求裁判を提訴。
 昨日(12月19日)がその第二回目の口頭弁論だったが、この裁判に当たり、これまた意外にも、入管は暴力行為のあった映像を原告の求めに応じ提出した。昨日の裁判後、近くの弁護士会館で担当の大橋毅弁護士が入手したその映像が投影された。
 映像は近日中にDVDで私の元にも届けられるが、一部だけ編集した映像を共同通信が作成して、早速配信している。それが上記映像。

制圧。床に組伏せ、後ろ手にする。 ← 制圧。5,6人で制圧をして、この後、両手を後ろ手にして、ギリギリまで上にねじ上げた。  制圧。職員が喉の痛点を親指で押している←制圧。職員の一人が、喉の痛点を親指で押している。

 これ、本人はどんなに悔しかったことだろう。
 ただ薬を求めて大きな声を出して、ドアを叩いただけで、こんな扱いを受けるのだろうか。
 昨夜、デニズさんの日本人妻Aさんから電話が入った。
「デニズがそういう目に遭ったことは今まで話では聞いていましたが、実際の映像を見たら、体がブルブル震えて一睡もできなくなり、樫田さんにメールしようと思っても、指も震えてキーボードが打てなくて、それで電話しました。ごめんなさい。まさか、あそこまでの扱いを受けていたなんて…」

 21世紀の今、先進国のはずの日本でこんなことが行われている。

●なぜこのデータを提出したのか?
 ところで不思議なのは、入管側が、裁判においては入管に決して有利とならないこの映像を、原告の求めに応じて提出したことだ。良心的に解釈すれば、入管幹部のなかにも、長期収容や、制圧などを快く思っていない人物がいて、それを少しでも是正するためと材料として提出に応じた…のか? ちょっと、差しさわりのない範囲で、その周辺を取材してみたいです。

●不当行為ではあるが、違法行為ではない
 ところで、12月19日の裁判では、被告側の国はこう主張している。
「坊領行為は『不当』行為ではあるが『違法』行為ではない」
 今後、どういう法廷闘争になるかは見続けたい。
 次回口頭弁論は、2020年2月21日11時30分。東京地裁415号法廷で。


となりの難民
←入管問題に長年関わっている織田朝日さんの著書。足元の難民問題を平易な形で著した日本初の本。

月刊「世界」12月号
← 月刊「世界」12月号。ここに私の書いた入管問題のルポ。そして、仮放免者3組による座談会をまとめた記録を掲載しました。他の著者の原稿も熱いです。保存版の一冊だと断言しておきます。

↓ ブログランキングへの応援クリックをお願いいたします。




↓ 拍手もお願いいたします
リニア取材のカンパをお願いいたします
 リニア中央新幹線の取材範囲は、東京都から愛知県までと広範囲で、多大な取材経費を要することから、2018年後半に取材資金が底をつき、2020年に新たな単行本を出すことを目的に、2019年4月からクラウドファンディングでの取材資金を呼びかけさせていただきました。そして、多くの方からのご支援をいただくことができました。本当にありがとうございました。とはいえ、リニアの取材は来年も5年後も行うわけで、来春以降は、再び取材資金の確保に頭を悩ますことになりそうです。何度もクラウドファンディングは使えません。そこで、少額でもご支援をいただければと、ここにそのお願いをする次第です。額面に関わらず、ご支援に対しては、リニアについての単行本の送付や記事の案内などをさせていただきます。私の銀行口座は「みずほ銀行・虎ノ門支店・普通口座・1502881」です。今後とも応援をしていただければ幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  樫田拝
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
必要か、リニア新幹線
リニア中央新幹線の問題点を『環境性』『技術性』『採算性』の3点から理論的、実証的に解説した一冊。リニア計画の入門書。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」
リニア中央新幹線を巡る問題を語らせては、その理論に一部のすきも見せない橋山禮治郎氏の第2弾。このままでは,リニア計画とJR東海という会社は共倒れになることを、感情ではなく、豊富なデータを駆使して予測している。必読の書。
自爆営業
国会で問題にされても一向に改まらない郵便局の自爆営業。年賀状1万枚、かもめーる700枚、ふるさと小包便30個等々のノルマはほぼ達成不可能だから、ほとんどの職員が自腹で買い取る。昇進をちらつかせるパワハラや機能しない労組。いったい何がどうなっているのか?他業種の自腹買取も描いている。
アキモトのパンの缶詰12缶セット
スペースシャトルの宇宙食にもなった。保存期間は3年。しっとりおいしい奇跡の缶詰。24缶セットもある。
共通番号の危険な使われ方
今年10月に全国民に通知され、来年1月から運用が始まるマイナンバーという名の国民背番号制度。その危険性を日本一解かり易く解説した書。著者の一人の白石孝さんは全国での講演と国会議員へのアドバイスと飛び回っている。
マグネシウム文明論
日本にも100%自給できるエネルギー源がある。海に溶けているマグネシウムだ。海水からローテクでマグネシウムを取り出し、リチウムイオン電池の10倍ももつマグネシウム電池を使えば、スマホは一か月もつし、電気自動車も1000キロ走る。公害を起こさないリサイクルシステムも矢部氏は考えている。脱原発派は必見だ。